L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

身近にいるおもしろい人を脇役にしてみようか

あなたの身のまわりにおもしろい人、変わり者、不思議ちゃん、そんな人々はいないですか?
もしそういう人たちと接する機会があるのなら、あなたは作家として幸運です!
そのおもしろい人たちを参考にモデルとしてキャラを作ってみると、なかなかいい味をだしてくれることが多いんですね。

なぜならリアルで存在する人物なので、細部にリアリティが出てきますしキャラ設定が破綻しにくいんですね。
しかもよくあるステレオタイプキャラではなく、かなりオリジナリティのある個性的なキャラに仕上げやすかったりもします。
漫画なのではよく担当さんがモデルとなったキャラなどが登場したりしてますよね。

そういうおもしろい素材を見つけたとき、どうすればよいのか、その注意点を今回は書いておきましょう。

【1】あまりにもそっくり同じにしない、個人を特定できない程度にフェイクなどを入れておく
あとで訴訟沙汰になったりとめんどうなことも多いので、やはり似すぎるとか実名とかは避けたほうが無難です。
過去には出版差し止め、賠償金沙汰になった作品もあります。漫画は内輪ネタなので訴えにくいだけです。

【2】キャラはカリカチュアライズしなければならない
他のキャラでもそうですが、リアルな人間というのは非常に複雑で、ときに矛盾した存在であることもしばしばです。
ですが小説作品といったものの中では、そういう矛盾点が少しでもあると、それは致命的な設定破綻となります。
リアルとフィクションでは同じものでも感じ方が違ってくるんですね。
極端な例でいえば「成功率0.0001%」はリアルでは絶対に失敗しますが、フィクションではほぼ成功そ意味していますよね。
ですので、できるだけシンプルに読者にキャラの性格や考え方が伝わるように、多少極端な設定にしてデフォルメするのです。
ときおり町中で顔の特長を誇張した似顔絵を描いて売ってるのを見かけたことがありませんか?
ああいったことをキャラの性格設定でしないとメリハリがつかず、なんら特長のないキャラになってしまうのです。

【3】主役にはあまり向かない
しょせん実在の人物というのはどんなにはじけた破天荒な人でも、やはりフィクションの中ではそれほどでもないんですね。
ですから無理に主人公にしたててしまおうとすると、どうしても無理が生じてしまい作品も小ぢんまりとしがちです。
なので、実在の人物をモデルとしたキャラは脇役くらいのほうがベストポジションだったりする可能性が高いです。

もしあなたのまわりに、そんな小説のネタになりそうな変人奇人なんていないぞというのであれば、
さらに交友を拡げてみたほうが創作のためにも人生を豊かにするためにも有効なので、ぜひ挑戦してみてください!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/1091-b9657976

HOME
広告: