L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際に文章にしないとあなたの考えは絶対にまとまらない

創作塾ではAチーム(4名)とBチーム(2名)の指導が始まっていますが、
だいたい初指導の人や行き詰まった人に対しては個別指導による対話を持つようにしています。
基本的にはいつもここで書いている通り「何が書きたいのか?」「どんなものが好きなのか?」といった基本的なことですが
これがまたなかなか質問してもしっかりした回答をしてくれる人はいないんですね。

よくある例としては、好きなものを訊くうえで、あまり抽象的なことを説明するのも難しいでしょうから
好きな作品とか、これまで読んできた、あるいは観てきた作品についていくつか挙げてもらうわけですが
そこで挙げてもらった作品についてどこがおもしろかったのか、たのしかったのかをよくよく対話形式で訊いてみると
実はさほど好きじゃないことがわかってきて、さてじゃあ本当は何が好きなのかを問い詰めると
もう本人も自分のことなのに頭をかしげてしまうことが多いというか、まずそうなるのが普通です。

なぜそういうことになるかというと、それは簡単なことで読者や視聴者といった消費者的な思考では
なんとなくとか漠然としたとかいった曖昧な好き嫌いの認識で充分なので、それ以上のことをしてこなかったんですね。
でも作者の側にまわりたいなら、それではまったく不充分です。
どういう作品のどこがおもしろかったのか、どういうふうに感動したのかといったことをちゃんと論理的思考によって
的確に把握しなければ、自分の作品に投影することができないからです。
勉強でも同じです。数学の公式をなんとなく曖昧に憶えているだけでは一問も解けませんよね。
公式を間違えず憶え、その使い方や応用方法を理解して、はじめて問題を解くことができます。
小説だけ適当にやってどうにかなるものではありませんし、正解がないだけにより難しいのです。
しかし素人考えでは正解がないから間違いというのもわかりにくいこともあり、なんとなく正解っぽいものを出すのは簡単なんですね。
ですが自分で正解っぽいと思うものは、裏付けがない限りほぼ全て間違いであり、失敗作にしかなりません。

では、こういうミスをやらかなさいためにはどうすればいいかというと、これは適切な指導を受けるのが一番の近道ですが
そうでない場合は、自分の考えをけっして曖昧模糊とした状態をよしとせず、しっかり文章としてアウトプットしましょう。
文章化して具体化することで自分が今までどんなに適当にあやふやなことしか考えていなかったかわかるでしょう。
自分の好みの好き嫌いに関してですら、本当は何もわかっていなかったことがわかってくるはずです。







関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1045-b51e910b

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。