L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 見せ場を作ろう

サトミ 「は~い、今日も○○ライトノベル教室はっじまるよ~!」
ワガハイ「よい子のみんな、こんにちは。ワガハイであ~る」
サトミ 「サトミおねえさんだよぉ」
ワガハイ「ということで今日で2回目。いやあ、単発企画じゃなくてなくてよかった、よかった」
サトミ 「そうだよねぇ、初回打ち切りはまずいよね。ギャラの問題もあるしさ」
ワガハイ「いや、そういうことじゃなくて……」

 ……閑話休題

ワガハイ「ま、とにかく今日のテーマは『見せ場』について。英語でいうならクライマックスだな」
サトミ 「おおっ、最後の決戦のことね!」
ワガハイ「いや、たしかにそういうストーリーも多いけど……それだけじゃなくて
      ラブロマンスなら恋人が死んでしまうとか、他にもいろいろあるだろ?」
サトミ 「そっか、誰かが死ぬシーンなのかぁ」
ワガハイ「それも語弊があるような……まあ”死”というのは重大なテーマだから、
      クライマックスにはよく使われるのは事実だけどさ」
サトミ 「なるほど」

ワガハイ「ところで、おねえさんは作品を書くときに、ちゃんと見せ場を考えて書いているかな?」
サトミ 「う~ん、なるようになるというか、自然とこう結末は考えてるんだけどね」
ワガハイ「だめだなぁ。ストーリーでもっとも読者が期待しているのは見せ場っていうのは
      『水戸黄門』でいえば印籠を見せるシーンだな。けっして由美かおるの入浴シーンじゃないからw」
サトミ 「わかってます(怒)」
ワガハイ「つまり物語というのは、このクライマックスに向けて、どれだけ盛りあげられるかが大切ななんだな。
      そもそもあの印籠を出すシーンまで持ってゆくために、それまでに悪人をどういう悪事をするかとか
      悪人のせいでどんな人々が苦しめられているかっていうのが決めているんだな。
      それに対して由美かおるの入浴シーンは話の本筋と関係ない視聴者サービスなんだな」
サトミ 「だから由美かおるはいいって!」
ワガハイ 「痛っ、なにも殴ることないじゃないか……ひどいな、おねえさんは」
サトミ 「いいから続けて!」
ワガハイ「そ、そうだね、その……つまり逆算して、どういう見せ場を読者に見せたいかという
      しっかりしたビジョンを決めてから、それを効果的に盛りあげてゆく導入部やエピソードを考えたり
      おさまりのいいエンディングを用意してあげるほうが効率的なんだよ、わかってくれたかな?」

サトミ 「ふ~ん、とにかく見せ場から考えろってわけね!」
ワガハイ「ま、そういうことかな。ところで、おねえさんはどんな見せ場を作りたいと思ってるの?」
サトミ 「そうだねぇ、考えてみるといろいろあるんだよ。
     たとえば、未知の宇宙生物をこんなこともあろうかと予め準備していた秘密兵器で倒したりとか
     かわいいメガネっ子のメイドさん(しかも巨乳)が青年貴族が身分の差を越えてついに結ばれちゃったりとか
     愛する恋人の仇を討つために敵地に単身乗りこむガンアクションとか
     オーソドックスに剣と魔法の世界で伝説の秘宝を探しに行くのもありかなとかぁ
     あと、やっぱりネコ耳は捨てがたいな!」
ワガハイ「ダ、ダメだって! そんなクライマックスのプリンアラモードみたいにしたら
      ひとつひとつの見せ場がぼやけちゃったり、読者が混乱しちゃうよ!
      しかも、なんか微妙に聞いたことのあるような設定も混じってるし……
      見せ場にしたいシチュエーションはよく考えて1つに絞るべきだよ。わかったかい?」

サトミ 「う~ん、ひとつか、ひとつって言われてもな。どれをこれも好きだから選べないよぉ」
ワガハイ「時間はあるんだから、ゆっくり考えて、自分が最も書きたい、
      あるいは自分の得意とするものを見せ場として選んでみるんだね」

#02 novel school

<応用クイズ>
 優れた作品の見せ場とは、常に読者が(     )ものであるべきだ。 (こたえはメルマガで!)

文:UNO 絵:みのり
関連記事

コメント

from
1話もそうですが、イラスト付きで見てて飽きないし、掛合いが楽しいのでスラスラ読めてしまいますね!
これからも楽しみにしています!

Re: タイトルなし

from UNO
感想ありがとうございます!
これからも楽しんでもらえるようがんばっていきます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/10-405185c2

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。