L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

#とら婚 話題のオタク婚活とら婚を徹底解剖(1)

オタクの未婚率は67%というご時世にスタートした話題のオタク専用結婚相談所の【とら婚】が一時話題騒然となりました!
運営はコミックや同人誌の販売でもおなじみ【とらのあな】系列なので、その名も「とら婚」だそうです。
今回はこのとら婚をはじめとするオタク向け婚活ビジネスについて考察してみようと思います!
オタク向けの婚活ビジネスは何もとら婚が初ではなく、結婚相談所としては初めての試みですが
いわゆる婚活パーティや婚活サイトなどの運営は数は少ないながら既に存在しています。

■結婚相談所とは?

まずは意外と知っているようで知らない「結婚相談所」なる存在についてどんなビジネスなのか見ていきましょう。
このビジネスのサービスは「結婚したい会員に相手を探す手伝いをして結婚を世話する」というものです。
しかし具体的にどんなサービスかというと知らない人も多いのではないでしょうか?
まず結婚相談所の大手は3社ほどありまして、それ以外にも中小の結婚相談所が無数に存在しています。
そして中小の相談所は独自に紹介する会員を用意できる規模ではないので前出の大手に加盟料(120万円~)を支払い
大手の会員リストのデータベースとシステムをそのまま利用させてもらうことになります。とら婚も同じ形態です。

ですから大元が同じであるなら、どこの相談所でも紹介してもらえる異性のリストはまったく同じなんですね!
それなら最安のところがお得じゃないかと思うかもしれませんが、それぞれの相談所は価格以外にも差別化されています。
サービス内容や実績によって値段以外の付加価値をつけて営業しているわけです。
婚活サイトなどは自分で相手をみつくろって終始一人でやっていくのですが、相談所では相談員が予め候補を探してくれたり
成婚に向けてどのような心がけや努力をすればいいのか、具体的な服装やデートコースなどのアドバイスもしてくれます。
とら婚の場合はオタクに特化するということで差別化を打ち出していて、かなり話題性のある差別化されたサービスということで
ほかの結婚相談所よりも若干ですが価格は高めに設定されているようですね。

とはいえオタクにオタクの結婚相手を紹介するといっても会員リスト自体はオタク向けではなく汎用的なものです。
会員の中にはオタク嫌いも含まれていますし、余生を共にということで熟年結婚したい高齢者も含まれているでしょう。
ただ会員の母数が多いからといって、そもそもオタクの結婚相手の候補になりそうな人が多いとは限りません。
そこでデータベースからオタク傾向のある人をピックアップして会員に紹介してゆくというのがとら婚のスタイルなんでしょう。
そのうちとら婚経由で入会した人が増えれば、その人同士を紹介し合えるようにもなりますが、もう少し先になるかもしれません。

■結婚相談所の人々

どのような人が結婚相談所に登録するかというと、一般的には意外にも6割以上が女性だそうで男性が少なめです。
このあたりはよくある出会い系とは真逆の傾向なんじゃないでしょうか。
また婚活パーティのように男性が5000~8000円に対して女性は実質無料に近い形態とは異なっていて
男女とも同額かつ高額のため女性もある程度の収入がある人が多く、それゆえ4大卒など高学歴の傾向があるようです。
この弊害として、女性は一般的に自分よりステータスの高い男性を求めるため、なまじ高学歴高収入の女性だと
自分と見合うステータスの男性となかなか出逢えないというミスマッチが起こりやすいんですね。
そもそも高学歴高収入かつ普通の容姿の男性なら相談所に行かずとも女性のほうから寄ってきますから。
男性の場合は自然な出会いはおろか婚活パーティや婚活サイトでさえどうにもならないので最後の手段として
結婚相談所を選ぶという人が未だ多いようなので、そこそこ収入はあるけれど顔や性格に難アリの非モテが多いようです。
また会員の年齢構成は男女とも結婚を強く意識しだす30代前半をピークとした構成になっているようです。

最後に気になる成婚率についてです。
結婚相談所クラスタでの「成婚」は特殊な用語で、いわゆる「結婚する」ことではないので注意が必要です。
解釈的には規約でいろいろ決まっていますが端的に言えば「出逢って3ヶ月未満、プラトニックな関係のままでの婚約」ですかね。
実際はこの段階から本当に結婚に至るためにはいろいろと問題が生じてしまい、結局なしになってしまうこともあると思いますが
結婚相談所では上記のような「ライトな婚約」「婚約っぽいもの」の段階で成婚とみなされます。
こんな意味での成婚ですが相談所経由での成婚率は平均して5~6割といったところらしいです。
高額の会費を払っとしても成婚までこぎつける人は約半数だということは予め承知しておくべきでしょう。
しかしギャンブルとして考えるなら2倍以下で何度もチェレンジできるので「分はいいほう」だと思います。
ただし成婚に至るのは会員の中でもステータス的に上中位の人がそれなりの妥協をしたケースがほとんどではないでしょうか?
システム的にステータス重視の婚活界隈ではやはりステータスが低いと結果は出せません。
おそらく婚活するより普通に恋愛するほうが確率としては格段に高いのではないかと思うくらいです。

■とら婚を経営視点から考えてみよう

ここでは、とら婚はビジネスとして成功するのかどうかについて考えてみましょう。
私見ではありますが、このビジネスはすでに半ば成功していると考えています。
簡単に試算してみたところ、おそらく会員数20人を確保しつつやっていければ採算がとれそうです。
さらに常時30人も会員を確保できていれば小規模展開でもかなり利益もあがるんじゃないでしょうか。
この手のビジネスで最も重要かつ経費もかかる宣伝についてはネット上で大いに話題になりました!
今後はテレビなどのメディアにもどんどん取材されいきますし、本体のとらのあな経由でも無料で宣伝できますから
広告費についてはほとんどお金をかけずに物凄い宣伝効果を生み、相当のターゲットへの認知度を得ることでしょう!
広告費の負担がなければ、あとは人件費と事務所のテナント料や光熱費が捻出できれば経営は軌道に乗せられます。
そもそも結婚相談所は初期投資が最も少ないビジネスとして有名で、かつ最も多くの支出となる広告費がいらないとなれば
よほどの悪評でも立たない限りは失敗する要素がないのではないかと思うくらいです。

またネット上では非難轟々の高額な金額設定ですが他の相談所と比較して明らかに高いわけでもないんですね。
ですから、とら婚だけが非難されるいわれはないということです。いやなら入会しなければいいだけのことです。
高額だけに結婚に対して真摯で前向きな方が多いというメリットもありますしね。
つまり客単価が50万前後と高いし(成婚するまで)継続して利用してもらえるという面からも定期収入が得られます。
しかも原価のある商品ではなく、元手のいらないサービスへの対価ですから利益率も高めです。
いつの世でもオタクと結婚したい人は尽きませんから人集めさえできればかなりおいしいビジネスのようですw

価格設定以外に「ふたりで外泊したら成婚」「セックスしたら成婚」などちょっと突飛に見える規約も話題になりましたが
大元の大手相談所の規約と同一のものなので特に問題とはならないでしょう。
このあたりの規約はやり逃げ男などへの対処から女性を守るために厳格化していったものと思われます。


次回は結婚相談所以外のオタク婚活ビジネスについて考察してゆく予定です。
より安く手軽に参加できるのが売りのオタク婚活サービスが各種あります。


#とら婚 話題のオタク婚活とら婚を徹底解剖(2)

今回はとら婚以外のオタク婚活について紹介してみましょう。
オタク向け結婚相談所は【とら婚】のみですが、婚活パーティ形式は2社、婚活サイトは1社が中心となっています。

■オタク向け婚活パーティ

まずは婚活パーティですが、オタク専門をうたっているのは【アエルラ】と【アイムシングル】の2つです。
特徴としてはアエルラは評判も良い感じで秋葉原を拠点に東京中心に週末や平日夜に婚活パーティを開催しています。
アイムシングルのほうは評判もまずまずで全国展開しているので地方在住者には強い味方でしょう。
どちらも婚活パーティのシステムや進行方法は一般的な婚活パーティとも大差はないようなのですが
参加した人の感想ではサービスの質では今のところアエルラのほうが上回っているという意見が多かったです。
個人差があるので、どちらがよいかは参加してみないとわからないですし、参加してる人はたいてい両方とも行っているようです。

オタク向けを含め一般的な婚活パーティの進行としては以下のような流れになります。
たいてい参加者の年齢で参加できるパーティが決められており、さらに趣味や職業などで分類されて開催されます。
参加者数はたいてい男10人、女10人の定員なのですが、女性のキャンセルが目立つ傾向にあるそうです。
参加費は男性で5000~8000円くらいで、女性は数千円なのですが割引などで実質無料になることが多いようです。
ただし男性が医師・弁護士・経営者限定みたいな特殊なパーティだと参加費は男女逆転します。要は需要と供給の関係です。
進行としては、事前に記入した年収や趣味などを記入した自己紹介シートを手にしながら
いわゆる「回転寿司」といわれる異性全員と5分ほど会話するトークタイムが設けられていまして、
そのときの印象から好意がある、興味のある異性の番号を専用のアンケート用紙に記入して提出します。
その結果をパソコンなどで集計して結果をプリントした中間結果の紙を各参加者に渡して後半戦がスタートします。
中間結果の紙には誰が自分の番号を書いてくれたのかということと、自分が指名した相手がどのくらい人気があるのかなどが
記入されているので、これを参考にフリータイムで誰と話すのかを決める判断に使います。
フリータイムは10分程度を3~4回くらい行うことが多いようですね。連続で同じ人に話しかけないなどのルールもあるようです。
そして最後にまた紙に希望する相手の番号を3人まで記入して、双方が合致すればめでたくカップリングということになります。
カップリングの確率はだいたい2~4割くらいが多いようですね。男女10人ずつなら2~4組といったところでしょう。
ただし男性は会費も高いこともあり3位までとりあえず埋めますが、女性の場合は気になる人がいないと白紙提出も多いようです。
またたいして好意はないけどひとりで帰るのは寂しいということでとりあえずカップリングだけするなんて人もいるとか。
とはいえ、たいていはカップリングしたら帰りにお茶くらいはすることが多いようですね。
ですからカップリングしたといえど、この段階では恋人ではなくまだお友達程度の関係といえるでしょう。

オタク婚活パーティは大人気のようで、予約は1ヶ月前でもすぐに枠が埋まってしまうようです。
ただしドタキャンで人数が一定数を下回ってしまうと一部返金で対応していることが多いようです。
オタク向けパーティだと参加者層は女性は地味めだけど普通の感じの人が大半だそうですが
男性は地味ながらオタクっぽくない感じの人と見るからに漫画にデてきそうなオタクと両極端な感じが多いとか。
『ルポ中年童貞』によると、10年くらい毎回欠かさず婚活パーティに参加している人もいるんだとか。
ちなみに1回もカップリングはしていないとのこと。さすがにそれは極端な例ではありますが
行き慣れてくると、この前も見かけた男女の常連がわかってくるらしいですね。
この前、カップリングしてたのにまた来てるよみたいな感じとか、一度カップリングしてダメだった人と
また回転寿司のときに話さなければいけないとか、なかなか苦しい場面もあるようですねw

■オタク向け婚活サイト

オタク向け婚活サイトとしてはパーティのアエルラと同じ運営の【アエルラ】があります。
インターフェイスは一昔前のmixiライクなSNSっぽい作りで男女とも読んだりコメントできる日記を書くこともできます。
基本操作は興味のある異性にアプローチ(SNSでいう友達申請、マイミク申請)をすることで
それが相手に受け容れられると双方でメッセージ交換をすることができるというシンプルな仕様です。
ただし自分からアプローチをするには有料会員である必要があり、男5000円、女2000円の月会費がかかります。
そのため男性はほとんど有料会員ですが、女性はアプローチを受けるのみの受け身な無料会員のほうが多いようですね。

オタク向け婚活サイトということでアニメやゲームなどの趣味を記入するプロフィール欄が豊富なのが特長でしょうか。
それ以外はこれといって他の婚活サイトと画期的に異なるポイントはなさそうですね。
システム的には異なりますが、中の会員は結構オタクの特徴が出ているという話も聞きます。
基本的に交際経験がない男女が多いのと、一般的な婚活サイトより年齢層が男女とも若いそうです。
ただそれだけに婚活サイトとは言いながらも、すぐにも結婚したいというような人はそれほど多くなく
どちらかというと結婚も視野に入れながら恋愛したいみたいなのんびりした雰囲気があるようですね。
実際に会うまでの段階に進む人は男性なら7割くらい、女性なら望むならほとんどの人が可能でしょう。
そこから付き合う確率となると確率は1割未満となるかもしれません。手軽ではありますが成功率はあまり高くないようです。

■オタク婚活のコストパフォーマンス

主要な婚活媒体である3つのスタイル(結婚相談所、婚活パーティ、婚活サイト)のコストパフォーマンスについて比較してみます。
まずはどのくらいの費用が実際にかかるかについて算出していきましょうか。

とら婚の場合、無料プランや格安プランがありますが、どちらかというと婚活パーティ、婚活サイト的なサービスでしかないので
標準的な結婚相談所のサービスの受けられる「オタク応援プラン」を基準に計算していきましょう。
活動期間は1年間と仮定してみますと、まず入会金と月会費が12ヶ月分、そして成婚料がかかりますので
男女とも入会金15万円、12ヶ月分の月会費が18万円、成婚料(ペア1組につき)20万円となります。いずれも税抜き価格です。
とら婚では他の結婚相談所にあるお見合い料(1回1万円程度)のようなものは記載されていないので無料なのでしょう。
ただし他で相手が見つかったときの返金制度はないので途中解約のような払い戻しはないようです。
他にプロフィール写真は通常プロに撮ってもらうことが多いので別途1~2万円くらいかかるようです。
そうすると、成婚料抜き、つまり出逢えなくても男女とも税込み40万円くらいの予算が必要になります。
そして成婚料はペア1組につきかかる費用ですが、たいてい男性が払うことが多いそうですので、
以上から算出すると、相手が見つかった場合は、だいたい男性で約60万円、女性で約40万円くらいお金がかかるようです。
その代わり出逢える確率は5~6割くらい他の媒体と比べると格段に高確率の設定になっています。

パーティ形式のアエルラでは1回の参加は男性は7000~9000円、女性は2000円で割引を使えば実質無料になります。
週末を中心に月に2回、1年間参加し続けたとするなら計24回の参加費は男性約20万円、女性は0~5万円となります。
その間、出会える異性の数はキャンセルや重複を考慮するなら200人前後になりそうです。
とら婚の上記プランだと紹介される上限値は156人なので人数的にはほぼ同じくらいと考えて差し支えないでしょう。
ただし結婚相談所の場合、自分が興味ある異性や相談員がおすすめする異性についてのみの人数ですが
婚活パーティでは完全にランダムですから回によっては好みの異性が1人もいなかったなんてこともあるかもしれません……
それを考えると好みの異性が平均してパーティ参加者全体の3割くらいとすれば約70人とかなり少なくなってしまいます。
単純に料金を人数で割るなら、とら婚は1人2500円、アエルラ(男)は1人2800円ということで大差ない感じですね。
女性なら時間さえ都合がつけば非常に格安で活動できるので、かなり活動しやすいスタイルとなっていますよ!

婚活サイトのアエルネの場合は、男性は月会費5000円、女性は2000円、別途ポイントが課金制となっています。
ポイントはログインするだけでももらえるようなので、特に購入しないといけないものではないようですのでここでは無視します。
同じく1年間の活動で男性は6万円、女性は2.4万円と最も格安で活動できるのがウリとなっています。
ひたすらアプローチを待つだけの無料会員もありますが婚活としての成果は期待できないでしょう。
写真も結婚相談所とは異なり、自撮りやスナップ写真くらいでよいので特に月会費以外のお金はかかりません。
アプローチする人数に制限はありませんが、システム的に必ず会えるという保証はありませんし
アドバイスしてくれる人もいなければ気にしてくれる人もいませんので完全に自己責任で独力で活動することになります。
そのため会える人(特に女性)は手に余るほど会えるようですが、会えない人はまったく会えないらしいです。
結婚相談所や婚活パーティと比較してみると婚活成果の格差は一番大きいかもしれませんね。
24時間好きなときにいくらでも活動できる反面、アクティブに動かないと何もはじまらないという性質もあります。
要は恋愛や友達作りが目的ではない結婚目的の有料出会い系サイトですので料金相応のサービスでしょう。

以上の結果からコスパだけで考えるなら男性は結婚相談所も婚活パーティも大差ないのでサポート体制を考慮するなら
圧倒的に結婚相談所のほうがお得感が感じられると思います。相手が見つかれば成婚料だって喜んで支払えるでしょう。
また女性はやはり婚活パーティに参加するほうが料金がほぼかからない分だけ断然お得感があります!
ただし時間の余裕がある場合に限りますし、意外と毎回着ていく洋服でそれなりのお金を費やしてしまうかもしれません。
婚活サイトは料金的にお手頃でもあるし、婚活初心者がお試しでやってみるにはいいと思いますね。


次回はさらに突っ込んでどんなタイプの人がどのスタイルの婚活に向いているかについて考えてみたいと思います。
最近、ラノベ創作とはかけはなれてはいますが、ラノベファンが高齢化する中で婚活が題材となるラノベも出てくるでしょう!
実際に現実の婚活とは趣きが違いますが、婚活がテーマの作品もすでに登場していますし、知っていて損はないはずです。
自ら体験してみて、それを作品にするのもいいと思いますよ。婚活体験記のコミックはかなり増えていますしね。



#とら婚 話題のオタク婚活とら婚を徹底解剖(3)

1回目はオタク向け結婚相談所「とら婚」について、2回目はそれ以外のオタク婚活について書いていきました。
今回はそれらオタク向け婚活を含む婚活について、どのような人にどのスタイルが向いているのかということを中心に
いろいろと考察していこうというのがテーマとなります。

■コミュ障でも大丈夫?

まず婚活に限らず、結婚やそれ以前の恋愛に最も必要なものは何かということから考えていきましょうか。
とりもなおさず「コミュニケーション能力」いわゆる「コミュ力」になります。
たしかに容姿が美しいとかカッコいいとかいう要素もありますが、それは有利になるだけのことで決めてはコミュ力なのです。
コミュ力さえあれば、恋愛や結婚においてはかなりのデメリットも覆している例はあちこちで見受けられるでしょう。
お笑い芸人などが美人女優などと付き合っていたりするのは顕著な例ですよね。

ところが卓抜したコミュ力があれば婚活なんてしなくても自然に恋愛できるし結婚もできるんですよ。
なので婚活しようかなと思ってる人には、そんなこと言われても困ってしまいますよね。
ですが婚活中の人の大半はコミュ力に秀でてはいませんので、平均前後のコミュ力があればなんとかなります。
自称「コミュ障」とうそぶいているくらいの人ならどうにかなるのが婚活界隈です。

■スペック

では、コミュ力以外に差がつくものはなんでしょうか? どうやらそこが婚活の決め手になるようです。
それはいわゆる「スペック」で差をつけてゆくのが婚活のやり方となっています。
婚活は自然に出会うのではなく、とても多くの候補者を絞ってゆく過程を経ますので何かしらのフィルターを使います。
就職活動時の学歴フィルターと同じです。フィルターによって弾かれてしまう本当に優秀な人を逃すチャンスよりも
フィルターをかけて可能性の高い人をできるだけ選抜したほうが、効率的だし負担も少なくなるという考え方です。
では、婚活時においてフィルターの要素となるものはなんでしょうか?

これはとてもシンプルなもので3つあります。
1つめは【顔】および容姿全般で、2つめは【若さ】であり年齢です。3つめが【カネ】ということで収入および学歴等です。
自然な恋愛だと上記の3点は意外とフレキシブルなもので、自分の好みに多少はずれていても長く一緒に過ごすことで
何かしら他の魅力に気づくことがあれば、どうにかなるものなのですが、婚活は会う前にこれが最重要視されます。
特に今時の婚活ではネット上の膨大なリストから検索項目を選択肢、合致した人がリストアップされる形式が多いので
さらに重要視されるようになってきているわけです。例外は婚活パーティのスタイルくらいです。
そしてスペックも男女で求める順位は少し変わってきます。

男の求める女のスペック: 顔≫若さ≫カネ
女の求める男のスペック: 顔>カネ≧若さ


当然といえば当然の結果なのですが、婚活をする上では上記のいずれか1つは秀でたセールスポイントがないと厳しいです。
とはいえ、優れた容姿は生まれ持った天賦の才ですし、経済力は努力の賜物だが誰しも得られるものもありません。
唯一、誰しも等しく持っているのは「若さ」だけです。ですからモテない自覚がある人ほど先延ばしせず若さを武器にすべきです!
特に女性の場合、その傾向は顕著になるので自分の容姿に自信がないし、コミュ力も乏しいというのであれば
率先して若いうちから婚活をはじめたほうがいいかもしれません。なにも婚活したからすぐに結婚しなくてもいいわけですしね。
男性の場合は容姿に自信がないのであれば、収入を増やすか安定した仕事に就くのが最も効率的でしょう。
それと忘れられがちですが男性もやはり年齢を重ねるとフィルターにひっかかってしまって婚活上不利になりますから
そろそろヤバいなと思う前に、できるだけ早めに手を打っておくべきでしょう。婚活は常に先手必勝です!

■タイプ別婚活スタイルのすすめ

ここでは、どんな人にどの婚活が向いているのかを考えていきましょうか。
まず「婚活パーティ」なら、比較的容姿が平均以上の人が圧倒的に有利です。あとはそこそこのコミュ力です。
年齢は輪切りにされて、それぞれの年代の参加することになるので、あまり気にならないものとなりますが
女性は、できるだけ自分が年齢の下限になるパーティを選択するほうが年齢スペックで優位に立てます。
たとえばあなたが28歳なら24~29歳のパーティに行くよりも、28~35歳に行くほうが男性からの人気は格段によくなります。
デメリットとして年下の女性と結婚したいという男性だとシステム的に出会えないですね。

つぎに「婚活サイト」なら、直に話すより文章などゆっくり考えてコミュニケーションをとるほうが得意な人に向いています。
あとは他の婚活と比較して男女とも若い人の登録も多いし、さらに男女とも若いほうが相手の反応もよくなりますので
だいたいハタチからアラサーくらいまでに最適のようです。それ以上だとなかなか苦しくなってゆくようです。
それと写真はあってもなくてもいい仕様が多いのですが、できるだけ写真は掲載しておいたほうがチャンスは増えますし
会う前に写真交換したり、会ったときに幻滅したり、されたりして時間の無駄になることも防いでくれます。

最後に「結婚相談所」なら、上記よりも年齢層が高めで、かつ恋愛経験が少ない人でもなんとかなりやすいスタイルです。
容姿についても他の2種よりは重要視されにくいのも特徴ですが、やはりそれなりには影響します。
ただし男なら収入や職種で挽回が可能で、女性なら出産できる年齢であれば好印象となります。
ただし双方とも大金を払っているので、期待が大きくなってしまい、なかなか決断しきれず婚活を続けてしまう人も多いようです。
なので妥協も含めた見極めと決断力がない人だと、ずるずる長引かせたうえに失敗してしまうかもしれません。

上記すべての婚活スタイルはどうも合いそうもない、あるいは合わなかったという人もいるでしょう。
そういう人は婚活には向いていないため、婚活よりは自然な出会いを目指したほうが確率は高めです。
必ずしも婚活することだけが最後の頼みの綱というわけではなく、それ以外にもいろいろとあります。
オタクなら趣味のオフ会などに頻繁に参加していると思わぬ出逢いがあることも多いですよ。
ただし同性だけが集うところではなく、男女ともそれなりの人数がいるオフ会なのは言うまでもありません。




HOME
広告: