L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違いだらけの創作の順序→成功する確率を最大化しよう!

ここのところ塾生たちの指導でよく話していることがあるのですが、それは創作するときの順序です。
これを間違った順番でやってしまって、プロット段階ですでに落選確実の作品にしてしまっている人が多いです。
たしかに、これが正解という創作方法なんてありませんが、効率の悪い方法もあれば、良い方法もあるのです。
そして大半の人がおそらく効率が最悪の方法を選んでやってしまっているんですね。困ったものです。

では、どういう間違った方法をやっているのかということを説明していきますね。
第一歩となるアイデアをプロットに落としこむ段階からして、すでに大失敗しているわけですが具体的には――
まずキャラの肩書やら物語の進行といった枠組から考えはじめてしまうというミスを犯してしまっているんですね。
そして後からキャラの個性的な性格を付与しようとしたり、物語のウリとなるシーンを考えようとしたりするのです。
イメージ的にはあらかじめ物語における容器や箱を作ってから、その容器に入るサイズの内容物を作っている感でです。

でも、それって良くない手順だってなんとなくでもわかりますよね?
まず普通の商品というものは製品が完成した段階で、化粧箱をその内容物のサイズに合わせて作るものです。
製品のサイズが決まっていないのに、どうして箱のサイズ(縦・横・高さ)を決められるのでしょう?
なぜ小説創作のときだけ反対の手順でやろうとしますか?

あなたが創作において、まず優先して考えるべきことは作品の本質であり、枝葉末節の部分ではありません。
作品の本質(=製品)の形やサイズが決まってから、用意する箱(=枠組)のサイズを適切に指定してください。

具体的には、あなたの考えた主人公の個性、つまり従来作品にはなかったような際立った性格設定が決まった段階で
そのキャラを演出するには、騎士がいいのか、それとも魔王か、はたまた高校生なのかと最適な設定を決めましょう。
まず「騎士」だからと決めてしまってから後付けで個性的な性格を付けようとしてもそう簡単にはいきません。
初級者はもっと詳細なキャラ設定やキャラの相関関係を決めてしまってから、キャラに個性を付けようという無謀なことをやります。
そういう順番でキャラを考えようとすれば、大胆な性格設定を付けようにも他の諸設定が邪魔して整合性がとれず巧く収まらなくなり
結局は無難に小さくまとまった設定になってしまって、たいしてキャラの魅力が引きだせないのは当たり前ですよね。

今の時代、キャラも物語もいかに「尖った個性」のあるアイデアを出せるかが求められています。
ですから大事な個性を殺さないようその尖った部分もきとんと収まるような箱を後から採寸して作りましょう。
けっして事前に作った箱のサイズに合わないからと、せっかくの尖った部分を切ったり削ったりしないように!

そして「尖った個性」を考えるのは並大抵の難易度ではないので、つらく厳しい試練だと覚悟してください。
なので逃げで考えるのが簡単なところの設定(今回でいう箱の部分)から作ろうとする誘惑に乗らないように!





関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1074-c9a55528

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。