L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

【注意】書く人よりも読む人のほうが能力を求められます!

作家志望者の中には自分の作品を友達に読んでもらうことが多いかと思います。
ところが、この行為は非常に高いリスクを含んでいるのを知っていますか?

なぜリスクが高いかというと、友達の感想ほどアテにならないものはないからです。
ここでいう友達というのは単なる読書好きとか同じ作家志望者とかそういう人たちです。
プロ作家や編集者の友達がいて、その人に読んでもらっているような場合は除外します。

どうしてアテにならないかというと、まずどこがおもしろいのか、またどこがつまらないか
そしてどうすればおもしろくなるかといったことが指摘できるほど理解しているくらいなら
その人が作家なり、別のジャンルのクリエイターなってることでしょう。でも、たぶんちがいますよね?
つまり素人考えをまじめにうけとってしまうことになるわけですから、これほど危険なことはありません!

たいてい素人の意見というのは本質的な部分とは関係ないところを突っこんでくることが多いのと
結局はその人の好き嫌いを非常に全面的にだしてきますので、その人だけに向けて書いているのならともかく
より多くの読者を対象としているのであれば、特化しすぎて一般ウケしないことが多いのです。
小説に対する楽しみ方は千差万別ですから、すごく読書量が多い人であっても普通ではない楽しみ方しているかもしれません。
極端な例では誤字脱字を見つけることが無上の楽しみだという人だっているわけです。
そんな人に感想を訊いて「君の作品はおもしろかった(つまらなかった)よ」と言われたとして
それはあなたにとって何か得るものがあるでしょうか?
しかも、そういう人は「誤字脱字の多寡」をおもしろさの判断基準にしているとは言ってくれません。
さすがにこれは極端すぎますが「エロシーン」があるだけで満足、「ツンデレヒロイン」がでなければ全否定なんていう
読者は少ないわけではないということをよくよく心に留めおいてください。

あと文章の読みやすい、読みにくいなんていうのも、その人の読解力に左右されがちです。
低年齢層向けラノベや児童向け作品を狙っているのなら役に立つかもしれませんが
たいてい文章表現についてのみ、いろいろ言ってくる人の意見はトンチンカンな場合が多いですね。
なぜならその人はストーリーについて語るだけの能力がなくて、なんとか意見を求められると
どうしても目に見えやすい文章そのものの感想を言ってくる場合がほとんどです。
作家志望のオフ会などで回し読みなんてすると、助詞の使い方などどうでもいいことで
不毛な論争が起きたりするのを経験したことがある人もいると思います。
そしてどちらが正しいかではなく、たいてい声の大きい人が論争に勝つのです。
実際のところは完全に意味不明の文章でなければ、ラノベではさほど文章は問題視されません。
文豪でも読みにくさが逆に味があると言われたり、逆に美文すぎると読者が眠くなるなんてこともあるのです。

では、友達に感想を求めるのは意味がないかというと、まったくそういうわけではありません!
読んでもらえる知人友人がいるなら進んで読んでもらいましょう。
そのとき注意するのは「おもしろかった」か「つまらなかった」かの全体評価のみにすることです。
たとえば「この大ヒット作品を5点満点としたら、ぼくの作品は何点くらいだった?」
と訊いてみるのがいいでしょう。それ以上のことを求めてはいけません。

素人のおもしろい、つまらないだけのの二元的評価はすごくアテになります。
なぜなら読者の99%以上が素人だからです。
しかし、彼らのほとんどが作家や編集者にはならないし、その技術の才能もありません。
よって彼らにアドバイスを求めてしまうのはやめておくほうがよいでしょう。

どこを直せばいいか判断してもらいたいなら、少なくとも3次選考までいった人に読んでもらうべきです。
そこまで言っている人であれば、基礎技術的なところは理解していることが多いので
基礎部分について欠けているところがあれば教えてくれるはずです。

あなたは自分の作品を誰に読んでもらっていますか?




【あと4名】最速!創作塾塾生募集中

ちょっと日にちが経ってしまったので、改めて募集告知です。
現在男女2名ずつが互いに切磋琢磨して最短デビューをめざしてがんばっている創作塾ですが
残り枠として、男女2名ずつを追加で募集しています。

今のところ一次選考落ちの塾生から最終選考まで残った塾生まで幅広い実績の塾生に教えています。
今までひとりでやっていては長く経験を積まないと気づけないところも、すぐ指摘して個別指導してゆくので
厳しさと難しさは半端ないですが、努力さえ怠らなければみるみる成長してゆきます!

【塾生応募資格・条件】
(1)募集人数:最大4名(男女2名ずつ)
(2)年齢:不問(高校生以下不可)
(3)資格:執筆経験不問、日本語でコミュニケーションができる方
(4)条件:ほぼ確実に隔週で水曜日の18:30~19:30までの間に渋谷に来られること、ちゃんと課題をこなすこと
(5)指導料:完全無料(交通費だけは負担してください)

なにがなんでも作家になりたいという目標のある方は、ブログ記載のメール宛に応募してください。
基本先着順で受け付けてゆきます。

それでは、よろしくお願いします!




大人の科学な特撮写真を撮ってみる

USB特撮カメラでエレキング

学研「大人の科学」がちょっと安く売っていたので、前から気になってはいたけど買っていなかった「USB特撮カメラ」を購入。
200万画素とトイカメラ並みの画質でしかないものの被写界深度が接写で広かったりと、ミニチュア撮影に特化しているので
なかなかおもしろい感じで写真や動画が撮影できるみたいです。

ということで試しに撮影したのが、この「エレキング街に出現!」という写真です。
街の情景は特撮カメラが梱包されていた紙箱に描かれていたカキワリを切り抜いて配置してみました。
それと空となる背景には大きな色画用紙を使用してみました。
エレキングはウルトラマンスタンプラリーで怪獣ブームになったときに購入したスケールの異なる2匹を使用して
奥の高層ビルと共に見せかけの奥行きを演出しています。

どうしても画像が粗くなってしまうのですが、古いウルトラ怪獣だとそれっぽい雰囲気が出てごまかしがききますね。
もうちょっと広く撮影できれば距離をとって手前の情景のピントも合ってきてより特撮っぽくなったんでしょうが
背景スクリーンの大きさの関係で接写になってしまったため、これが限界となってしまいました。

せっかく購入したので動画も含めていろいろ遊んでみたいと思っています。







【あと3名】最速!創作塾塾生募集中

前々回のエントリーで募集をかけました塾生募集についてですが、
さっそく応募がありましたので募集人数が変更になります。

男性1名の応募があったので、残る枠は男性1名、女性2名となります。
現段階では現在の塾生グループは基礎的な指導は終わっているため、
また最初から初歩の指導というのも効率がわくなってしまいますので、
別のグルーとしてスタートさせる予定でいますので既存のメンバーをAグループとし、
これからのメンバーをBグループとしていきたいので、今から始めたいという人にはうってつけです。
初回は早ければ5月20日(水)を予定していますのでお早めに。

ただし作家デビューを目標としますから求めるレベルは非常に高いので、指導は厳しいです。
中途半端な気持ちでは応募してこないでください。
それでもついていくという決心のできた方はブログ記載のメール宛に応募してください。
基本先着順で受け付けてゆきます。

【塾生応募資格・条件】
(1)募集人数:最大3名(男1名、女2名)
(2)年齢:不問(高校生以下不可)
(3)資格:執筆経験不問、日本語でコミュニケーションができる方
(4)条件:ほぼ確実に隔週で水曜日の18:30~19:30までの間に渋谷に来られること、ちゃんと課題をこなすこと
(5)指導料:完全無料(交通費だけは負担してください)

前回の募集記事:【あと4名】最速!創作塾塾生募集中

創作の才能があるかどうか簡単に自己診断

誰しも思うことのひとつに自分には創作の才能があるかどうかという疑問があります。
とはいえ、はたして自分に才能があるのかどうかということは実際に新人賞で二次選考なり三次選考と進まない限り
なかなかわかるものではありませんし、なにより客観的評価になるので主観的に判断しにくいんですね。

ということ、きょうは自分自身で簡単に自分の才能の有無を判断する診断方法を紹介してみます。
診断基準は至極単純明快であり、たった1つの質問にYesかNoで回答するだけなので瞬時に結果がわかります。
それではいきます。

【設問】
友達や仲間内(学級、クラス、サークルなど)でゲームやマンガ、小説、オモチャなどなんでもいいので
自分の好きなものを紹介して、それを仲間内で一時的にでもブームを起こしたことがありますか?


この設問が「はい」ならあなたには、ほぼ確実に才能があります。さらに回数が多ければ多いほど才能に恵まれています。
「いいえ」の場合、才能がないとは断言しきれませんが、残念ながら才能にはあまり恵まれていない可能性が高いです。

なぜ仲間内で何かを流行らせた経験の有無で創作の才能が判断できるのかというと、当然といえば当然なんですね。
まず、あなたが紹介したいもの、流行らせたいもの、俗に「布教」したいものが潜在的ニーズがあるかどうかで、
あなたのセレクトのセンスや興味対象が他の人たちと共通性があるかどうかわかります。
前からこのブログでも説明している通り創作において大衆とのセンスのズレはエンタメ作家としてはかなりハンデとなります。
また仲間内のブームにどうしても乗りきれなかった経験が多いのは、さらにセンスがズレている可能性が高いので注意しましょう。

つぎにあなたが布教したいものがマニアックすぎず、それなりのおもしろさとクオリティがあったとしても
紹介の仕方、つまりプレゼンの仕方がまずいと友達に興味を持ってもらい、なおかつ購買意欲にまでつなげることはできません。
もしかしたら自分が一生懸命に紹介したときは見向きもされなかったのに、他の人がちょっと話しただけで
次に集まったときには友達のほとんど全員が持っていたなんて経験があったとしたら、
それはかなり才能を見極めるうえで残念な経験になってしまいます。そういう過去がなかったことを願ってますが。
つまり、「おもしろいもの」を「おもしろく」もしくは「もっとおもしろく」アピールできるかどうかというのは
創作センスにおいて、これもまた最重要のポイントになってきます。
ベストなのは「つまらないもの」でも「最高におもしろく」宣伝できてしまう能力ですが、そこまでは求めません。

自分の小学校、中学校時代を思い出してみてください。
常にクラスで話題の中心になるような同級生というのは、このような創作の才能に恵まれているんですね。
単に流行のものを持ってくるだけにしても、それがいかに流行していておしゃれであるのか、たのしいものであるのか
きちんと説明できなければクラス中で話題になることはないですからね。
カッコいいとかスポーツ得意とかいう以外のジャンルで人気者だったという人というのは、
特に何も考えてないうちになんとなく人気者になったのではなく、意外とどういうことを話すべきか相手を見て話題を選び
いかに相手が興味を持ってもらえるかアピールポイントを探っていたりするものです。
そういう気遣いをしてきた人は読者に対してもいろいろ気遣いができますが、そういうことを考えたことがなかった人だと
たいせつな読者のことを無視して自分本位に書いてしまって、誰からも評価されないような作品を書いてしまうわけです。

あなたは過去、どんなものをクラスや仲間内で流行らせたことがありますか?
そして、あなたが流行らせたときにどういうふうにしたかという経験は小説を書く際にとても役に立つ体験です。
読者が好みそうなキャラやストーリーをより興味を持ってもらうように演出して描いてください。




塾生の現在のレベルチェック

5月に入り、隔週指導も1ヶ月を経過したところで、現在の塾生たちの習熟度をチェックしてみたいと思います。
絶対評価としてのレベルは9段階とし、以下の到達度を目安に設定してみました。

★ノービス(作家志望者の約85%)
 【N1】ネイティブ並みの日本語の読み書きができる
 【N2】小説というスタイルを理解できる
 【N3】物語の構造や分類などが理解できる

★アドバンスド(作家志望者の約15%)
 【A1】テンプレート的な(特徴のない)小説が書ける→1次選考通過
 【A2】設定的にオリジナリティのある小説が書ける
 【A3】読者が読むに堪えうる小説が書ける→2次選考通過

★シニア(作家志望者の1%未満)
 【S1】多くの読者がおもしろいと思う小説が書ける→3次選考通過~最終選考
 【S2】他の作家には書けない小説が書ける→受賞
 【S3】良質の小説を安定して書き続けられる→プロ


だいたいこんな感じでレベル分けするのが適切ではないかなと思っています。
ちなみに私自身は【S3】を満たせていないので、【S2】までの人でしかありません。厳しい世界です。
ということで、この創作塾では【S1】まで到達することを目的としています。
【S2】以上になれるかどうかは指導してどうにかなる問題ではないので本人しだいとなりますので
やる気と根気さえ続くのであれば、ある程度のセンスを要しますので全員とはいきませんが
6割7割くらいの塾生には到達可能なレベルであると考えていますし、そう指導しています。
ただ、ここに到達する以前に壁にぶつかってしまったり、諸事情で脱落してしまうことも多いです。
気楽にたのしく小説を書くのではなく、つらく厳しい小説修行なのでしかたありません。
「努力を継続できる」かどうかは執筆における最大の”才能”なのです。

さて、それでは実際に塾生はどの程度のレベルにまで達しているのかを評価してみます。
以前はハンドルネームを使っていましたが、書いてる本人がわからなくなってくるのでイニシャルにしますね。

Rさん→【A1】  Yさん→【A1】  Kくん→【N3】  Dくん→【N2】

ちょっとオマケしている人も含めて、このあたりになると思います。
正直、全体的に男性陣が弱いのはしかたありません。
女性というのは基本的に物語を紡ぎたいから作家志望になる人が多いのに対して
実は男性は設定から入ってしまったりするので、最初からハンデがあるんですね。
そして当然ながら私の指導はキャラとストーリー重視になりますから、自分のやってきた方法と正反対で
なかなか素直に受け入れられないことが多いようです。

【N3】から【A1】へは、かなり高い壁があるので、前々から言っている通りここが最初の関門です。
ここを通過できれば【A3】まではそれほど苦しまずに到達できるのですが、最も脱落者が多いんですよね。
しかし壁といっても読書量を増やしたり、積極的に課題をこなすなど努力でどうにでもなる程度のものなので、
ここを越えられないのは残念ながら努力不足としか言いようがありません。
正直、ノービスの人は原稿を書くよりも読書を優先したほうが実力アップします。
ノービス段階では書いても書いても結局は小説になっていないので、それほど実力は伸びないんですね。
いわば一画多いとかたりない間違った漢字を何度も漢字練習帳に書いているようなものです。
何万回も書いたところで漢字テストはいつも0点となってしまうように、結果は得られないでしょう。

理想的なのは【A1】になってから、ようやく自分の作品というものを見つめていって書き始めてほしいです。
執筆をはじめてすぐ結果を出してしまうという人は、もう子供時代に充分な読書なり体験なりをしてきたことで
すでにレベル的に自然と【A2】以上に達しているんですね。なので努力したという意識がありません。
しかし残念ながらそういう人は極めて少ないので、そうでない人は地道に努力していくしかありません。

とりあえず本格的に夏に入る前には、全員でアドバンスドまで進んでもらえるとうれしいですね。
私としてもノービスの人には基礎ついてひと通り説明したら、あとは本人の努力しだいということもあり
成長してくれない限り毎週毎週同じことの繰り返しになってしまうのです。それでは私も塾生もたのしくありません。
アドバンスドに進むことによって、よりクリエイティブな指導にしてゆくためにも塾生にはがんばってほしいです。





塾生個人評、および新塾生募集(あと2名)

前回は絶対評価のみでしたが、今回はもう少し突っこんで、現段階での評価について書いてみたいと思います。
塾生のレベルとしては総合的には突出して差があるわけではないのですが、やはり個人の得手不得手があり
どこを伸ばし、どこを補うかといったところは指導する際に特に気をつけているところです。
では、さっそく紹介していきます。

【Rさん】
某賞の最終選考まで残った経験があるので勢いとか筆力は高いです。
発想力についても塾生の中ではかなり高いものを持っているのが大きなアドバンテージです。
ただ欠点としては、物語の構造をよく理解しきれていないため、それぞれの設定におもしろいもの、
魅力的なものがあっても、それぞれがバラバラで小説の中で有効に機能していません。
各設定がきっちり歯車のように噛んでストーリーを動かせば劇的に作品の魅力が増してくるでしょう。

【Yさん】
よくもわるくも一般読者の求めるものをきっちり押さえることができるのですが、それがアダとなってしまい
オリジナリティを出すのが苦手なのがマイナスポイントになっています。
登場人物の設定についてもっと深く掘りさげることで登場人物たちの情緒や心理をもっと作りこんでゆくことで
そこにキャラの個性としてのオリジナリティを出していってほしいところです。

【Kくん】
自分の作品の中でやりたいことについては最もわかっています。
しかし残念なことに難しい題材なだけに、それを書くだけの知識や筆力がまだ備わっていないところで苦戦しています。
あとはYさん同様にテンプレ的なキャラは作れますが、そこからオリジナリティを出したキャラにすることが苦手です。
ともするとオリジナリティを出そうとして、逆にキャラとしての魅力が削がれてしまったりするので
どういうキャラが読者にウケるかというポイントをはずさずにキャラを作り込めるようになってゆくと
ストーリー展開についてももっとスムーズにおもしろいものが浮かんでくるでしょう。


【Dくん】
まだ指導をはじめたばかりなので、どうしても他の3人よりはまだもう一歩という実力となっています。
今までは世界設定などを中心に考えてしまう癖があり、これを直して第一にキャラ、第二に物語としていかないと
なかなか先には進まないので、わりきって効率的な創作方法を習得していってほしいところです。
とても真面目な性格なため、発想に柔軟性が欠けているので視野を広くとってゆくのも今後の課題です。
スタートしたばかりなので伸びシロについては一番可能性があると思います。

どうでしょうか。4人4様といった感じで、レベルが同じであってもやはり一律的に同じものではないんですね。
そこで、それぞれの個性に合わせて指導してゆくことがたいせつになってくるわけです。
現時点では基礎レベルの内容が多いので、指導するにも共通するポイントも多いのですが
やがてレベルが上昇していけば、より指導も各自特化していって個別指導の意味も大きくなっていくでしょう。
そこまで達するまでは、塾生は指導を受ける受けないよりも努力するかしないかでしかないで決まっていくので
一にもニにも努力を惜しまないでほしいと思っています。

前から言っている通り、私が指導したからといって、それだけで実力は少しも伸びません!
私の指導というのは、努力の仕方が正しいのかどうかガイドラインを示すだけのものです。
たとえるなら単なる「カーナビ」でしかない存在です。
だからガソリンが入った車に乗った運転手が意思を持って運転しない限りも先に1ミリも進みません。
ともすると私のことをバスやタクシーのように思ってしまう人もいるようなのですが
勝手に目的地に連れて行ってあげることは絶対にできないので、そこは勘違いしないでください。

そして私の目から見る限り塾生の努力は全般的にたりていません。
プロ作家になるというのは、いわばプロスポーツ選手になるより人数からして確率は低いでしょう。
では、あなたはプロスポーツ選手になろうとしている人ほどの努力を創作や執筆でしていますか?
ちょっと強いくらいの学生の部活でさえ年間360日以上つらく厳しい練習や試合をしてたりするわけです。
たぶん塾生もこれを読んでいる読者もそこまで運動部並に小説を書く練習をしていますか?
あなたが天才でない限り必死の努力なくして針の穴ほどの狭き門をくぐることはできません。
そして天才なら鼻くそをほじりながら初めて書いた小説で、とっとと受賞してデビューしています。
少なくとも私くらいの中途半端な才能でさえ初長編小説で受賞していますから、それができない、できなかったのであれば
天才どころか英才にも届かないくらいの才能しかないことを認め、とことん努力で補うことしかできません。
みなさんの努力に期待しています!

【塾生募集あと2名】
そして塾生の応募がまたひとり増えたので男性枠は埋まり、残る枠は女性2名となりました。
6月17日スタートで調整していますので、厳しい指導に負けない意思のある方はぜひご応募ください。
応募方法などは過去のエントリーにも何度か書いているので、それを参照してください。



HOME
広告: