L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

君の名は聲の形で乙武さん……真の障害について考える

ちまたでは映画『君の名は』、『聲の形』が大ヒットしてます。
こういうヒット作が出てくると必ず出てくるのがアンチの存在です。
で、これらの作品に対しての否定的意見として出てくるのが「結局のところ主人公たちが美少女、イケメンだから」だから
物語が成立するんだろというものをネット上で見受けました。
たしかにそうなんですよね。入れ替わるにしても、聴覚障害を受け入れるにしても、これがキモメン、ドブスだったとしたら
たぶんこんな美しい物語になることもなく、ひたすら淡々と収束してしまったであろうことは想像に難くありません。
なぜなら恋愛に発展していかないからであり、男女が惹かれあわなければ物語は成立しなくなってしまうわけです。
そう、この世の中、特に若い人たちの基準は美醜に重きが置かれているわけで、醜いことは悪そのものだったりします。

つまり身体障害よりも美醜のほうが、よほど我々にとって大きな問題であり、
美しければ身体障害くらい簡単とは言えなくとも高確率で乗り越えられるというなんとも厳しい現実があるとうことなんですよね。
そこで登場するのが乙武さんです。彼は御存知の通り四肢がほとんどないという重度の障害を負っています。
しかし彼はモテモテです。不倫という道徳的問題さえなければ、彼は美女たちのハーレムを築いて人生を謳歌していました!
男としてはうらやましい限りではないですか! たとえ手足のある健常者で彼を凌ぐほどモテる人は一握りです。
なぜ彼がモテるのか、ひとつに『五体不満足』のベストセラーを契機に彼は高収入であることも一因ですが
それ以前の高校生のときにはもう結構モテていたことを考えるとお金があるからというわけでもないわけです。

最大の要因は彼の顔が爽やかなイケメンであり、知的で話上手という才能があったからなんですよね。
たったそれだけで手足がないことはモテることにおいてハンデになりえないということです。
逆の場合だったらどうでしょう? たくましい完璧な肉体を持つが首から上はひどく醜く、知能も平均を下回っていたら……
ほぼ確実にそんな逆乙武さんのような人がいたら、どんなに障害者差別には反対だと主張する人であっても
彼を対等の人間としてはあつかわないでしょうし、口さがない人々はバケモノとしかみなさないでしょう。
そもそも身体障害者が差別される原因としては独特の容貌などで美しくないからという厳しい現実もあります。
物語に登場する盲目の美女や白痴の美少女がもてはやされることはあっても現実ではほぼ皆無です。

こんなおかしな現実を皮肉った映画として『シュレック』があります。
この中で美しい姫は怪物のシュレックと結婚知るだけでなく、自らも怪物の姿になることを選びます。
とはいえ、この映画は現実を逆手にとったアンチテーゼですから、この裏返しが現実であることを認めたうえでの作品です。

そして、この美醜基準の最大の悲劇が障害者よりも醜い男女のほうが圧倒的に多いという現実です。
だいたい世間的には、美:普通:醜の比率は1:2:2くらいとして認識されるんじゃないでしょうか。
無作為に異性が10人くらい集まったら、いいな、付き合いたいなと思えるような人が数人いる一方で
生理的に無理、頼まれても付き合えないという人が3、4人いる感じですね。だいたいこんなものでしょう?

結論をいえば、身体障害者よりも数が多く、それでいて対人関係においてはハンデも大きいブサイクなのに
行政など社会的にはなんら援助の手を差し伸べていないという事実です。美容整形だって保険は適用されません!
私はこのような社会的に醜いという一点で大きな支障をきたしている人にも支援してゆく必要を感じています。
かつてはお見合い結婚ということで、ブサイクな人でもそれなりに結婚相手が決まてくれる世の中であったのに
いまの自由競争の時代においてはセーフティネットがあまりにもなさすぎます。
民間ではアニメや漫画、ライトノベル、アダルトビデオなどといった物語世界の提供のみが唯一の受け皿ですが
そこに溜まってしまうと脱出するすべはなく、蜘蛛の糸が垂れてくる期待値は地獄よりも低いかもしれません。

独身男性の7割以上が現在交際相手がおらず、4割については童貞であるという日本社会についてどう考えるか
自分として何を提言できるかということを作品の中で語るというのもおもしろいかもしれませんよ!
スポンサーサイト



なぜモテない男は多いのか? 女が男を好きになる確率について

各種統計をだすまでもなく、まったくモテない男子は山ほどいるのに対して、まったくモテないという女子は非常に少ない。
語弊はありますが、女の子であればよほどのことがない限り、誰からも誘いを受けないというはありませんが
男の子に限ってはさほど悪くはない程度であっても、まるで相手にされないことが多いという不条理を実感したことはありませんか?
実際のところ、これはだいたい男が原因であって、穴が空いていれば誰とでもやりたいという輩が一定数いるためであり
女性にはそういうタイプはいないとはいいませんが、ゼロに近いほど稀な存在だからです。

ではなぜ、そういうことになってしまうのかというと、それは男女の恋愛対象への意識の仕方が異なるというのです。
ざっくり言ってしまえば男性が女性を見るとき、恋愛対象になるかどうかの判断は【ストライクゾーン】によって決定されます。
「だいたいこのくらいの女の子ならOK!」みたいな感覚が男にはたいていあるんですね。
ところが女性にはそういう感覚ではなくて、非常にピンポイントで恋愛対象になるかならないかを判断することになります。
そして、その確率は非常にシビアで「およそ男性の7割はキモい」と感じているとのことです。
言うまでもなく「キモい=生理的に受けつけない、付き合えるわけがない」ということになります。
男子は同世代の女子が10人もいれば平均的には6、7人を恋愛対象にしてしまえるのに
女子はというと、そもそも10人中7人の男子には眼中にもないということです。
前回のエントリーに美醜の比率を美:普通;醜=1:2:2としましたが、男はたいてい普通まで恋愛対象なのに対して
女は普通レベルはほぼ対象外ということになってしまうわけです。

この恋愛観の不均衡さは本能によるものなので、いかんともしがたいわけです。
よく言われるように、オスはできるだけ多くの子孫を残すためにより多くのメスと交尾する機会を持ちたい。
メスは妊娠機会が限られるので、より優秀なオスとのみ交尾したいというやつですね。
とはいえ、高度な人間社会は単純な弱肉強食の野生の世界とは異なり、多用な価値観があるのが救いです。
力が強いだけが選ばれる理由ではなく、ときに美しさ、ときに経済力、はたまた性格、趣味、共依存など
女性が男を選ぶ基準はかなり美醜にこだわったものになりますが、女性は男よりも選ぶ基準が多いんですね。
これによりかろうじて男女の自由恋愛は成り立っているといっても過言ではありません。

ライトノベルの中でヒロインが主人公である少年を好きになるというシチュエーションはお約束ですが
そのヒロインがなぜ主人公少年を好きになったかということを突き詰めて考えてみるとおもしろいかもしれません。
よくある展開では結局のところ「やさしさ」や「一途さ」にほだされてしまうのですが、それでいいのでしょうか?
多くの読者のなかでイケメンとかスポーツ万能、頭がいい、といった属性を持つのは一握りであるのに対して
性格的な理由というのは、どうとでも理由づけできるし「オレにもワンちゃんあるかも!」的な自己投影が簡単なので
こういった性格的理由から”性格に難のある絶世の美少女”が好意を寄せてくれることになります。
では、このヒロインがキモいと感じて相手にすらしなかった7割の男子というのは、いったいどんな男だったんでしょうね?
いくら性格がよくたって7割も振り落とされるのでは、それはかなり厳しい選抜を予感させてくれます。
その選抜基準がユニークだったりすると、それはそれでおもしろい展開になるかもしれませんよ!





婚活ブログがおもしろい

最近のエントリーから派生して、いろいろとネットを徘徊してみたのですが、何かと話題の婚活ブログを非常に興味深く読んでいます。
特にオタク婚活というのを中心に男女のブログを渉猟しているのですが、その世界ならではの専門用語とかもあるんですよね。

たとえば最初まったくわからなかったのが【FO】と【CO】という頻出語だったのですが、なんの略号かわかりませんでした。
で、調べると【フェードアウト】と【カットアウト】ということで、自然消滅かお断りをいれるかってことみたいですね。
あと普通の男女交際とはちょっとちがって強制的にペアになるようなところがあるので【仮交際】と【本交際】が明確に別れてます。
たとえば婚活パーティーなどでカップルになってから、ちゃんと結婚を前提としたお付き合いを双方が確認するまで仮交際で
確認してからが本交際なんだそうです。また仮交際のあいだのいわゆるデートは【面接】と呼ばれているようです。
なので「1回面接した相手にLINE既読スルーされてFOになった」みたいな感じでブログが書かれています。

そして私が知っている過去のカップリングパーティー、ねるとんパーティーとはだいぶ異なっていて
婚活パーティーでは比較的カップル成功率が高めなんだなというのが第一印象なんですが
結婚という大前提があるので、その後の展開がかなりシビアになっているみたいなんですよね。
今でいう恋活であるなら、とりあえず付き合ってみるか的な余裕があるわけですが、年齢が高くなるほどもう余裕がないので
無駄な時間を使いたくないとばかり男女とも見極めを早めにしようとするんですよね。
で、結局カップルが成立してもその日だけで、いちども会わないままFOなんて展開が多いようです。
特に女性側がたいてい無料か低額設定なので大枚をはたいている男よりも執着心も少ないため即FOも多いようですよ。

あとはオタク婚活ブログに限って言えば、男女とも「恋人いない歴=年齢」の人が非常に多く、
そうでなくても恋愛経験が極端に少ない人が目立っているというか、そういう人のほうがブログとしておもしろかったです。
本人の価値観とか異性への接し方、偏見といったものが独特なため個性的です。
いろいろなタイプがいて千差万別なのですが、自分のことを棚にあげて異性への注文が厳し目ですぐ切っちゃうんですよね。
恋愛経験値を積むためにもう少し様子を見たほうがいいのになと思うようなケースでも即断でお断りしてしまう。
しかもすぐ次があるかというと、男性の場合なかなか次に恵まれないんですけどね。
で、下手に年収があってプライドが高かったりすると、こだわりの強い人ほど出会えてないですねー
相手を見下しているようでいて実際のところは逆に見下されてしまっているような感じでした。
ただ容姿がよければ、たいていのことはどうにでもなるという裏の側面も見え隠れしているのも婚活の現実ですが。

うぶな男女が異性をどう見て、どんなほうに判断しているのか、また何を悩んでいるのかといったことが
赤裸々にわかるので、キャラ造形のためにも読んでみる価値は非常に高いと思います!

当事者的にはアラサー、アラフォーになってから、恋愛経験なしにいきなり婚活に挑むようなことは避けたほうが幸せですよ。
日常に出会いがないというのなら20代前半からどんどん街コン、恋活パーティーなどは参加しておいたほうがいいでしょう。
多少高くつきますが出会いがないのなら、成否に関係なく対価を払うだけの価値はあると思います。
若ければたくさん失敗しても何度でもやりなおせます。やはりリミットがあるので30、40からスタートしたら、そう失敗できません。
それに今は昔と違ってオタクとかいろいろな趣向に合わせて出会いの場がビジネス化されているので選び放題です。
ここで見栄をはったり、ケチったりすると、結局のところ後になって出費も嵩むわ、チャンスは減るわ、成果も低くなるだけですよ。




HOME
広告: