L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分以外を愉しませる訓練をしていますか?

創作活動における基礎体力というのは、とりもなおさず「いかに自分以外を愉しませるか」といった能力にかかってきます。
このとこは過去に何度も触れていますが、再度ここにも書いておきますね。
読者という自分以外を小説という手段を使って、とにかく愉しませ、その対価として印税を受け取るのが作家としての使命です。
よって創作活動だけでなく日頃の活動でも誰かを愉しませることを念頭に行動できるようにするのは非常によい訓練です。
作家志望者はどうしても、こういうことを苦手とする人が多いのですが、それでも頑張ってほしいところです。
あなたが小説を書くのは自分が愉しむための自己満足ではなく他者を愉しませる奉仕であることを忘れずに!
この基礎中の基礎を忘れてしまうと、独りよがりの駄作しか書けなくなってしまいます。

では具体的にどうすればいいのかというと、彼女(彼氏)をつくって交際することが最も実益を兼ねた訓練かなっています。
恋愛をすると相手に気に入られるためにどうすればいいのか、またよろこんでくれることはなんだろうと考えることになります。
そうやって相手の気持を汲み取ることができることができる人は、なんだかんだいって作家としてだけでなく
他の仕事全般を含めた人間関係を円滑することにもつながるので一石二鳥、三鳥にもなってくれるのでおすすめです。
同性の友達を愉しませるのでもいいのですが、これはどちらかというと相互に利害関係がなくて基本無償的なんですよね。
小説として考えるなら無料のネット小説でのファンを獲得するようなものであり、敷居も低くやはりタイプがちょっと違います。
何かしらの対価(小説では印税)をもらうという利害関係ありきで愉しませる関係は恋愛関係とよく似ているのです。
あまたいる異性の中から、あなたひとりを選んで貴重な時間やお金を消費するに値するほどの愉しさを与えてくれるかどうか
それがつまらなければフラレてしまうだろうし、見合うだけのものがあれば交際は継続されるわけですよ。
友達同士なら人数制限はないし密に交流しなくとも友人関係は続けられます。

逆に考えてみてください。たったひとりの恋人さえ惹きつけられないような退屈な人、嫌悪感を抱かれるような人で、
どうして数万、数十万、ときとして数百万人にもなる不特定多数のファンや読者を獲得できるでしょうか?
あなたは創作という手段によって、アイドルはその容姿や歌手活動によって、お笑い芸人なら話芸やタレント性によって
その手段は異っても不特定多数の熱烈なファンを獲得しなければいないのは基本的に同じことです。
魅力的な人間性を発露することによってのみ、あなたは評価されることになります。

正直、人間的につまならい人、魅力に欠けるような人に作家も含めた人気商売は不向きです。
ただし文才というのは、容姿はあまり関係ないので芸能人のように容姿で売れ行きが変わることは少ないことくらいですね。
とはいえ作家であっても美人、イケメンであれば出版社がそれを利用して売上をプラス補正させている事例は少なくありません。
じゃあ、どういう人ならいいかというと、だいたいパターンがあります。
第一には昔からクラスの人気者だったみたいな誰かを愉しませることが大好きな根っからのエンターテイナー、お調子者タイプ。
第二に人気者とはいえないが極度の変人や破天荒なタイプ。ただし嫌悪感を抱かれるような傾向でないのは必須です。

男性向けライトノベルの主人公に多いような地味で目立たない、特に趣味もない、彼女彼氏もいない人というのは
創作活動においてアイデアのひきだしも少ないし、あまり尖ったアイデアも思い浮かばないので、どうしても厳しくなります。
たとえヒキコモリであっても1日2時間睡眠でオムツを履きながら1年365日ネトゲをしている廃人というのなら
それは人と話すことさえ苦手だとしても、やっぱり創作的には潜在的なポテンシャルが桁違いなんですね。
しかし毎日5時間、ネトゲにハマってました程度では極端に振れていないので、ただの中途半端でつまらない奴でしかありません。
中途半端かどうかの基準としては、知り合いが「こんなアホな奴がいてさ……」みたいに友達に話してみたくなるかどうかですかね。

とはいえ、そんな超変人タイプというのは、素質なくしてはなれないし、なろうと思ってもできません。
そうすると特にそういった変人傾向がない人は、とにかく人好き、誰かを愉しませることを常に考えているタイプになるしかありません。
友達同士、恋人同士で相手より自分が愉しむことを優先させてしまうタイプなら作家より読者のままでいたほうが幸せです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1084-a01ff2bc

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。