L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

好きなことがあるのは才能だ!

あなたには好きなことがありますか?

もしひとつでもあれば、どんなものであってもあなたの才能です。

そして、その才能を伸ばすもつぶすも自分しだいですよ。

才能は活かしてこそのものです。埋もれさせるのもったいないですね。
しかし大半の人は才能の芽を育むことなく枯らしてしまっているのが現状です。

どうすればいいかは人それぞれです。
あなたなりの水を、肥料を、そして日の光を探してください。


スポンサーサイト



小説とは整合性のある妄想

タイトルのとおりです。

整合性のある妄想だけが小説たり得るんですよ。
整合性のない妄想はただの妄想に過ぎません!

わかっちゃいいるけど、これができない人が作家志望者の8割以上なんですよね、悲しいけど。
ストーリーとキャラに破綻がなく、それでいて日本語文法が平均以上であること。

たったこれだけのことなんですが、よほど論理的思考や日本語能力に長けているか
あるいは抜群のセンスがなければ、もう読むに堪えないことになってしまうわけです。
もちろん両方あれば、なおよいですけどねw

しかしながら残念なことに、あなたが自分にセンスがあることに望みをかけるのは愚かなことです。
残念ながらセンスのある人は学習効率も高いので言語感覚や日本語能力も高いことが多いんですよね。

まずは日本語能力として基礎文法や表現能力、言語感覚を研ぎ澄ますべく研鑽することをおすすめします。
勉強方法としては、中級レベル以上(国語なら一流大学の入試問題で8割は得点できる国語力)であれば
ひたすら名文とされる古典文学から最新文学まで流し読みするだけで、どんどん実力がついていきます。

それ以前の初級レベルの場合は、ひたすら読むだけでは効率が悪すぎるんですね。
少しは身になるでしょうが、はっきり言うと注目するポイントがズレてしまうことが多いし
先人の知識から正確にニュアンスや機微を感じとることができないでしょう。
さすがに漢字の書き取りまでは要求しませんが、小中高の国語の基礎固めからはじめましょうか。

さて、ここで問題です。サ行変格活用を言ってみよう。

いま「さ、し、す……」と、さらさら暗誦できなかった人は小学生のカリキュラムが理解できてませんよ!
プライドが許さないかもしれませんが、これが現実です。基礎の土台なくして家は建ちません。
でも砂上の楼閣を目指したいならご自由に。

色気の考察

ふと気になったので考えてみました。男女問わず色気って何かと?

で、いろいろと考えてみた結果だけを書いてしまうと、色気のベースとなるものがわかってきました。
それは「心の余裕」とでもいいましょうか。そういうものです。

やっぱり女を漁るようにギラギラしてるのでは色気はないし、
なにかに悩んだりあくせくしたりする人にも色気は感じられないんじゃないでしょうか。

とはいえ、これはあくまでベースであって、それだけで色気が出てくるわけじゃないです。
精神的なものの上に肉体的な魅力が重なったとき色香が漂ってくると思うのです。
こういう状態を「オーラが出てる」とか表現できるのかもしれません。

さてさてこれを小説として文章で色気を感じさせるにはどうすればいいのかが問題なわけですよ。
ベースが精神的なものである以上は、文章で描写することが可能かと思うのですが難しいですね……
あの手この手で行為を比喩して描写する官能小説とはちがいますからねw

でもライトノベルでは、あまり色香のある女性キャラというのはそれほど需要がなくて
あっても「ナイスバディ」「ドエス」とか記号化されているに過ぎないことも多いんですよね。
しかし、それは単にプロであっても作者が描ききれていないだけで
筆力さえあれば、記号化に頼らない魅力的なキャラを創造できるかもしれません。

あなたはどんな人に色気を感じますか?
その色気を文章で描写できますか?

いつの世も戦争が好きな男の子

戦後日本は軍国主義の否定からはいり、反戦運動なども盛んになったのはご存じの通りですが
男の子の世界では、戦後もずっと「戦争」がなくならないんだなと気がついたんですよ。

GHQの言論統制がなくなったとたんに子供向け雑誌やオモチャは戦前と変わらず
戦闘機や戦車、軍艦が人気のオモチャとして人気を博していたんですよね。

戦前と異なるのは、主役が「ゼロ戦」と「戦艦大和」になったことくらいでしょうか。
戦前は零式艦上戦闘機も大和も軍事機密だったので、その存在は民間には知られていませんでしたからね。
ゼロ戦は新聞では「新型戦闘機」と呼ばれていたし、連合艦隊旗艦は戦艦長門だと思われていたのでした。

実際の戦争とは関係なく、やはり男の子は強いものに憧れるのはいつの世でも変わらないんでしょうね。
最近ではさすがにゼロ戦や大和は子供達の主役とは言えなくなってきましたけどね。
その代わりゲームやチューンが可能なミニ四駆など実際に強さを競うタイプの遊びが定着しているようです。

小説や漫画の世界であっても少年向けではやっぱり強い者は人気もあるし、勢いもありますよね。
どう強さを演出していくか、それが人気になるかどうかの違いじゃないでしょうか。

あなたは主人公の強さをどのように演出してアピールしていますか?

児童文学を読んでいます。

子供時代、私はあまり本を読んできませんでした。
なにしろ我が家には雑誌や漫画も含めて、本などというものはほとんど見たことがなかったからです。
両親はふたりとも本を読む習慣がないので、大人の本はそれこそ1冊もありません。
また親に買ってもらった本は絵本を含めて10冊かそこからです。
それもいつの間にか捨てられてしまうので、手元にあるのはいつも数冊でした。
それ以外に本とは保育園や学校、それと本屋に置いてあるものだという認識でしたが
だからといって親さえ読んでいない本を読むことはあまりなかったんですね。

それでもいつしか本が好きなっていったのですが、手にとるのは図鑑とかなぞなぞの本とか
あとは児童雑誌くらいのもので、ちゃんとした児童文学というのはほぼ読んだことがなかったわけです。
物語をちゃんと読んだのは、国語の教科書でしたし、はじめて児童文学を読んだのは
児童館の廃棄図書でもらってきた『ぼくはネンディ』という海外作品でしたね。
それと佐藤さとるのコロボックルシリーズを何冊か読んだ記憶があります。
ほかにも数冊はタイトルくらいは覚えていますが、そんなものです。

こうして中学、高校になると背伸びしたいという思いもありまして
いきなりフロイトの『精神分析入門』だのトルストイの『戦争と平和』、ヘロドトスの『歴史』といった
難解かつ、やたらに長い作品ばかりを読むようになっていって
味わいのある児童文学やジュブナイル作品を飛び越えてしまったのは、人生において損をしたなと思います。

なので、こうして今になって児童文学を手にとる機会を多くして、いろいろと読んでみるわけです。
なかなかジャスト世代の感性で読めないのですが、子供が読んだら
すごくおもしろく思うんだろうなという作品は多いですよね。

さて、あなたは子供のころ、どんな本を読んできましたしたか?
そして、どんな影響を受けたと思いますか?

米海軍がレーザー砲の実践配備へ、SFは近くなりけり

構想では1メガワット級の出力のレーザー艦載砲を目指しているようですが
現段階の実験配備では1/10の規模の1000キロワット級のレーザー砲ながら
厚さ6メートルもの鋼板をわずか1秒で貫通できるということです。

射程距離については1.6キロ先の小型船舶の破壊に成功したということで
今後は航空機やミサイル、テロ目的の小型船などへの対空兵器、自衛兵器としては
ほぼ実用化は問題なさそうなレベルまで達してきたんですね……

子供の頃、アメリカのスターウォーズ計画がソ連崩壊で立ち消えしてしまったことで
まだまだレーザー砲なんて夢だと思ってたんですけどね。
着実に世界はSFと向かってきているということですよ。
まず軍事からというのは皮肉なものですが、ガンダムのビームライフルなんて
技術的に実現させるのもそう長くはないかもしれませんね。

作家としては、なかなか興味深いです。
やっぱり現代の技術を踏まえて、現在の小説を書くにしても、未来の小説を書くにしても
科学技術の進む方向性やスピードを意識しないといけませんからね。

昔のSFを見ると、よく腕時計型のテレビ通信機が登場してましたけど
実際、技術的に可能となった現代において、そのような方向にはいかなかったわけです。
テレビ通信自体がたいして需要がなかったし、通信機=携帯電話は音声通信手段だけではなく
情報端末へと進化していったことで腕時計型では使い勝手がわるくなってしまいました。

こんなわけですから先見の明をもったSF作家というのは今を鋭く観察して
先を予測する実力をもっていないといけないわけです。
まあ、はずれたところで、それはそれでべつに問題ないんですけど
やっぱり、あの人の予言は正しかったと言われたいじゃないですか。

そういうわけで未来を描きたい人は現在のさまざまなニュースによく目を通しておいてくださいね。

趣味も続ければ活きるときがくる!

私の趣味としてアナログゲーム(ボードゲーム、カードゲーム)というのがありまして
このあいだも非電源ゲームサークル「袋小路」の100回記念にも顔を出してきたわけですが
こうして、ただの趣味でも続けていると、何かしらつながりが拡がっていきまして
思いもよらない発展があったりするものなんですね。

ちなみに私はというと、このゲームのことで、とある書籍企画の監修の依頼が舞い込んできました。
本当に意外なところで、お仕事につながるものなんですね。

このブログの読者でも趣味のひとつやふたつはあるでしょう。
それを自分の作品に活かしたり、まったく別の方向で活かしたりすることもできるということを
頭の片隅にでもいれておくと、なにかべつのものが見えてくるかもしれませんよ!

ただし、ひとりでこっそりとやっていては誰にも知られないので
他の人と交流を持つなり、ひとり趣味でもネットなどで発信してゆく必要があります。
本のタイトルではないですが、自分で思うほど注目されはしませんが、意外な人が見ていたりするものです。
苦にならない程度に趣味を発信してゆくとおもしろさも倍増しますよ!

人を感動させるにはイエス・キリスト

小説などストーリーで人を感動させるにはどうすればいいのかと考えてみたとき、
さすが世界中で最も多く読まれている聖書ってすごいなと思うわけです。

聖書といってもユダヤ教の教典である旧約聖書とキリスト教の教典である新約聖書とがありますが
今回の場合は新約聖書のほうです。しかもヨハネの黙示録とかではなく福音書のほうです。
ご存じの通り福音書は4つありまして、使徒であるマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4人の著者が
イエス・キリスト(ナザレの人ヨシュア)についての伝記を書いているわけです。
そういうわけですからストーリー的には、ほとんど同じといっていいわけですね。
なのでまだ未読の人は時間がないなら、どれでもいいので4つのうち1つでも読んでみるといいでしょう。
ヨハネ福音書はちょっと毛色がちがうので、映画原作にも使われたルカ福音書あたりがいいかもしれません。
現代においてはタイトルになっている4人が実際に書いているわけではないという説が有力です。

前置きはこのくらいにしておいて、今回のテーマの核心に迫っていきましょう。
福音書に書かれたイエス・キリストの物語というのは、宗教的な意味を除外すれば
本当によくできた感動物語であり、主要なエッセンスがすべて含まれているといっても過言ではありません。
聖書に書かれたポイントをちゃんと押さえることができれば、多くの人を感動させるのは簡単ですよ。
さすが2000年も人々の心を捕らえてきただけのストーリーではありますね。

ここでは敢えて特に解説はしません。
ブログで、これこれこうなんですよと正解を書いても身につかないですからね。
もしも読んでいないのなら、いちど読んでみてください。
読んでみてわからないのなら、古今の感動作品と比較しながら何度も繰り返して読んでみましょう。
そうすることで、だんだんとわかってくることでしょう。

独特の文章なのでちょっとわかりにくいかもしれませんけど、文章ではなくストーリーだけを見てください。

今年もやります!水鉄砲オフ

今年も夏がやってきましたね!
作家志望とは何ら関係ないわけですが、私がいつも主催しているイベントなので紹介させてもらいますね。
その名も「水鉄砲オフ」と銘うってます。

毎年ハプニング続出で、過去には週刊SPA!の記事になってしまったり……
参加者の1割くらいはガチャピンやスパイダーマンなどコスプレをしていたり
乱入してきた金髪外人美女を水鉄砲で追いかけ回してみたり
女子高生相手に集中砲火して、びしょ濡れにしてみたりなどなど、そんな感じでやってますね。

オトナなのにびしょ濡れになって遊びませんか!
川遊びで童心にかえって真夏の思い出をつくろう!
すでに毎年恒例行事となりました水鉄砲の季節到来です!

例年は30名前後の参加のある人気行事で、今年は8月中に2回やる予定でいます。
1回目は水遊びメイン、2回目はサバイバルゲーム風をやろうと考えてます。

今回はどちらかというと水鉄砲もある川遊びイベントとなっていますので
水鉄砲と関係なく川で泳いだり、水をばしゃばしゃしたい人も大歓迎!
きれいな川の流れる河原でピクニック気分でお弁当を食べて
水鉄砲を片手にみんなで水を撃ちまくってびしょびしょになろう!

※幹事にメッセで「女性のひとり参加しても大丈夫ですか?」
という質問が多いのですが、毎回男女共にひとり参加者も多いので
ぜひ気にせず参加してもらえればと思っています。
またトピには表明しにくいという方にはメッセでの参加表明も受け付けています。

【日程】8月11日(土)
【場所】巾着田の川原(高麗駅から徒歩15分)
【会費】1000円(往復交通費1020円を含む)現地集合なら無料
【募集人数】制限なし
【持ち物】お弁当 着替え タオル レジャーシート 水鉄砲
【雨天時】翌日12日に順延

参加希望者は下記のmixiトピにて参加表明をお願いします!
8/11水鉄砲と水遊びオフ

それでは、よろしくお願いします!

アナログゲームを考案する作家

ちょっと前にも告知しましたが、某アナログゲームの本を出すことになりまして
そのコンテンツの一環として自作ゲームをいくつか考案して掲載することになりそうです。

既存のゲームを参考にしながらもオリジナリティを求めたアイデアは結構あるにはあるのですが
小説作品とはちがって、アイデアだけではどうにも巧くいかないことがあるんですね。
まずはちゃんとシステムとして回るかどうかという点なんですね。
ルールの矛盾にはじまり、飽きない程度の時間で終わるのかとか、複雑すぎないかとか
大前提としてそのシステムで遊んで楽しいかどうかという点について、
実際にやってみないとわからない部分が多々あるんですよ。
だからこそのテストプレーなんですけどね。

ちょっとソロプレーで回してみてもボロボロと欠陥が見つかるんですよ……
ルールの不整備というよりも、やってみたら、そのルールはおもしろくない、白熱しない
勝敗が運任せすぎてゲーム性が感じられないなどなど問題が山積みです。いやあ奥が深いです。
しかも今回は接することの多い大人のアナログゲームファンではなく児童にもわかるものという条件なので
できるだけルールはシンプルで直感的にわかりやすいものが求められているのも産みの苦しみを増しています。
このあたりはストーリー作品の創作活動にもつながってきますけどね。

私よりもアナログゲームに精通した人がたくさんいる中で、私が本を出すというのは
私のことを知る人であれば、ちょっと意外に思うかもしれませんね。
まあ、マニアすぎると一般人の感覚が失われてしまうので、永遠の初心者である私くらいのほうが
一般向けのゲーム本を書くにはきっと適しているんでしょう。

10月頃に発売になりますので、そのときはまたよろしくお願いします。
HOMENEXT →
広告: