L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

塾生が6人に! ということで指導方法も変わります

創作塾の塾生は散発的に応募が来ていまして、現在のところ再び6名になりました。
当初は火曜と木曜の2回に分けての指導でしたが、ここのところ欠席者も多いこともあり火曜のみの開催となっています。
ところが全員が参加することになると、やはり時間の関係上、指導しきれないという事態も考えられます。
ということで指導方法の変更について塾生にお知らせします。

【課題に対しての指導について】
現在のところ課題として提出されたプロットについては全て講評を加えているのですが
前のエントリーでも書いたように完全に「ボツ」レベルの作品について指導してもあまり意味はないんですね。
そこで今後は基本的に課題のプロットは評価基準で「C+」以上のもののみ指導対象とします。
よって「C」「C-」「F」といった低評価のプロットについては、その評価レベルのみ示します。
(入塾して間もない塾生については猶予期間として配慮します)

そういうわけですから塾生の皆さんにはがんばってC+以上のプロットを提出してください。
ただしコンスタントにC+を書くの難しいかもしれません。今のところ塾生の提出してくる課題プロットの約9割はC以下です。
ですから1回の指導にプロットを1本しか提出しないというのであれば、確率的にC+を獲得するのは至難です。
そのため指導は隔週ですから2週間の期間があるわけですから、5本、10本と数で勝負していくようにしてみてください。
さすがに10本もプロットを書けば、そのうちの1本くらいはC+以上の評価は獲られるはずです!

また、これにより事前に課題を提出する必要はありません。言っても提出してくれないので。
当日、書いたプロットを全て持ってきてください。10や20と数が多いとその全てを読むことはできないかもしれませんが
その中で塾生自身が自信のあるプロットを優先的に読んで評価をしていきます。

ちなみにプロットの評価レベルについては以下のようになっています。
【A 】文句なしの傑作、すぐに執筆に入るべし
【B+】若干の修正のみで大丈夫、良作
【B 】改変を加えればOK、及第点、商業作品の最低レベル
【B-】大幅な改変をすればどうにかなりそう、無料で他人が読むに堪える最低限のレベル
【C+】基本Cと同様のボツだが、商業的に売れる要素があったり、独特な作家性に輝きが見られる
【C 】ボツ、どう改変しても受賞レベルにはならない
【C-】物語として破綻している、盗作レベルの類似作品があるなど
【F 】プロットのフォーマットを満たしていない、評価するだけの情報量がない

【読書リストの提出について】
それと指導日から指導日までの2週間に読んだ本の読書リストを書いて持ってきてください。
これは印刷するよりも手帳などにどんどん書名を書き連ねていくとよいでしょう。
最低でも「書名」と「著者」を、可能であれば出版社、出版年、一言感想などを加えるとより効果的です。
この読書リストには小説だけでなくマンガでも雑誌でも専門書でも構いません。
ただし小説(ライトノベルを除く)を年間100冊を目標に読んでいきましょう。
ということで週に2冊を目安とした読書習慣を身につけてくださいね。
これを苦に思うようでは、残念ながら作家という職業には向いていません。
一般的に小説家になるような人は読むなと言われていても年100冊くらいは読んでしまうものです。

それでは今後とも頑張っていきましょう!
また絶対に作家になってやるんだという強い意志のある人の参加も定員を定めず今後も受け付けています!
詳しくは過去のエントリーにある募集要項を読んでください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1071-859aab21

HOME
広告: