L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

物語のパターンがわかっていれば自分の書きたいものがわかる

現在、私は最速!ラノベ創作塾というサークルを主宰していて、週に一回、塾生4名を指導しています。
そして以前にも延べ回数では1000人以上の作家志望者を教えてきましたが、どうしても行き詰まる壁があります。

最も大きな壁は物語創作における「発想力」です。これがどうしても壁にぶつかってしまい向上しなくなるんですね。
本音のところ小説に「文章力」なんていうのはそれほど要求水準は高くないんですね、特にラノベは。
ややもすると巧すぎる文章は読んでいると眠くなるし、少しくらい読みにくいほうがいいこともあるわけです。
ところが発想力はそうはいきません。物語の根本ですから要求水準に達しないとどうしようもないんですね。

発想力はセンスの有無も左右しますが圧倒的に努力がたりていません。
まあ、たいていは物語に触れる経験が不足しています。
読書もたりないし、映画やドラマも観ていないし、あまつさえマンガの読書量すらたりません。
しかも読んだり観たりしていたとしても漠然と消費者として漫然と消費しているだけのことで
どうして面白いのか、どこが感動するのかといったことを全然考えてきてないんですね。

だから作家志望であるなら大人になるまでに当然身につけておくべき物語のパターンを大半の人がわかっていません。
そして、わかってない人にそのことを指摘してもあまり自覚がないので努力して身につけようとはしません。
物語のパターンさえわかっていれば、創作は効率的で間違いが少なくなるというのにそれをしようとはしないんですね。

たとえるならパターンというのはLEGOブロックのパーツのようなものです。
LEGOブロックにはいろいろな形やサイズ、色がありますよね。
それを適宜、組み合わせていけばイメージしたものが作れるのがブロック遊びのおもしろさです。
小説も同様に物語のパターンもそれと同じで各種取り揃えていれば、組み合わせるだけでどんな作品でも作れてしまうわけです。
ところが98%の人はパーツの種類が乏しく、そもそも種類の区別さえできていないわけです。
1000種類の多彩なパーツをふんだんに使って作るのと、わずか10個ほどで作るのとでは出来映えはどうなるでしょうか?
たしかに10個もあればどうにか形にすることはできるかもしれませんが凄いと思わせるものを作るには厳しいでしょう。

結局はこれに尽きるのではないかと思うようになりました。
いま塾生にやってもらっている自分の書きたいものを方針として考えてもらっていることについても
本人たちはふざけているわけではないのですが、よくもこんな「当たり前」のことを書いてくるなと思ってしまうことが多いのです。
提出されてくる「魅力的な美少女を」とか「読者を楽しませたい」とか本気で書いてくるんですね。
そういうのは書くまでもないことであり、当然なくてはならないことなんですよね。
これは塾生があまり深く考えていないからだと思っていたので、もっと深く考えるよう指導していたわけですが
それでも似たような当たり前のことを書いてきて再提出してきくるので私も困っていたのですが、
ここに至ってできない人というのは上で述べたパーツの種類がないから自分で自分の思っているイメージを
的確に文章に再現できないのではないのかという結論に至りました。

なので深く考えるよう指導してもそれを自分の言葉で表現できない、あるいは詳細に分類できないのです。
つまり「ヨークシャテリア」のような「犬」をイメージしていても「犬」という概念の単語しか持たない人にとっては
「毛の長い」「小さな」「犬」程度の表現しかできないわけで、これではチワワだってミニチュアシュナイザーだって該当するし
正確に自分のイメージを他者に伝えることはできませんし、そもそも本人が理解しているかもあやしいものです。
だから深く考えてもらってもマトモな課題が出てこなかったのでしょう。

このブログを読んでいるあなたはパーツをどれだけ持っていますか? そしてそれを識別できていますか?
あなたの好きな作品は何がどうおもしろいのか、他の好きな作品とおもしろの質がどう異なっているのか
あるいはどこがどう同じになっているかなど、それらを的確に自分の言葉で表現できますか?
それができていないと自分が何を書こうとしているのかさえわからない、まるで靄の中を進むかのごとくで
受賞というゴールに到達できるかどうかは宝くじみたいに運を天に任せるようなものですよ。
あなたがギャンブラーで己の運に自信があるなら試してみるのもいいかもしれませんが、私としてはおすすめできません。



スポンサーサイト



ラノベ創作塾日誌~方針から具体案へ

なんとか一部の塾生は方針が固まってきたので、具体的なプロット的なもの考えるステップに入りました……がっ!

残念ながら、また元に戻ってしまったというか、出てくる案がどれもこれも”ありきたり”なテンプレものか
なんとなく思いついちゃった”適当なもの”をプロット案として出されてしまい困ってしまいました。
方針を決める課題以前の数ヶ月はいったいなんだったのか、まったくゼロに戻ってしまったのでしょうか……

過去にも経験があります。勉強のできない小学生の家庭教師をやっていたときのことです。。
その生徒は本当にバカってわけではないので、根気よく教えてあげれば理解してくれる子ではあったのですが
速度と距離がわかるようになって、じゃあ次は図形の問題を教えますと、その図形問題を解けるようになる頃には
速度の問題をおもしろいくらいに忘れてしまっていて、ほとんど覚えていないんですね。
でまた速度を復習しているうちに図形問題を忘れてしまうという忘却の無限ループ……

さすがに小学生ではないんだし、教えたことはしっかり復習して身につけておいてほしいと思うのですが
どうやら課題さえ前日になって適当に仕上げてくるような塾生もいるようなので、あまり期待はできません。
私自身も小学生の頃は塾の宿題は当日になってからやっていましたが、学力が向上した試しはありませんでしたよ。
適当にやれば適当にやった以下の見返りしかないわけで、しっかりと課題を仕上げ、さらに定期的に復習してほしいですね。

あと、塾生にはしつこいくらい言っていますが、今の実力ではまかりまちがっても受賞レベル書くにほほど遠い段階なので
いま考えているプロットやストーリーは練習用にとわりきって、もっと大胆な発想をしてほしいと注文していますが
こういうことを言うとおもしろがって出来る人はいくらでもできるんですが、普段から小さくまとめようとしている人は
なかなか奇抜な発想をすることができず、テンプレから抜け出せないことになります。
このテンプレから抜け出せないあいだは、同人はともかく商業ベースの作品では通用しないので
わりきった発想の転換をしてもらいたいと、せつに願ってます。



ラノベ創作塾日誌~アイデアの引き出しは経験あってこそ

自分の作品をどういう方向性にするかという最初のステップにして難易度の高い課題をやっていますが
自分の書きたい作品の方向性が決まった人から、プロットを提出してもらっています。

やはりどういうふうに書くべきか、つまり”どのように読者にたのしさを提供するか”が決まると
その後の進展はかなり早く、けっこうトントン拍子に進捗してくれていて、私もホッとしています。
最初は経験的に他の人よりやや出遅れていた上野くんでしたが、いち早く方針が決まったため、
現在では逆転して頭ひとつ他の塾生から飛び抜けた感じになってきました。
このことからも方針をしっかり決めるというのは重要なんですね。

で、もうひとりなんとか方針の決まった赤川くんは、プロットに進むところでやや苦戦中のようです。
なんというんですかね、アイデア出しのところで中途半端なネタに走ってしまっていて、せっかくの方針を活かせません。
どこが中途半端かというと、架空の設定ながらある程度のリアリティを盛り込もうとしているのはわかるのですが
フィクションにしてはおもしろさや奇抜さといったものに欠け、リアリティがあるかといえば荒唐無稽な設定のため半減してしまい
おたがいにおもしろさを相殺してしまっているといった感じになっています。

そして、いまだ方針が決まらないのが研究生として参加している影山くんです。
こちらは書きたいものがなかなか決まらないのは、なにを読者に提供できるかがどうにも思い浮かばないんですね。
影山くん自身は「信念」であるとか思想的な概念を描くことに興味があり
また伏線を張ったり、大きな謎を提示したりというの演出的なものが好きというのですが、
肝心のストーリーやキャラに対しては、それほど関心を払ってきたがないようで
読者に対してどのような「おもしろさ」をサービスとして提供できるのかということを考えてこなかったのが
なかなか方針を決められない原因となっています。
影山くん本人の好みとして書きたいものは、もちろん作品にいれてもらって構わないのです。
でもそれは料理におけるスパイスなわけで、食材ではないんですね。

で、なんとかひねりだしたのが「異能バトル」ということなんですが、とはいえ特にこういう熱いバトル展開をやりたいみたいな
思い入れも持っていなかったようで、じゃあどういうバトルで読者を魅了したいのかまるで決まりません。
というか決める決めない以前に具体的にやりたいことがあっての異能バトルのはずなんですが、ここでも本末転倒です。
そして今週はたっぷり時間がとれたので、よくよく話を聞いてみると「異能バトル」から「異種格闘技」になっていました。
ただ、それでも読者にどういうふうにたのしさを提供できるかについてはまだ暗中模索のようです。

こうして見ると、赤川くんもそうですが影山くんもなかなかアイデア出しがうまくいかないようです。
なぜこうなってしまうのかというと、圧倒的にアイデアの引き出しが少ないんですね。
数も少なければ、引き出し自体も箱が小さいんですよ。
なので、相手をひねろうにもなかなかうまく機能していかないわけです。

物語を構成するには、前にも書いたとおり豊富なパターン(パーツ)を手に入れるためにも読書などが必要なのですが
アイデア出しのときに、もっとも必要なのは結局のところ「己の経験」です。特に志望者や新人作家にとってはより重要です。
正直な話、作者本人にいい意味でも悪い意味でも特出すべき個性や魅力がないと作品もまた同じく凡庸になってしまいます。
作家に変人や社会不適合者が多いのはそういう人だからこそ、作家になれたということなのですね。

そして作家の個性が作品に生きるのは、考え方もありますが、それを裏づける「経験」にほかなりません。
普通の人にはない経験があればあるほど、作家としての武器はより強く大きくなるのです。
よくラノベ作家志望者だとラブコメを書きたいという人がかなり多いんですが、ひとつ落とし穴があります。
ラブコメが好きな読者は恋愛経験が少ない人が多いわけですが、実はラブコメ作者はたいてい恋愛経験が豊富です。
考えても見てください。かわいいヒロインの女の子を描く際に本物の女の子を知らないでどうやって書けますか?
恋愛経験がない人は結局のところ他作品のヒロインからパクってくるしかないわけで、それでは劣化コピー作品にしかなりません。
おもしろいラブコメを書くには、やはり自身の恋愛体験をとおして虚構に事実を混ぜながら書く必要があります。
少年向けラノベのヒロインは現実には存在し得ない「都合のいい女」なわけですが、
現実の女をわかっていながらあえて都合のいい女を描くのと、何もわかっていないで他作品の見よう見まねの想像で描くのとでは
どちらのヒロイン像のほうが読者に魅力的に見えるでしょうか?

剣と魔法の冒険みたいに誰も経験したことがないようなものなら、まだ”ごまかし”がきくのですが
恋愛経験となると、いたって普通の経験なのであまりごまかしがきかないジャンルなのも厄介なところです。
同じように学園ものとなると、やはり作者がそれなりに学校や部活で青春を謳歌した経験なしには
おもしろい学園小説を書くなんていうのは、なかなか難しいでしょうね。
ただし高校の部活が舞台だからといって、作者も高校時代に限って部活をしていた経験が必要なわけではなく
それは中学のクラブでもいいし大学サークル、はたまた社会人サークルになってからでも応用できるでしょう。
しかし、まったく経験がないというのでは見よう見まねで他作品からパクるしかなくなり、これではまず巧くいきません。

とにかく作品のアイデアの引き出しはより多く大きいほうがいいし、それはあなたの経験の多寡で決まります。
なのでおもしろい作品を書きたいのであれば、おもしろい経験もたくさんして人生をたのしんでください。
あたな自身がたのしめば、たのしむほどあなたの作品もたのしくなる要素が増えていきますよ!



ラノベ創作塾日誌~メンバー入れ替え? および塾生1名のみ追加募集

メンバーの入れ替えを意図したわけではありませんが、新規募集に1名の応募があったのと、
遠方への引っ越しのため退塾の1名が重なってメンバーの入れ替えがありました。

退塾となったのは第1回から参加してもらっていた赤川くんで、作品の方針もようやく決まって
さて、これから具体的にプロットを煮詰めていこうという段階だっただけに私も本人も残念な限りです。

また親近に入塾したのは、遠藤さんの欠員により追加募集した女性枠での参加者です。
このブログでは仮に名前を菊池さん(命名規則により「菊池寛」から)とさせてもらいます。
菊池さんはどちらかというとラノベ寄りというよりは一般文芸よりな作品を目指しているようですね。
今回は見学というかたちだったので、実際の指導は次回からとなります。

ということで、現在の塾生をいまいちど整理してみると、現在は4名となりましてメンバーは以下のとおりです。

上野くん:現在プロットについて指導中
尾崎さん:作品の方針を決める前段階としてアイデア出し
影山くん:自分の書きたいもの(商品として読者に提供できるもの)を探し中
菊池さん:新メンバー、SFを志望とのこと

ということで、ちょうど男女2名ずつとなりまして、めざす作品についても結構方向性がバラけているので
お互いに刺激しあえる関係になってくれたらいいなと考えているところです。

さて一入一出しましたが、もともと欠員を1名募集していたこともあるので、もうひとりだけ新規募集します。
希望者は左肩に掲載しているアドレス宛に簡単な執筆経験と志望動機(2~3行程度)を添えてメールをください。
今回の募集条件は男女問いませんが、2つだけですが条件があります。

(1)小説を長編でも短編でもいいので、どこかの新人賞に投稿した経験があること。
(2)「ホラー小説」あるいは「ホラー要素のある小説」を書きたい方


以上の条件を満たす方で、毎週欠かさず夜に渋谷に来ることができるという方の応募をお待ちしています。
前にも書きましたが月1で休むくらいなら大目に見ますが、月2以上になると他の人の足を引っ張るのでやめてください。

どうしても作家になりたいという志があり、頑張れるという方からの連絡を期待しています!



ラノベ創作塾日誌~さっそく新塾生決まる!! そして新たなる募集

23日に募集した新塾生が1日も経たないうちにもう決まってしまいました。
今回は急いではいなかったので、ホラー志望というちょっと条件を絞っての募集でしたが、あっという間でしたね。
書いている私の予想以上にこのブログを熱心に読んでくれている読者が多いんでしょうね。ありがたい限りです。

と、言いつつ今週の創作塾はおやすみで新塾生が参加するのは来週からとなりますが、
いつものごとく前もって、このブログでの仮名を決めておきたいと思います。
50音順でつぎは「く」ですから、「く」ではじまる小説家というと、やっぱり『武蔵野』の国木田独歩でしょう。
ということで、新塾生の仮名は国木田くんとしたいと思います。

さて5人の塾生が決まりましたがメンツ的に当分は私を含めこの6名で進めてゆくことになるでしょう。
とはいえ、思ったより志望者が多いこともあり、今度こそゆっくり腰を落ち着けて募集したいと思いまして
ここで有料のプレミアム塾生を募集してみたいと思います。
さすがに無料指導の一般塾生と同じでは申しわけないので、懇切丁寧完全個別指導とします。
学校の作文以来という方でもイチから丁寧に小説(ジャンル問わず)の書き方を教えます。
基本的には厳しく指導していますが、望むのであればやさしくも指導します。
料金は1時間あたり2000円、日時は平日の夜、場所は渋谷、新宿、池袋あたりのカフェなど希望により応相談。
時間は1回1時間から3時間まで、頻度は週三でも週一でも月一、1回限りでも希望者に合わせます。
希望者がいないならいないでもいいので、しばらく新規募集がなさそうなので欠員の空き枠を待ってられない、
多少のお金で解決するなら払ってもいいという方がいましたら、ご連絡ください。



HOME
広告: