L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

物語のフレームとは?

創作塾で指導していても、物語の基本となる流れとか構成を理解していない塾生が多いのです。
ここでいう流れや構成を「物語のフレーム」と呼ぶことにしましょう。
このフレームはジャンルごとにだいたい定型で決まっているものなんですね。

なぜ定型なのかというと、それを読者が望んでいるからであり、それを大きくはずれることを望んでいないからです。
ですから、小説を書く際には、どういったジャンルなのか、どういうタイプなのかということをしっかりと把握したうえで
どのようなフレームが存在しているのかを見極めて構想を練ってほしいのです。
そうしないと、あってしかるべきポイントが抜けていたり、読者が望んでいる方向性と違っていたりして
正当な評価を得ることができなくなってしまうことをよくよく承知してください。

またどうしたらこのフレームについて正しく理解できるかというと、とりもなおさずより多くの作品に触れるしかありません。
このとき一般読者と同じ視点で接していてはなかなか成長できません。
必ず創作者としての視点で考えながら接していかないと効率よく成長はできません。
ただし小さい頃から創作に興味があってたくさんの作品に触れてきたのであれば自然と身についているのですが
そういう環境でないまま大人になってしまったのなら特に意識して訓練しないと自分の血肉にはなりません。

こういうことを指導したりしても、やる人はやっていくし、やらない人は何かしら理由をつけてはやらないんですけどね。
そういうわけで努力を継続できるかどうかは最大の才能なのです。あなたは自分に努力を継続できる才能はありますか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1056-ad40b1b9

HOME
広告: