L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が書きたいものではなく、読者が読みたいものを書きなさい

今日のエントリーで言いたいのはタイトルのとおりですし、以前にもたびたび触れていることですが今一度!
わかっている人は当たり前のことですが、こんな基本がわかっていない人できない人があまりにも多くいます。
塾生に対しても常に言っているんですが、なかなか提出課題に反映されていません……

とはいえ、自分が書きたくないものを書けというものではありませんよ。
しかしあなたが書きたいと思うものは、往々にして読者が求めているものではないことが多いのです。
ですので、自分が書きたいものをメインディッシュにしてしまうと読者はつまらないと思ってしまうのですね。
自分が書きたいものについては、あくまで作品の添え物、サイドメニューにしてください。

では、読者が読みたいもとは何でしょうか?
それがわかれば困りはしません。みんなベストセラー作家になれてしまいます。
天才肌なら皮膚感覚でわかってしまう人もいますし、膨大なデータを基に分析で割りだす人もいます。
実際には天才である可能性は非常に少ないし、ビッグデータを入手することも難しいわけですから
一般的には可能な限り手に入る量の情報を基に分析しつつ、足りないところは自分のセンスで補うことになるでしょう。
ところが、この情報が決定的に不足しているというかほとんどゼロの人も少なくないのです。
しかもそれを乏しいセンスで補ったらどうなるか……考えなくてもわかるでしょう。

一般論で言えば情報とは読書量に比例します。あとは人間や世の中で起きていることにどれだけ興味があるのか。
またマニアックな知識は物語に深みを与えることに寄与しますが、作品の根本的なおもしろさや娯楽性は与えません。
人生でどれだけ読書を積み重ねてきたのか、より多くの物語に触れてきたのか、そういうことが基礎体力になります。
いま流行っている作品について考えるにしても、その源流はいつの時代のどの作品の影響が色濃いのか
そして当初の作品からどういうところが変わっているのか、それはどういう世相や風潮を反映しているのか
そういった知識があるのとではないのとでは、次の流行りはどうなるのか、また今の人々は何を求めているのかといったものが
なにも知らない人よりも判断する材料が多くなり、的中する確率、成功する確率は飛躍的に高まるでしょうね。
あなたは何ら装備もないまま、暗闇の中でレーダーや暗視装置を装備した敵と戦って勝てるかどうかを考えてみましょう。
読書量こそが完璧でないにしても暗中模索の創作に対して適切なヒントを与えてくれるレーダーであり暗視装置なのです。
これで多少のセンスのなさもカバーできます。

読書量で武装したあなたは次にセンス、つまり直感に従って前進すべきです。
ただし武装していないなら安易に突き進むのは無謀です。地雷原を幸運だけで突破できるかどうかを試すようなものです。
創作するだけなら死ぬことはないので何度でも再チャレンジできますが、それでも勝機は高いとはいえませんよね。
武装した後は、どうすれば作品がよりおもしろくなるかが直感的にひらめくよう、その霊感や嗅覚を研ぎ澄ましてください。
手に入る情報は完璧ではない以上、最終的な決断は第六感的なものに委ねなくてはならないときがくるものです。
ここで注意すべきは「あなたがおもしろいと思うもの」は必ずしも「より多くの人もおもしろいと思うもの」ではないこと!
エンタメ作品におけるセンスを磨こうとするなら「どうすれば人を楽しませられるか」について常に考えていきましょう。
よきエンターテイナーたらんとするには自分はどうあるべきか」を心に留めておいてください。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1073-b99cdfde

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。