L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

具体的な熱意はありますか?

作家志望者で最も伸びるタイプというのは考えてみたのですが、ひとつに言えることが「具体的な」「熱意」の有無なのです。
というのも「具体的」だけでもダメだし「熱意」だけでもダメで、このふたつを兼ねたものを持ち続けられる人が
最も早く高く成長してゆく可能性を大いに秘めているし、その確率も格段に高くなっています。

では、なぜそうなのか説明してみましょう。
まず「具体的な」プランのない人は「やるやる」と口ばかりで実際に動きません。
本人的にもやりたくても何をやっていいのかわからないんでしょうね。なので「熱意」だけあろうと空回りするだけです。
また「熱意」のない人はよい作品が書けません。どうしても書きたい、読者に喜んでもらいたいという情熱なくして
読者や選考者に強く訴えかける、心を動かすような作品を書けません。

ですから自分はどのジャンルで、どういう作風のいかなる文体で、どんな読者層のために、どういうふうに楽しませるよう
具体的なプランを持ち、かつそういう作品をどうしても書きたいという情熱なくしては評価される作品は書けません。
そして、そのために何をすべきか考えている人は作家志望者でもごく少数であります。

なので、ここをしっかりやるだけでも80%以上のライバルを超えることができるでしょう!
でも、できない、やらない、やるべきことを知らない人が10人に8人もいるということも忘れてはいけません。

私が指導している創作塾の塾生でも、やっぱりこういうのをやっていきたいんですと熱意があり明確な具体性のある人は
そのやっていきたいアイデアがその時点ではイマイチであったとしても、その後の成長は目を瞠るものがあります。
こういうのをやってみたいとは言ってくるけど、よくよく訊くと実はさほど好きでもないし、どうしても書きたいわけでもないものしか
アイデアとしてだしてこられないという人はすぐに頭打ちになってしまい伸び悩んでしまう人が多いんですね。
「本当は何が書きたいの?」「どういうふうに読者を楽しませたいの?」と指導の一環として詰問すると心が折れてしまい、
自分が本当は何をすべきか完全に自分を見失ってしまうということがままあります。

あなたが上位20%に入るにはやるべきことは明確です。それが出来なければ、いつまでも下位80%ですよ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1052-990f34bd

HOME
広告: