L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の本当に書きたいことを考えてみよう

毎週開催している創作塾では、現在塾生たちに自分の本当に書きたいことを考えてもらっていますが
なにか私が期待しているようなものが出てこないんですね。
どうしてなのか、いまいちど考えてみたところ、納得のいく考えが思い浮かびました。

そうなんです。個人的に私が書きたいことと言われて連想するのは、常に読者目線なんですね。
つまり自分が書きたいことというのは、大前提として「読者が喜んでくれるもの」がありまして
その中から私自身が読者に提供できるもの、自分が興味をもったことを書きたいなと思うわけですが
どうもそういう考え方は誰にでもあるものではないようなんですね。

「自分が書きたいものはなんですか?」と訊ねると、多くの人は自身が好きなものを思い浮かべてしまうようです。
そして、そこに読者とか受け手がどう感じるかなんてことは考えもおよばないということがわかってきました。
私としても意識して考えていたわけではないのですが、改めて考えるとおそらくそういうことなんでしょう。
これは私にとっては読者目線で書きたいものを考えるクセがついていたし、それが当たり前だったので意外そのものでした。
それで、はたと思い当たったのは、塾生たちは自分の作品をどんなタイプの人に読んでもらいたいとか
読んでどう感じてほしいみたいなことをあまり考えてこなかったようですね。
考えていたとしても自分の考えを一方的に押し付けるかたちで「伝えたい」みたいなものでしかないんです。
読者の立場にたって、どんな作品を読んでみたいかという基本的なところに思いを巡らすことなく
ひたすら自分が書きたいものを探しているわけです。これではいつまでたっても独りよがりな作品しか書けません。

「作品を書くこと=読者の喜び」という奉仕の精神というと大仰かもしれませんが、創作というのはそういうものなんです。
作家っていうのは「尽くすタイプ」なんですね。そうでないとやってられません。
自分の書きたいことを減らしたり隠したりまでして、客である読者に媚びるような作品なんて書きたくないという性格の人なら
小説家という仕事は向いていませんので、それなら評論文や論文で好きなことを書いていったほうが幸せになれます。

もしあなたが自分が本当に書きたいことは、とにかく読者が喜んでくれるものという意識はありますか?
自分の好みや考え方、伝えたいものだけを一方的に読者に押しつけようとしていませんでしたか?



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1000-93181395

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。