L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「好きなもの」はどう好きなのか説明できなければ意味がない!

だいぶ日にちが空いてしまいましたが、久しぶりのブログ更新です。
とはいえ創作塾のほうはずっと休みなく続けていますよ。

さて、今回も指導しているときによく感じることなんですが、とにかく最初は自分の好きなものを書いてみようということで
自分が好きなものを考えてもらうようにしているのですが、これがまたできる塾生が少ない……
そんなの誰でもできると思いますよね? でも実際はできていないんですね。

塾生の多くは好きなものといって口にするのは「ジャンル」レベルどまりで、それより深く突っ込むともうお手上げです。
しまいには「それ、本当に好きなの?」っていうくらい、何もこたえられない人もいます。
たしかに読者レベルなら「好き」「嫌い」の二元論で充分なんですけどね。
作家になりたいなら「どこがどういうふうに好き」なのかを明確にして、さらにもう一段回踏みこんで
「あの作品ではこういうふうにやっていたけど、ぼくならこう変えたほうが絶対面白いと思うんですよ!」と言ってほしいわけです。
それが正しい指摘でも間違いでも構わないのです、そのレベルまで考えられるかどうかがまず肝心なのです。
ところが、たいていの人はそこまで考えることをしていないので、スタート地点にも立てていません。

実際にどこがどう好きなんていうのは日頃から考えるクセをつけていないと身につくものではありません。
それが言われなくてもできていた人は才能があったということですし、できてない人は意識的に学ぶしかありません。
天才でない限り小説作品というのは、ある意味「理詰め」であり「パズル」や「詰将棋」に近い感覚があります。
定石というセオリーを踏まえたうえで、それを超える飛躍した発想も必要となってきます。
まずは膨大なセオリー(お約束など)を暗記し、かついつでも活用できるよう脳内に整理しておかなければ
本一冊分の膨大な量にしてルールがあってなきがごとき自由度の高いパズルなんて解くことはできません!

ということで最低限、自分が好きなジャンルのことについては何時間でも語れるくらい詳しくなってください!




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1057-5ddd83a9

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。