L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/28(土) クトゥルフだらけのボードゲーム会やります!


【11/28】クトゥルフオンリー ボードゲーム会【東京】

最近、ふつふつとクトゥルフ熱が再燃してきまして、クトゥルフ神話TRPGなんかにも手を出しはじめました。
ファンタジー系のライトノベルを書いていたわりには、ヒロイックなファンタジーTRPGにはとんと興味がなかったので
今まで参加することがなかったのですが、ホラーというジャンルでついにTRPGデビューしました。
とはいえホラーというのはゾンビ映画でもわかるとおり、コメディとは紙一重、あまつさえ共存さえするものなんですけどね。
そういう怖いんだかおもしろいんだかわからない世界観というのが私のお気に入りなのです。

ということで、だいぶ前に購入した後は、さわりで1回しかプレーしたことのなかったクトゥルフのゲームを
クトゥルフ好きの人と一緒に遊びたいという思いで、TRPGイベントの一画を間借りしてボードゲーム会を開催することにしました。
最上段のリンク先にオフ会の詳細が書いてありまして、そのまま参加表明もできることになっています。
一応、最小限の1卓からスタートということで5人募集で、この記事を執筆時点で既に3名が集まっています。
ただし他のクトゥルフ系ゲームを持参&インストしてくれる人がいれば、卓はいくつか増やせるキャパがあります。

とりあえず、こちらで用意できるのは「マンション・オブ・マッドネス」を中心に「マンチキン」と「FLUXX」のクトゥルフ版の3種類。
マンション・オブ・マッドネスは、精巧なミニチュア駒が気に入って買ったのはいいもの、遊ぶ機会が少なかったんですよ。
ちゃんと遊ぶ機会があるのならウォーハンマーのようにもっと手をかけてペイントしてあげたいなと思っています。
ゲーム内容としては狂人やモンスターの徘徊する洋館などを探索して邪神の復活を阻止したりといったTRPGと似たような展開で
正気度(SAN)チェックなどのルールも似ているので、実際にTRPGイベントの一画でプレーされることもあるみたいですね。
mansion_of_maddness


もしもクトゥルフとかボードゲームに興味があるのであれば、参加してもらえればいいなと思っています。
ボドゲではなくTRPGを楽しみたいというのであれば、下記の本主催のイベントのほうに参加してみてはいかがでしょう。
どちらも未経験者、初心者対応となっていますので、今まで興味があったけど機会がなかったという人にはうってつけですよ。

第2回ゼロからクトゥルフ! 於 新木場

それにしても前回もそうだったのですが、会場はマリーナ(ヨットハーバー)なんですよね。
優雅なヨットがたくさん停泊していましたよ。ヨットのある港を眺めながらTRPGやボードゲームをやってしまうのが素敵でした。




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1066-d7a3d207

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。