L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

言いたいことは”ひとこと”で!

もしも小説作品を通して読者に伝えたいものがあるとき、長編小説を書くとすれば
原稿用紙換算で300枚も500枚もあるからと、じっくり伝えればいいんだなんて考えてませんか?

もしもそんな悠長なことを考えていたとしたら、絶対に読者にはなにも伝わりません!
小説というのは、たくさんの言葉をつむいで物語を語るものではありますが
もともと伝えたいテーマ性を長々と語るべきものでもないし、難しい媒体なのです。

なぜなら小説では、ほとんどの文章が物語に費やされるのですから
実際にテーマについて書かれている文章というのは圧倒的に少ないか
あるいは物語の全体にちりばめたとしても稀釈されてしまうわけです。
もしテーマだけを語りたいなら論文や評論を書けばいいわけです。

だから小説作品を通して読者にどうしても伝えたいテーマがあるのだとしたら
はっきりと一言で言いあらわせるほど明瞭なものでなければなりません。
そのうえで微妙なニュアンスや機微といったものを物語の中で補足するようにしなければ伝わりません。

もし簡潔に一言で説明できないのだとすれば、それは作者自身さえわかっていことだということです。
作者さえよくわかっていない曖昧模糊なテーマを作者が作品の中でくっきりと書けるわけがないし
それを読者に読みとれというほうが、どだい無理な話というものです。

オフなどを作家志望の人のプロットを読んで、この手の質問すると巧く応えられなかったり
そこまで考えていなかったりということが多いのですが、そういうプロットはやはり芯がないので
ストーリー自体がぐらついてあらぬほうに向かってしまうことが多いんですね。
難しく考えすぎてしまい、作者本人がよくまとめきれてないのです。

オフでは最近、言葉短く説明説明する練習をすることが多いのですが
それは物語の芯であり、軸をしっかりと立てる感覚を掴んでほしいからなんですね。
経験がないほど詳細設定などの枝葉末節に心を奪われてしまいがちなので、
みなさんも投稿作品を書く前に、その作品で自分がなにを言いたいのかということを
はっきりさせてから書くようにしてみてください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/108-2a20e215

HOME
広告: