L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

TCGだけがカードゲームではない!(その1)

CCA(カードゲーム文化振興協会)なる団体が発足したそうです。
我らが日本ウノ協会もまたカードゲームの団体なので、ちょっと触れておきたいと思い記事を書いてみたいと思います。

それにしても思うのは、団体の名称である「カードゲーム=TCG」というのは個人的にいただけません!
そもそもTCG(トレーディングカードゲーム)というのはカードゲームの一種ですし
英語で単に'card game'といえば、一般的には日本でいうところの「トランプ・ゲーム」のことです。
さらに狭義の意味ではトランプゲームの王様である「ブリッジ」、およびそれに類するトリックテイキングゲームを意味します。
ちなみに映画や小説でヨーロッパの貴族が舞踏会のとき別室でカードを楽しむシーンがあれば、それは絶対にブリッジです。
(残念ながら今の日本ではマイナーなゲーム扱いなのでルールを知っている人も限られてしまっていますが……)
ですから語彙的にTCGのみを指してカードゲームの呼称を使用されるのは抵抗を感じてしまいます。
とはいえTCG市場は他のゲームより圧倒的に大きいのですが、それはビジネスモデルの問題ですから。

そもそもTCG(トレーディングカードゲーム)は和製英語で、英語圏ではCCG(コレクティングカードゲーム)と呼ばれていますが
その起源は、まずコレクティングカードまでさかのぼります。
これはアメリカのタバコの販促品の野球選手のカードをオマケに付けたのが大ヒットしたことで広まり
日本でも仮面ライダースナックやプロ野球ボテとチップのカード、ビックリマンチョコ等がかつて人気を博しました。
またオマケから独立してカードやシール単体での販売もはじまり内外問わず昔から人気がありました。

そういったカードコレクション文化の土壌のうえに、このカードをゲームで遊んでしまおうと開発されたのが
世界初のTCGである「マジック・ザ・ギャザリング」だったんですね。
本来の開発動機としてはTRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)の片手間に遊ぶためのゲームでした。
なにしろTRPGはちょっと遊ぶときは1日がかりで、人数も4人は必要なため手軽ではなかったんですね。
ですから参加者が集合時間に集まるまでとか休憩時間とかに手軽かつ短時間に遊べるものということで
カードゲームとしては珍しい2人用ゲームとなったわけです。4人いればTRPGやればいいって感じだったのでしょう。
トランプゲームで2人用といえば有名なのはジンラミーかクリベッジくらいですからかなり異質です。
(日本では知ってる人も少なく、広く知られている2人用トランプゲームはスピードくらいでしょうか)
同様の理由で初期のTRPG(ダンジョンズ&ドラゴンズ等)の影響でカードのモチーフはファンタジー調で
これがTRPG好きなティーンエイジャー(特にナードやギーク)に受けて世界的にブームとなります。
そのため本来TRPGの片手間用ゲームだったのがTRPGを押しのけてユーザーのパイを奪ってしまったため
長時間多人数そしてコミュニケーション能力が重要なTRPGが衰退する原因ともなりました。
(TRPGはコミュニケーション能力が最重要スキルなのに、これが苦手な人ほどTRPG好きという欠点がありました)

日本ではTRPGを遊んでいた層にマジック・ザ・ギャザリングが流行しましたが一部に留まるものの
マンガ『遊戯王』で紹介され人気に火がつき、小学生たちの間で空前の大ブームとなります。
このときマンガで取り上げる際に版権的にマジック・ザ・ギャザリングを使用するわけにもいかなかったので
類似のオリジナルゲームとしたことが功を奏して、本家を越えてビッグビジネスになったのは有名な話です。
当時の『遊戯王』は不人気で打切有力作品だったために集英社もわざわざ版権をとる気はなかったのでしょうが
何が幸いするかわかりませんね。

そしてTCGがカードゲームとして最もビジネスになったのは、元になったトレーディングカードの要素でした。
それまでのカードゲームならトランプが1セットあれば遊べたし、UNOのようなものでも1セットあれば多人数で遊べます。
ところがTCGは1人が1セット用意する必要があり、しかも基本的にオールインワンのセット販売はされておらず
アタリ、ハズレがあるため欲しいカードを必要なだけ買うことができない、つまり射幸心を煽る仕掛けになっていた。
明治大正の昔からこの手の「当てもの」商法は子供に人気が高く度々禁止令もでるくらいでして
こういったことが相乗効果的に売上を伸ばしていったんですね。
逆にいうと不必要なハズレのカードを無理矢理買わせることでメーカーの経営が維持されるという点では
消費者にやさしいとはいえませんが、このように得られた豊富な資金により販促イベント等も充実するという利点があります。

以上からもわかるとおりTCGはカードゲームでも最も新参であり、かつ異質なカードゲームなのです。
そして専門店が多数存在するほど人気があるゲームでもあります。(UNOの専門店なんてありません)
それだけに私が危惧するのはTCGしかカードゲームをほとんど知らない世代が確実に排出されてきていることでしょう。
とはいえTCG誕生以前の日本においても、それほどたくさんのカードゲームが知られたわけではないでしょうが
さらに拍車をかけてしまっていることは否定しがたいと推測されます。

日本の子供たちだと知っているカードゲームというのはTCG各種を除くとどのくらいでしょうか?
最も遊ばれているのは大富豪(大貧民)なのはほぼ確実でしょう。
大富豪は数多いカードゲームの中にあっては、それほどおもしろいわけでもないのですが昔から人気がありますよね。
簡単なルール(ローカルルールは多いけど)とプレーヤー数にあまりこだわらないというのが人気の秘訣でしょうか。
あとはババ抜き、7ならべ、神経衰弱、スピード、ポーカー、ブラックジャック、ページワン、7ブリッジ……
後にいくほど知名度も遊ばれる頻度も低いカードゲームしょう。
余談ですがポーカーといっても一般的に日本人が知っているのは西部開拓時代で遊ばれていた原始的ポーカーで
現在のカジノで遊ばれる普通のポーカー(テキサス・ホールデム)とは全く別のゲームとなっています。

長くなったのでここで一旦終わりにして、次回はUNOについても交えて書いていきたいと思います。
スポンサーサイト



子供の頃に買えなかったものを作る

3月9日は「ザクの日」ということで憧れだった1/60スケール量産型ザクの旧キット(画像の箱絵)をついに入手しました。

RIMG0069.jpg

今も昔も2000円と今にしてみればそんなにべらぼうに値段が高いキットではないんですよね。
最近のガンプラだと1/144スケールでも精密モデルのRGシリーズのザクだと定価2700円もしますから。
当時の1/144は基本300円でしたので、小学生にしてみるとデカいのを1つ買うより数がほしい年頃だったので
1/60なんてビッグモデルはお大尽の子供くらいしか持ってなかったんですよね。
庶民の子供にとっては玩具店、模型店の棚で見かけるだけの羨望のプラモだったわけです。
そもそも箱からして小学生が抱えて家に帰るのに苦労しそうなほど巨大だったので買うのも躊躇してしまうのです。
大人になって見ても、やっぱりかなりデカいです。箱もデカければパーツも驚くくらい大きく見えます。
パーツ数がそれほど多くないんですよ。ひたすらひとつひとつのパーツのサイズがとにかく大きいのです。
それにしてもバンダイさんは物価と関係なく当時と同じ値段で販売してくれるのがすごいありがたい。

画像のザクは以前買って途中で作成放棄していた1/72メカニックモデル・シャア専用ザクと1/144シャア専用ザクです。
(ちなみに1/144シャア専用ザクは人生で初めて接着剤を使って作ったプラモデルでもあります)
ふたたび作りはじめたので未完成ですが、こうして写真で見ると結構プロポーションがいいですね。
1/144のキットと比較するとTVアニメ版のプロポーションをかなり忠実に再現しています。
1/60は1/72より更に巨大で全長30センチクラスなのですが、価格はメカニックザクのほうが高かったんです。
なんせカットモデルで内部構造が見えるという趣向は当時斬新でしたからね!
(1/100MGシリーズの最新キットだと内部構造を組んでから装甲パーツを貼りつけるので総てメカニックモデルですが)
こいつを店頭で最初に見たときは本当に欲しかったんですが買えなかった(買わなかった)んですよね。
カットモデルというだけでなくモノアイ、コックピット、なぜかスネの3箇所がムギ球(別売)で点灯するギミックもあります。
今回はムギ球では寿命が短すぎるので手持ちにあった赤色LEDで代用しました。(一応モノアイ以外の箇所も光ってます)

この当時の大型キットでは、この頃から色プラになっていて特に塗装しなくても成型色が色分けされているので
素組みの完成品が見栄えがするようになってるんですね。(画像のザクもほぼ塗装していません)
メカニックモデルだとザクは色プラですがガンダムは色分けされてなかったりと過渡期です。
また1/60も同様にザクやドムは色プラで、ガンダムはまだ色プラになっていません。
そしていまのガンプラでは当たり前になったポリキャップもまた1/60キットが最初に使われたものとのことです。

とはいえ、パーツの"合い"が悪いし、パーツ分割も俗にいうモナカのためパーティングライン(繋ぎ目線)を消すのに
ヤスリがけしたりパテを盛らないといけなかったりと手をかけないといけないというのが
最新の説明書通りに組み立てるだけで完成度が高い今のガンプラとは違うところが欠点ですが魅力でもあります。
正直、旧キットばかり作っていると疲れますが、たまに手をだすとおもしろいですよ。
いつもあるわけではないですが頻繁に再販されているので、昔を懐かしんで作ってみるのもおすすめします。

これが小説と何の関係があるかというと、あまりないのですが以前エントリーした記事にも書きましたが
ガンダムではなくガンプラを題材にした一般小説というのもあるので(下記リンク)、何がネタになるかわからないというか
要は作者の趣味というのは意外とどんなものでも小説のネタになるので、いろいろやってみてください。

ガンプラでいじめを克服する小説があります!

ラノベ創作塾日誌~「書きたいもの」は「思いつき」ではない!/【告知】青空文学カフェ計画

ここ最近、創作塾日誌を記事にしないのは、正直言って塾生の進展があまりないからです。
当塾は最速を謳っているわけなので、独学なら長編小説を3作、4作と書いていくうちに、
数年間かけて段々と気づいてゆくことを指導3回目にははっきりと突きつけてしまうんですね。
塾生のためにはこれが一番の最短経路なわけですが、どうも衝撃が強すぎて堪えられない人が多いのも事実です。
たしかに突きつけられる壁は大きく高いですからね。いきなりこの壁を超えろと言っても難しいのもわかります。
とはいえ、独力で数年間かけて壁にぶちあたるまで放浪するか、道案内してもらってすぐ壁の前に来るかのちがいで
壁のサイズはまったく変わることはないので、壁を乗り越えられない人はどっちみち無理です。
ただ独力で壁にぶち当たった人というのは数年間、ひたすら報われずに努力できる根性がある人だけが残っているので
壁を乗り越える努力にも堪えられる人が既にふるいにかけられて残っているというだけにすぎません。

では、ここでいう「壁」とはなんでしょうか?
それはこのブログでも再三指摘していますが「自分が本当に書きたいもの」です。
なんだ、そんなことかと思う読者も多いでしょうが、これを乗り越えることができないんですね。
塾生のほとどんどが、自分が書きたいと思うものが特にないんですよ。
前にも書きましたが「(作者として)自分が書きたいもの」=「読者をどう楽しませたいか」ということです。
このとき作者の趣味趣向については作品の端々にちりばめるのは自由ですが、それは本質や本筋とはなりません。
となると、もう塾生の全員がうーんと唸ったまま黙ってしまうのです。
私としてはいろいろと誘導尋問するんですが、誘導するとそのまま乗っかっちゃって、その気になるのはいいんですが
結局はよくわかってなかったり、本当は自分の求めているものではないので挫折してしまうので
あまり誘導しすぎるのもよくないので控えめにしていると、今度はほとんど先に進めず足踏み状態になってしまいます。

要は商業デビューしたいのにお客さんのことを考えてこなかったんですね。
読者にお金を払って自分の妄想を買ってもらうわけですから、対価に見合うサービスを提供するのは当然ですよね?
そこのところをまったく気づいていないで作品を書いているうちはエンタメ小説は書けません。
純文学であれば、これはもう自己表現芸術ですので、どうぞお好きにお書きくださいとしか言えません。
純文学に関しては完成した作品を他者が認めるか認めないかという結果論だけがあるだけです。
でもライトノベルをはじめエンタメ小説、大衆小説といったものは読者あっての作品ですから
自分の訴えかけたいものとか主義主張よりも読者をたのしませることが第一義となるのは当たり前です。
それができない、厭なら趣味で書くべきでしょう。

まあ、ここまで堅苦しく考えなくてもいいんですが、普通、作家になりたいというからには
書きたいものの3つや4つは常にあるものだと思っていたんですが、塾生はそうではなかったようです。
捻りだすなら10や20のおおまかな構想くらいぽんぽん出ないとプロとしてはつとまりません。
何を書こうかと悩むのではなく、あれもこれも書きたいけど時間的にどれを優先させるか悩むのがプロレベルです。
本音を言えば、私としては作家を志している人はたいていそういうものだと思っていたのですが
実はまったくそんなことはなく1本のアイデアを出すのさえ四苦八苦しているのが実情のようです。
逆に言えば、ぽんぽん読者を楽しませるアイデアがでる人は圧倒的なアドバンテージだと思っていいでしょう。

つまるところ、何で作家志望なのに書きたいものが見つからないかというと単なる「思いつき」のアイデアをもってして
これを題材にして書いてやろうとしか思っていないようで、どうもアイデア出しを軽く見てるからなんですね。
当然ですがそうではありません。いかにして読者の興味をひかせ、引き込み、楽しませるかということを
緻密に計算したうえで出てくるものだけが「作家が書きたいもの」といえるものです。
算数の問題と同じです。途中式を書いたりして、やり方なり手法などがわかるようになっていれば答えが間違っていても
ヒントも出せるし、計算ミスも指摘してあげられますが、何も考えずに直感だけで答えだけを書いた生徒に対しては
学力を向上させるための適切な指導はできないと思いませんか?
たしかに「1」とか「2」とか解答欄に適当に書いておけば、稀に正解することもありますが、それは運の話です。
たとえれば誰でもわかりきってることでも、いざ小説のことになるとみんなできないのです。
みなさんもよくよく考えてアイデア(問題の答え)を見つけていってください。

【告知】
そして、ここで告知です。
新学期直前ということで、新企画をやってみようと考えています。
その名も「青空文学カフェ」――作家志望者が集って語り合う場所を提供しましょうというものです。

そして青空というのでもわかるように経費削減のため屋外(都内公園)なんかでやってみようと思ってます。
とりあえず第1回は花見シーズンも落ち着いた4月11日(土)か12日(日)を計画しています。
好評なら隔月くらいでやってみたいですね。そんなに大人数にもならないと思いますし。
参加費等は完全無料です。ドリンク(アルコール、ソフト)やフード類などは日昌晶が自腹で用意します。
手ぶらで参加できます。もちろん差し入れは大歓迎です。
小説を書いている、書いていた、これから書いてみたいといった人であれば老若男女だれでもOKです。
詳しくは続報をお待ちください。

それと、最速!ラノベ創作塾についても新メンバーを近いうちに募集する予定です。
今回からは毎週ではなく隔週くらいの頻度で試してみようと考えてます。
条件としては経験不問で25歳以下の男女3人ずつの募集を予定しています。

【新年度】最速!ラノベ創作塾6名塾生募集します

前回、少し告知した通り、新年度ということで新しい塾生を募集します。
去年5月からスタートしている企画ということで、だいぶ指導についてこなれてきたということで
若干の改革をくわえつつ新たな気持で創作に励みたい方を募集することになりました。

従来は毎週ということでしたが、今回からは隔週にします。
毎週となると塾生の負担も大きいのと、毎週にしても課題をやってこないと指導する意味もないので
しっかり課題にとりくむ時間をとってもらうべく2週間に1回の頻度にします。
これにより指導できる人数も2倍に増えるので今回は一挙に6名まで募集します。

【塾生応募の資格・条件】
(1)募集人数:最大6名(男女3名ずつ)
(2)年齢:18歳~25歳(高校生不可)
(3)資格:執筆経験不問、日本語でコミュニケーションができる方
(4)条件:ほぼ確実に隔週で水曜日の18:30~19:30までの間に渋谷に来られること、ちゃんと課題をこなすこと
(5)指導料:完全無料(交通費だけは負担してください)


今回の条件は新年度ということもあり、比較的若い方を対象に指導していきたいと考えています。
これにより現在の塾生より下の年代となるので幅広く年齢層にて意見交換や刺激を受けてもらいます。

また今回から作品の方向性と実力によってクラスも分けようと考えています。
創作塾では他の人への指導、アドバイスも他人事としてではなく我が身のこととしてよく聞いてほしいのですが
とはいえ実際には実力差や作品の方向性のちがいがあると指導もアドバイスも参考にならないことがあるからです。
たとえば初心者レベルの人が中級者以上に対するアドバイスを聞いてもちんぷんかんぷんですし
逆に中級者以上にとっては初心者レベルの人に対するアドバイスは一度は初心を忘れないために必要ですが
何度も何度も同じような基礎的な話を聞いても時間の無駄になってしまうという事例があったんですね。
よって以下のように時間帯によってクラス分けを実施しようと思います。
とはいえ最初はほぼ初心者レベルでしょうから、進度を見ていずれ固定化させてゆく予定です。

Aグループ(男性向け作品志望) 4月1日開講
18:30~19:30 初心者・初級レベル対象
19:30~20:30 中級者・上級者レベル対象

Bグループ(女性向け作品志望) 4月8日開講
18:30~19:30 初心者・初級レベル対象
19:30~20:30 中級者・上級者レベル対象

こんな感じでやっていきますので、どうしても小説家になりたい、作家デビューしたいという方はご応募ください。
基本的に先着順にて受け付けますので、ぜひやってみたいという方は当ブログの左肩にあるメールアドレスまで
氏名、年齢、執筆(投稿)歴、めざす作品の方向性など簡単な自己紹介を添えてご応募ください。

ただし無償の指導ですので懇切丁寧ではありますが、かなり本格的で厳しいことは覚悟してください。
おカネをもらっているのであればサービス業としてお客様扱いしますが、そういう遠慮はいっさいありません!
最も効率よく最短で受賞レベルに到達することを再優先とする指導内容となっています。

【無料】青空文学カフェ参加者募集【4/11土】※雨天時の追記あり!

代々木公園

これもまた前々回にちょっと告知したイベント企画のひとつです。
こちらはより気軽に参加してもらえたらいいですね。

このラノベりあん読者である作家志望者を対象とした文学的交流の場として愉しんでもらえたらいいなと思っています。
特に何かやるというわけではないですが、日頃あまり交流がないという作家志望者で集まって
お互いに刺激し合い、励ましあったりすることで執筆のモチベーションを高めてもらうことが目的です。
この新年度、新学期、人生を左右することになる新たな出会いと感動があるかもしれません!

季節的に過しやすい春ということもありますし、経費削減の意味も兼ねまして青空こと屋外での開催ということで
カフェとは銘打ってますがピクニック気分で参加してもらえたらなと思っていますので、ぜひ参加してみてください。

雨のため下記の場所に変更となりましたので、参加者は注意してください。次回こそは晴れることを願っています。

【日時】2015年4月11日(土曜日)14:00~無制限 (途中参加退出可)
【場所】代々木公園(JR原宿駅下車5分) 詳しい場所は後日、参加者に連絡していきます
【集合】代々木公園原宿門前の時計下
【人数】最大20人まで
【会費】完全無料 (レジャーシート、飲み物、フード類は用意します) 差し入れ大歓迎です!
【持ち物】防寒対策用品、あれば照明器具(※)
【資格】一般常識とマナー、ルールの守れる方、他人に迷惑をかけない方であれば誰でも大歓迎です!


参加ご希望の方は、当ブログ左バーにありますメールアドレスに参加希望の旨を書いてメールをください。
追ってこちらから会場となる場所(混雑具合等で当日変更の可能性あり)や連絡事項などを返信させてもらいます。

まずは第1回ということですので、それほど大人数は集まらないかもしれませんが、あまり多すぎてもよくないですし
お互いに顔と名前を憶えられるくらいの人数で集まって創作についての意見交換や交流を深めてください。

【追記:雨天の場合】
※4/10現在、当日も雨が濃厚のため前日ですが雨天時の会場に決定しました。

【日時】2015年4月11日(土曜日)15:00~19:00 (途中参加退出可)
【場所】HUB池袋サンシャイン通り店(池袋駅徒歩3分 豊島区東池袋1-15-1 菱山ビルB1F)
【集合】現地集合(直接お店に来てください、わかりやすい目印のボードを用意しておきます)
【会費】基本飲食無料(自腹での注文も自由)
【人数】8人まで
【持ち物】特になし


現在、5名まで参加者が決まっているので、雨天の場合はあと3名まで募集します。

最速!ラノベ創作塾の再募集【年齢制限なし】

新年度に向けた塾生の募集を行いましたが、条件の年齢制限がどうにかなりませんかという問い合わせが何件かありましたので
本当にやる気さえあれば年齢問わずということで再度募集をかけてみることにします。
※現在の応募状況により募集人数も若干変更になっています。

【塾生応募の資格・条件】
(1)募集人数:最大4名(男女2名ずつ)
(2)年齢:不問に変更 18歳~25歳(高校生不可)
(3)資格:執筆経験不問、日本語でコミュニケーションができる方
(4)条件:ほぼ確実に隔週で水曜日の18:30~19:30までの間に渋谷に来られること、ちゃんと課題をこなすこと
(5)指導料:完全無料(交通費だけは負担してください)

その他の詳細については、3/21のエントリーを読んでみてください。

とにかく自分が気付かずに抱えている問題点や欠点を第三者視点で洗い出して
それらを確認して修正していくことで最短で効率よく実力を高めたいという志望者を待っています!

それと志望者同志の交流を目的とした青空文学カフェ立ち上げの初期参加者も募集します。
参加者的にはもう少し増えてもらえるとうれしいのが本音です。

【無料】青空文学カフェ参加者募集【4/11土】

こちらもよろしくお願いします。
HOME
広告: