L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

バカに「バカな話」は書けない道理

表題どおりです。
「おバカな作品」や「パカっぱなし」というのは、当然ですが本当に頭の悪い人には書けません。
真性のバカに書けるのは、よくて「支離滅裂な物語」で、たいていは「意味不明な文章の羅列」が関の山です。
「こんなバカな作品」を書くなんて、さぞや作者の頭も悪いんだろうなと思ったりはしないでくださいね。
確かにその作者はイカれているかもしれませんが、少なくとも頭は悪くありません!

ですから実は荒唐無稽な小説を書くには、そうでない作品と同等の構成の緻密さを要求されつつ
さらに類まれなる奇抜な発想力も必要となってくるので要求スペックは高いんですね。
大まじめにバカな話を考えるというのは非常に精神に負担をかけますので
売れっ子になるほどギャグ漫画家はアル中になったり精神を病んだりということが多かったりしますよね。
しかも世間的には、他のジャンルより格下扱いというのもかわいそうなものです。

さて、あなたはどんな作品を書こうとしていますか?
一番ダメな人に多い例としては「キャラたちの絶妙なかけあい」をやりたいとか「重厚な世界観」を描きたいとかいったことを
漠然と考えているようなら、残念ですがほとんど入門レベルの人だったりします。でもそういう人って多いんですよ。
「かけあい」とか「特殊な世界観」とかは言うのは簡単ですが実現させためには上級スキルとハイセンスが必要ですし
たいていその両者を持っている人は出来て当然というか、ただ自分が好きでそういうことを作品の中に織り込んでるだけで
それを読者にアピールしてウリにしてやっていこうみたいなことは故意にやってやろうみたいな自覚がないものです。

自分が何を書いていくべきなのか、それはその人によりますが、それを適切に思考できる人は超スピードで成長しますし
そうでない人はいつまでも堂々巡りで同じところを集会してしまうことを常に肝に銘じておいてください。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1051-123e2c37

HOME
広告: