L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

作家に求められる資質

どんな人でも小説家になれるわけではありません。
それでは、どんな人が作家に向いているのでしょうか?

私がこれまで知りあってきたライトノベル作家について感じたことは
やはり第1にコミュニケーション能力は絶対に必要となります。
文章を通して不特定多数の読者とのコミュニケーションが可能な作家は
概して実際にあって話しても、たのしい人がほとんどです。
やっぱりたのしい人からは、たのしいアイデアが湧いてきますね。これは真理です。
それだけに私ももっともっとコミュ力を磨かなければと反省することしきりです。

つぎに求められる能力は何かというと、論理的思考なんじゃないかと思います。
算数や数学の能力ともいえますが、どちらかというとパズルを解く能力に近いかもしれません。
特に長編小説というのは、ストーリーを破綻や矛盾なく、それでいて起伏に富んだ構成にしなければならないので
デザインだけでなく構造についてもトータルに考えなければいけないのは建築家にとても似ています。
言ってることが支離滅裂では、いくらいいアイデアが浮かんでも小説作品にはならないですからね。

そうして、ようやく文学的な感受性ということになるんでしょうか。
エンタメ系小説では、それほど流麗な文章を求められるわけではないんですね。
美しい文章より、おもしろい台詞まわしの能力のほうが求められます。
かといって、軽視していいわけじゃなくて、そこはやっぱり平均レベルを超えてないと
なかなかプロとしては通用しにくかったりします。

いずれも先天的な才能だけではなくて、後天的な訓練で体得できることですから
ぜひ作家として必要な素養を身につけるべく、日々、意識をもって執筆活動をしていってください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/107-b1ddecad

HOME
広告: