L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

勝手にキャラが動くとはこういうことです

よく創作の過程で主人公が勝手に動いてしまって、プロットとは別方向にいってしまったけど
結果としてよりおもしろい作品になってよかったなんてあとがきに書かれていることもありますよね。

実際、キャラが勝手に動いてくれるようになると、おもしろい展開になることが多いんですね。
ただしこのときのキャラが動くというのは、けっして迷走するということではありません。
確固たる人格を備えたキャラクターがその性格や信念に基づいて一貫した行動をとることを意味します。

つまり、このときの予定したプロットというのは、実は主人公の性格を無視した筋立てであり
そのまま書いてしまうと、キャラが作者の操り人形となってしまいかねなかったということでもあるんですね。
たいてい操り人形になってしまった主人公はおもしろくないです。
それどころかその場しのぎ、ご都合主義になりがちで、結局コロコロと性格が変わる性格破綻者となってしまいます。

キャラが勝手に動いてくれるというのは、作者が明確なキャラの人格を作ることに成功したことを意味します。
実は勝手に動きだしらわけではなく、作者がキャラの自律プログラムを完成させたということになります。
ロボコンなどで用いられる自律型ロボットのプログラムでは、障害物を前方30cm以内に感知したら右折するとか
そういうふうにプログラムされていますが、同じようにキャラもどんな困難を前にしたらどういうふうに対処するとか
美女を前にしたらどんな反応をするとか、そういうことが作者によってきっちり頭に入っているからこそ
キャラも勝手に動くことができるわけで、プログラムがなければ判断のしようがなく迷走するだけです。

そして初心者の多くがキャラが勝手に動いたと思っているのは、ただの迷走です。
キャラが何を考え、どう思ってるかよくわかっていないから、あらぬ方向へといってしまうんですね。
特にだらだらとストーリーが進展しないまま雑談が続いてしまうのとかは顕著な迷走の例です。

キャラが動き出すのは神がかり的なことではなく、作者の準備の結果にほかなりません。
準備なくしてキャラが勝手に動いたとは思わないようにしましょう。
スポンサーサイト



物語の主人公はたいてい青くさいもの

表題にも書きましたが、基本的に物語の主人公として好まれるのは青くさい考え方のキャラですよね。
たしかに狡猾だったり老獪な主人公もいないことはないのですが圧倒的に少ないのが現状です。
これはライトノベルに限らず、大人向けの一般小説でもあてはまることです。

青くさいとは「人格や言動などが未熟である」ということになります。
こう言ってしまうと身も蓋もないのですが、言葉を置き換えるのならば「純粋」「朴訥」「馬鹿正直」など
大人になるとなくしてしまいがちな素養を持ち続けているということになります。

処世術では上が白だと言えば黒いものでも白だと言えたりすることが肝要ですが
やっぱりそれっておかしいよねと大半の人が思っているからこそ「間違っていることは間違っている」と
自分が不利になろうと痛い目を見ようと断言できるキャラクターに憧れを抱くものなのです。

生身の人間だったら普通はいつまでも青くさいことなんて言ってられません。
できるとしたら相当の権力者か判別のつかない愚か者だけでしょう。
普通は友達すらなくしてしまうでしょうからね。

だからこそヒーローたりえるのでしょう。
どんな情けない性格の少年でも、この一途な青くささを最後に貫ければヒーローになりえるのです。
ゆえに主人公たるもの、この青くささを貫くためにも、なにが正しくてなにが悪いのかということを
作者がきっちりと設定しておかないとたいへんなことになってしまいます。
信念というものなき主人公ほどかっこ悪いものはありません。

なんとなく世間的に正しいとされていることのために戦うヒーローなんて魅力ありません。
キャラにとっての信念はひとりひとりが確実にちがっていないとおかしいのですから
そこにオリジナリティがあると作品としてももりあがるし、おもしろくなるのです。
せっかく他作品と差別化できるポイントをみすみす見逃す手はありませんよ。

あなたの描く主人公は青くさいですか? それとも分別ある大人になってしまってますか?

やりすぎてみることも大切

書き手というのは、物語をまとめないといけないと考えますから、どうしても小さくまとまりがちです。
特にあまり書き慣れていない人だと、どうしても地味な展開、よくある展開に落ち着いてしまいますよね。
そうならないように、ときには自分では収拾がつかないくらいやりすぎてみるのもいいですよ。

具体的にはエピソードを過剰にしてゆくのが、手っ取り早いですね。
たとえば主人公が窮地に陥るにしても10人の敵に囲まれるのと、1万人に包囲されるのとでは
どっちがおもしろくなりそうでしょうか?
10人くらいだったらなんとか単純に倒せそうだなと予測できますが、1万人はさすがに無理そうですよね。
だからこそ、どうやってピンチを切り抜けるのかという読者の期待があがるのは後者なわけです。

主人公がどんなピンチになろうとも、それを乗り越えて成功するのはわかりきってるわけですから
読者の興味というのは、結果よりも過程のほうに興味があるんですよ。
リアルとはちがって物語とはそういうものなんですね。

ただ勘違いしてほしくないのは、いわゆる「大風呂敷を広げる」こととは異なります。
たいていの場合、大風呂敷を広げると、結局収拾がつかなくなってしまうんですよね。
では「やりすぎる」とのちがいはというと、これはちょっと境界は曖昧なんですが
たいていの場合、大風呂敷を広げるのは設定なんですよね。
主人公の正体とか過去のトラウマとかならまだいいのですが、世界設定なんかでいろいろやっちゃうと
プロでもそう簡単には収拾をつけられなくなってしまうんですね。

やりすぎるのはエピソードやストーリーについてやるべきで、設定についてはやらないほうがいいでしょう。
結局、自分の首を絞めるだけで、読者にも評価されないまま終わってしまいかねません。

小さくまとまるな!(各種設定以外で)

北朝鮮は策士だな、このままだと韓国崩壊確実じゃないか

いつものミサイル撃つ撃つ詐欺を展開している北朝鮮ではありますが、いつもの恫喝と思いきやそうではないようです。
なんといっても、このタイミングに仕掛けてくるのはかなり戦略的としか思えません。

なぜなら韓国は現在、財閥が利益を独占してきた弊害もあって、経済的に破綻寸前(毎度のことですが)
21世紀にもなって借金をチャラにする徳政令をいつ出すかといった段階まで追い詰められています。
さらに日本円の円安によりサムスン、現代自動車の輸出は急ブレーキがかかってきた状態なので
このままでもデフォルトを起こしてしまうのは目に見えているわけですが
さらに北朝鮮と今も戦時中という緊張状態はコリアリスクが顕現化し、外資が逃げ出しにかかるわけです。

新大統領が就任して1ヶ月以上が経過した今でも主要閣僚が決まらず内閣が空席のまま、
さらに国内経済は前回の破綻から主要なところは外資に乗っ取られたうえでのボロボロ状態、
唯一の頼みである輸出産業は安売りだけがメリットのため、日本の円安攻勢に勝ち目なし……
サムスンだけで韓国のGDPの20%超、現代自動車やLGなど十大財閥が80%を占めてますから
輸出産業が停滞しただけで韓国経済は簡単に崩壊してしまうんですね。

そこにきて北朝鮮の宣戦布告にミサイル発射準備ですからね。
北朝鮮は威勢のよいことを言ってるだけで、敵国に経済制裁をしているのに等しいわけです。
それも無慈悲な致命的経済制裁をですよ!
5月まで北朝鮮の挑発がつづくようなら、もう韓国経済は持たないんじゃないですかね。

日本との関係は前大統領の天皇侮辱発言とか仏像変換拒否とかいろいろあって
民間レベルで日韓関係は悪化していますので、政府も援助しにくいでしょうね。
ただ朝鮮半島からの難民だけは、もうこりごりなので戦争にはなってほしくないですけど。

5月再開予定です

最近、ぜんぜん更新できていませんが、いろいろあって難しい状況です。

5月をめどに再会する予定ですので、またよろしくお願いします。
HOME
広告: