L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

習慣とは怖ろしいものです

しばらくブログを休載していたら、もうそれが当たり前になってしまっていました。
本当に習慣というものは怖いなと実感しました。

原稿執筆も同じで、やはり習慣にしていると強いですが、
いったん止まってしまうと元のペースに戻すのが難しいですよね。
そのために出来る限り毎日の習慣として執筆を続けることは、最大の武器となります。

作家志望者のみなさんもサボらず、原稿執筆に勤しんでくださいね。
私もようやくですがブログの平日更新を復活させますので、またよろしくお願いします。

小説に無駄なシーンはありません!

現実と物語との明確な差は「無駄のなさ」に尽きます。

リアルな人生において、そのほとんどは無駄の積み重ねといってもいいくらいなのですが
小説をはじめ物語には、そういった無駄がいっさいないんですね。
ないというと語弊があるかもしれません。省略されているといったほうがいいでしょう。

物語の時間軸において、やはり主人公には無駄な時間、無意味な言動などがあるはずですが
そういったものは読者なりには見せないというのが、鉄則となっています。
つまり裏をかえせば、意味のあるシーンしかないのが物語であり、それ以外は省略されるべきなのです。

ここがわかっているかどうかで、小説作品がぐっと引き締まるかどうかが決まってきます。
初心者にありがちなミスは面白かろうという意図で、物語に無意味なシーン、特に会話シーンなどを多用してしまい
ぐだぐだで締まりがなくなり、かつなかなか物語が先に進まなくなってしまいます。

たしかに一見すると無意味に見えるようなシーン、緩急をつけるための「遊び」のシーンがあります。
しかし、それは物語の緩急をつけるという意味を持ったシーンなのでいいんですね。
ただしメリハリをつける以上に遊びのシーンを入れてしまっては、それは過剰であり無意味になってしまいます。

ちなみにここでいう遊びというのは「子供の遊び」のほうではなく「ハンドルの遊び」のほうの意味ですよ。
言葉遊びをしろとか、ふざけろというのではなく、ガチガチに詰めこむのではなく余裕を持てということです。
読者に常に緊張を強いる作品は、疲れてしまって集中力を奪ってしまうからです。
この点は誤解のなきようお願いします。

ということで、ストーリーからシーン割を考えるときには、その物語には何が必要なのかということを常に意識して
無駄だなと思う箇所はできるだけ割愛するよう心がけましょう。

なぜ村上春樹が好きな男はモテるのか?

最新刊もベストセラーとなっている村上春樹作品ですが、それにしてもすごい人気ですよね。
ラノベ志向でも作家志望なら少なくとも1冊くらいは読んでいるかと思います。

もし読んでいないというのであれば、現代作家を知るうえでも短編も多いので何作か目を通しておきましょう。
個人的におもしろいかどうかは別として執筆の参考になることがたくさんあると思いますよ。
何度も言ってますがラノベを書きたくてラノベしか読まない人はプロにはなれません。
理由については過去のブログにいろいろ書いたので今回は割愛しますが
もしラノベしか読んだことがないのにプロになったとしたら、きっとラノベすら読まなくてもプロになれたでしょう。

さて本日の主題ですが、なぜ村上春樹が好きな男性ってモテるのかについて書いていきましょう。
まず春樹作品の主人公というのは、かなり定型化していることが挙げられます。
最大公約数の設定を述べるなら、とりたてて何かあるわけでもないごく普通の青年であり、
それでいて過去のトラウマから常に孤独感を感じているみたいなタイプが多いんですね。
そして、ここが重要ですが、特に何をするわけでもないのに女にモテまくるのが最大の特徴です。
モテようと努力しないというか逆に寄せつけないオーラを出しまくっているのに女が寄ってくるわけです。
どのくらいモテるかというと、朝覚醒めるとなぜか双子の美人とベッドをともにしてるくらいモテまくりです。

なんというか、これって少女漫画にありがちな、女性の憧れる男性像のひとつなんですね。
小説なので容姿は平凡とか本文に書いてあっても、女性読者の脳内ではカッコよくイメージされているので無問題です。
ちょっと小難しいことを言っちゃったりするアンニュイな美形の青年なわけです。
少女漫画だとだいたい屋上とか非常階段の踊り場なんかに棲息しています。

で、そんな女性の求める男性像に対して男性はどう思うかというと、たいてい拒絶反応を示すわけですよ。
そこに共感なんてありません。だって春樹作品の主人公青年と自分は全然ちがう人種なんですから。
特にモテない男性や、モテることに粉骨砕身努力している男性の反発は大きいでしょう。
カネにもオンナにも不自由ないくせに何をくよくよ悩んでんだよ的な感じですよ。
で、こんな主人公青年に共感できる男性っていうのは、もう女の子にモテすぎた経験のある男しかいないでしょう。
つまり村上春樹好きな男性がモテるわけではなく、モテる男性が村上春樹好きなんじゃないかと思うわけですよ。

かくいう私もなにもしないでいるのに女の子にモテまくる主人公には幾ばくかの反発を覚えますが
長い人生のなかで遭遇した幾度かのモテ期の経験から主人公に共感できなくもないということもあり
個人的には熱烈なファンというわけではないですが、わりと雰囲気は好きだったりします。

それにしても、きっとこういう作品を書いてきた村上春樹氏は若い頃からモテモテだったんでしょうね。
しかし少年向けラノベは、青春時代にモテたかったという妄想と怨念によって産みだされるタイプの作品なので
かえってモテてた人にはハードルが高いジャンルとなってますので、非モテの人はどうぞ安心してくださいね!

あなたのキャラにイデア(観念)はありますか?

創作初心者のつくるキャラクターを見ていると、魅力的にしようとか、個性的にしようとか
そのあたりのことを考えてくれる段階まで進んだ人に、まだ欠けているとしたら、それはイデアでしょう。

といっても難しいことじゃないんですけどね。
そもそもそのキャラクターが普段どういうことをどんなふうに意識しているのかということを
しっかりと抑えておけばいいわけですが、なかなか意識して実行するのを忘れがちですよね。

たとえば、たいていの作品には恋愛要素がからむでしょう。
ならキャラクターひとりひとりはどのような恋愛観を持っているのかということをちゃんと考えていますか?
現実には十人十色、単に恋愛といっても、みんな思っていたり、考えていることはちがいます。
死生観もそのひとつですよね。死後の世界はどうなのかとか宗教的な話にも拡がってきますから
道徳観念だの生き様なんかにも大きく影響をおよぼすことになるでしょう。
そういうことをちゃんと考えているかどうかで、キャラの深みがちがってきます。
もちろんなにも考えていないとか、よくあるテンプレを流用するなら、それなりのキャラになってしまいます。

加えて世界観に大きく影響することになることとして、作者がどう考えているかというのもありますよね。
先に挙げた死語の世界とはどんなものかとか、神や悪魔の存在や在り方といったものを
作者が自分の中でちゃんと消化して、作品に織りこんでいるのかどうかで世界観の深みや大きさが決まります。

いままでの指導経験からいうと、まずほとんどといっていいくらいの人がそこまで考えていません。
さらにその手前の段階で戸惑っていることも多いのですが、このイデアにまで設定を練ってる人はまずいないですね。
みんな、なんとなくで済ましてしまっているんですね。
だからキャラも個性的にならないし、キャラのバリエーションも少なくなってしまうわけです。
それじゃ、いくらやっても無駄になってしまいます。

とはいえ、最大の問題は作者自身さえ、そういうことを深くつきつめて考えた経験がないし
やろうとしても、その方法がわかっていなかったりすることなんですよね。
まずは自分のことから見つめ直して、客観的に自分のイデアを見つけてください。

創作者である君のイデアはなんですか?

きのうのつづきです。
キャラクターにとってイデアをしっかりと設定してあるかどうかが重要であること。
そしてキャラにイデアを構築するには、まず作者本人がイデアを自覚しているかが鍵になることを書きました。

きょうは、その作者自身のイデアについて、特にどこを考察すればいいのかについて説明していきます。
きのうも挙げたように物語で多用するイデアというのは、だいたいきまっているので
そこを重点的に押さえておけば、大丈夫なんですね。今回は3つのポイントについて考えてみてください。

まずは「恋愛観」です。
恋愛要素のない小説はまずありません。ここは絶対に押さえておきましょう。
そして男女の恋愛に限らず、また「愛」と「恋」を区別して考える必要もあります。
家族愛、隣人愛、友情なんかも、この項目に拡大して考えてみるとなおよいですね。
ひとくちに恋愛といっても、人それぞれ。
恋愛経験の差から処女童貞の人、普通に恋愛経験のある人、俗にいうヤリマンヤリチンの人と
3つに分類するだけでも、まったくちがう恋愛観を持っているでしょうし
他にも性別、年齢、環境、社会的地位、性的嗜好などさまざまに細分化されます。
そのなかで作者はどのタイプであり、それはどういうものかということをしっかり見極め
それからはじめてちがうタイプの人の考え方を理解するようにしましょう。

つぎに「死生観」です。
やはり物語において、死というのは重要なファクターになりうるものであり考えておくべきでしょう。
死とはどういうものか、死後の世界の有無、あるとすればどういうものなのか
作者自身の考え方や信仰はどういうものなのかを考えなおしてみましょう。
日本人はわりと漠然と考えていて、ときに天国と地獄の存在を信じていたかと思えば、
またあるときは生まれ変わりを信じていたりしていても、あまり矛盾を感じないんですね。
それはそれで構わないのですが、作品においては、やはり曖昧では物語のテーマもぼやけてしまいます。
そして死の対極として、生きることはなんなのかというのも重要な要素となっています。
そもそも物語とは主人公たちの生き様ですからね!
あなたにとっての生と死をしっかり見つめなおしてみましょう。

最後に「もっとも大事なもの」です。
あなたにとってもっとも大事なものはなんでしょうか?
それは物質的なものとは限りません。信念や理想といった見えないし触れないものかもしれません。
命を賭けても重要なものはなんのか? それとも命よりたいせつなものなどないのか?
命こそ最もたいせつだとしても、それは自分の命なのか、それとも別の人の命なのかとかですね。
たとえば愛する人ひとりと、赤の他人100人とどちらの命を優先するのかといったところです。
こうなると命のだけの問題ではなく、信念の問題にも絡んできます。
さて、あなたはなにを守るために生きているのでしょうか?


以上、この3つのポイントをしっかりと自分で客観的に見つめなおしましょう。
できればノートなどに書きだしてみるといいですね。
それが作者のイデアであり、たいていは主人公のイデアの基礎となります。
対してライバルや仇敵はあなたとは対極的なイデアを持っていることが多いです。
そうするとことでキャラにメリハリがつき、展開がおもしろくなるわけです。
こういうことを考えなくても自然にできてしまう人もいるにはいますが、
経験上、作家志望者の95%以上は無意識にできてしまうなんてことはありません。
無意識にできてしまうような天才は、このブログに辿りつく前にさっさと作家デビューしてますよ。
たとえ才能があっても、ほとんどの人は意識して考え、努力して身につけるしかないわけです。

孫氏曰く「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」です。
自分をよく知っていれば、キャラクターもよいものが生まれてくるものです。

文体スキルを侮るなかれ【文体技術向上特集1】

まず小説を書くときに、まず悩むのが文体というか文章についてですよね。
ストーリーはなんとなくできているけど、思うように文章として書けなかったという経験があったはずです。
小説を読むのには何ら抵抗がないのに、不思議と書くとなるとまったくちがうんですよね。

読むのと書くのとでは、そこに必要な技術は段違いです。
それなのに学校教育では、たいして文章を書く訓練をしないんですよね。
運動会とか遠足のときの話を作文に書かせるか、読書感想文くらいのものです。
しかもどうやって書けばいいなんてことは教えません。
たいてい「思ったとおり」に書けばいいんですよなんて、知ったような口ぶりで言うだけです。

でもね、思ったとおり書けないから悩むわけですよ。
遠足の作文なんて、起きたことのトピックの羅列でしかないし、読書感想文はあらすじを書くだけ。
教師がしっかり教えないし、まちがっても訂正もしないから、たいていこんなものです。
賞をとるような作文や感想文なんて十中八九、親が書いてますよ。当然です。

文章が巧くなるには、もう独学しかないんですね。
しかも適切な教科書なんてものはあまりないから、見よう見まねでやるしかありません。
このブログを読んでいる人も、きっと小説の文章の書き方なんてものは
ほかの作品を読んで、それを真似るようにして習得してきたはずです。
それを否定はしません。最終的には、その方法がベストです。
算数だって実力をつけるには、どれだけ問題を解いたかに比例するものです。

しかし最初からこれをやるには効率が悪すぎますよね。
算数だって基礎も習わず、いきなり問題を解こうとしてもうまくいかないのと同じです。
できれば基礎を身につけてから実践的訓練にとりかかるべきです。

今回の特集では、小説の文体について概要を書いていきたいと思います。
どのように書けば、よい文章となるのか。また個性的になり、かつ読者を魅了できるのか。
その理屈なりを理解してもらい、あなたの作品に応用してもらえればと思っています。

つづく

作家は職業上、言葉に気をつけなければいけないのか?

よく作家なんだから言葉に気をつけて発言しろみたいなことをいう人がいます。
この前も作家出身の都知事が舌禍で叩かれていましたしね。
まったくもって見当違いだよなと、作家のはしくれは思うわけですよ。

そもそも作家なんていうのは言語学者でも日本語教師でもありません。
物語を文章で書いて、それを商売にしているわけですよ。
その物語というのは、良くいえばフィクション、悪くいえば嘘っぱちですよね。
ノンフィクション系だって、かなり脚色や演出を加えているわけですし事実そのものではありません。

つまり作家というのは、ひっかかるほうが騙されることを了解している詐欺師なんですよ。
思いつくままに頭のなかの妄想をもっともらしく構築して、口からでまかせで言ってるようなものです。
そんな人種に正しい言葉とか、配慮した表現を求めるほうがどうかしています。
あなたは詐欺師に騙すのがプロなんだから配慮した発言をすべきだと注文をつける気になれますか?
まさかそんな人はいないでしょう。作家も同じなんです。
たいてい作家や文章を書くのを得意としている人というのは、軽はずみな発言も多いのもうなずけます。
いちいち周りに配慮して書いてたら作家なんてやってられないんですね。

真に言葉に気をつけるべきは、マスコミとか事実を伝える商売の人達です。
彼らは作家のように物語という嘘を語ることは許されていないのですから、事実に反することは言ってはいけません。
そのために発信する記事には校閲がはいったりするわけです。
小説の校正は誤字脱字があるかと、ついてる嘘に矛盾がないかくらいしかチェックされませんが
記事の場合は、取材結果や資料と照らしあわせて合っているかどうかも重大なチェック項目です。
とはいえ、イデオロギーとしての思想バイアスまでは除去しきれないので、
嘘は書かないけど受け手にわざと誤解されるように言葉足らずにしたり、そもそも記事として取り上げなかったり
都合のいいシーンだけを切り抜いたりするのはマスコミのよくやる手法として批難されていますよね。

なので、作家なんだから発言に気をつけろとは言わないでください。
作家は合法的詐欺師にして、根っからの嘘つきにして妄想家なのですから。

文体こそ個性をだすチャンス【文体技術向上特集2】

今回は2回めとなりますが、ここからが本番となります。

まず小説創作において文章を書く場合、読者に意味が通じるのは最低限のレベルだとすると
つぎになにが求められているのかといえば、それは作者である「あなたらしさ」なわけです。
個性的な文体こそ小説に求められる1つのかたちなんですね。

たしかに読みやすさも大事なんですが、世にいう悪文を個性にしてしまった作家も多いわけです。
文庫本1ページ分以上も句点がなく、ひとつの文章になっているとか、
十数ページにわたってシナリオのように会話文しかないとか、まあ、数え上げればキリがありませんよね。
欠点もまた個性として確立できてしまえば、こっちもものというわけです。
ただし、だからといって悪文でもよいというわけでもないので、そのへんのさじ加減は難しいところです。
作風と文体が調和していれば問題ないでしょうが、その見極めは作者ではなく読者に委ねられることをお忘れなく。

では、文章で個性を活かすにはどうすればいいかということになりますよね。
はっきり言ってしまうと、この段階からセンスが幅を利かせてきます。
たしかに理論とか理屈というのもあるにはありますが、それを超えたセンスが文体の良し悪しを決めてゆくのです。
どういう文章がセンスがいいのかといえば、これはかなり端的に言い表せます。

まずリズムですね。文章とはいえ言語は本来音声ですから、読みあげたときのリズムというのはたいせつです。
詩や歌のように小説にもリズムがかなり印象を変えてしまうことが多いんですね。
もちろん俳句のように五七調で統一する方法もありますし、繰り返しや、あえてリズムを乱す方法もあります。

つぎに間です。余韻なんかも含まれます。
じつは文章において間を表現するのは非常に難しいんですね。
音声や映像なら時間を直接使って表現できるのですが、文章では時間というのが直接使えません。
あえて使うなら「――」や「……」なんかの記号を使う手ですが、これも万能ではありません。
非常に難しいものです。

第三に語彙となります。
どういう語句を使用するのかということが作品の印象をがらっと変えていきます。
たとえば「犬」「いぬ」「イヌ」「狗」と同じ動物を指すのであっても、文字が違えばイメージも変わってきます。
漢字にするのか、仮名文字にするのか、はたまた英語など外来語にするのかなどなど
日本語は特に選択肢が多くなっていますので、迷いどころであるとともに個性をだすきっかけとなります。

ということで、文体に個性をだすための基本的な要素は、だいたい以上の3つに気をつければいいのです。
どう気をつけるべきかという点についてはまた次回以降お話しすることになるでしょう。

文章のリズムを体得する【文体技術向上特集3】

前回は個性的に文章を上達させるために注目すべき3つのポイントを挙げました。
今回からはそれらをひとつずつ見ていきたいと考えています。

第一のポイントは「リズム」でしたね。
文章のリズムというのは、確たる音楽理論のようなものはないので、なかなか難しいわけですが
古来から五七調とか七五調といったものがありまして、これに準じると音感がよくなります。
有名な例では大日本帝国憲法の「天皇は 陸海軍を 統帥す」の条文ですよね。しっかり五七五です。
アメリカ主導で即席に作られた現行憲法にはない語感のこだわりというものがありますよね。
とはいえ、なんでも五七調にすればいいというものではありません。
キメの箇所に要所要所に使うと効果的なんですね。

あるいは簡潔な短い文をぽつぽつと並べることで、それが緊迫感やスピード感を生みだしてくれます。
会話文でも、いかにもセリフみたいな長口上よりも、テンポのいいやりとりがしたいならば
漫才のようにポンポンと短い会話を投げあうほうが笑いを引きだしやすかったりもします。
ただし短い句を並べると歯切れがよくなりますが、一方で単調で退屈になりやすいという欠点もあります。
何事も万能というわけではありません。

一文一文を局所的に見れば以上のような文章テクニックもいくつもありますが
ここでは割愛しますので、もっと知りたい方は自分で調べてみてください。
もっと対極的に作品全体としてリズムを考えるならば、緩急の付け方となります。
ここらへんは音楽と同じで、特徴的な主題を活かすように全体的にどう構成すればいいのか
そういったところまで考えなければいけません。
統一性のある流れで緩急をつけるのは非常に難しいので、これができるようなったら一人前でしょう。

だからこそ、もっとも大事なのは自分のリズム感を確固たるものとすることです。
自分の文章のクセとか特長を自覚し、これを活かすように文章を書くようにしましょう。
あまり考えすぎても答えがでないので、悩みすぎてしまいますが、なにも考えていないとまったくできません。

あなたにとっての文章のリズム、自分で読み書きして心地よいと感じる文章とはどういうものでしょうか?

文章でいかに間を作るか【文体技術向上特集4】

上達ポイントの2つめについての解説になります。

今回がもっとも難しい「間」についてです。

読むペースが読者に委ねられている小説作品において、
作者の意図する時間感覚である「間」を表現するのは非常に難しいわけです。
ゆっくり読む人もいれば、速読みたいにして読む人もいるわけですからね。
これが映画などの映像作品であれば、無言とかセリフの間隔とかスピードとか時間そのものを活用できるわけです。

強制的に間を作るには「……」の三点リーダー、あるいは「――」のダッシュという記号を用いることで
読者に対して明示的に間の位置を提示することはできます。
ただし、やってみるとわかるのですが、あまりに多用すると見た目的に鬱陶しいのもありますが
文章の品格としても、やや低く見られがちなので、ここぞというところで用いるのが吉です。

ということは「間」を表現するには、記号などを使ったわかりやすい方法でない方法を使わないといけません。
それをどうするかというのが作者の腕の見せどころであり、センスを問われるところです。
そのためには文章で時間の流れを操作したり、余韻を残すように書いたりする必要があります。

たとえば、短い時間を表現したければ、セリフは短く、地の文も極力少なくすれば
読む速度は早くなりますので、それだけ時間感覚を短くすることができますし
一瞬の時間であってもスローモーションで表現したいのであれば、地の文などを緻密に書きこむことで
読む時間を遅くすることで、一瞬の時間も長く見せることができるわけです。
またセリフとセリフのあいだの時間なども、地の文の長短や書き方によって書きわけられます。

問題なのは、こうしたテクニックを意図しないで、逆に使用してしまうと文字通り逆効果になります。
短い瞬間を描きたいのにくどくど文を書いてしまったり、
長い間をあけたいのに、あっさりした文を書いてしまったりとか、そういうことはいくらでもあるでしょう。

個性をだすにも基礎的なスキルやテクニックに関する知識は必要です。
技法として敢えて基本を崩すのと、無知で崩れているのとは大違いです。

あなたは文章の間をどうやって表現していますか?
HOMENEXT →
広告: