L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

大事なのは、ドッキドキ、わっくわく!

あえて今回は抽象的に表現しますが、ライトノベルを含むエンタメ作品にとって大切なのは
ドキドキわくわく なのです。

みなさんの作品には、ドキドキわくわくがありますか?

ないなぁという人は問題外なのですが、あるよという人も誤解している人も多いんです。
作者のドキドキわくわくと読者のドキドキわくわくって区別していますか?

誤解している人にいちばん多いのは、物語を作るとき、特に世界観といった設定を考えることに
ドキドキわくわくしちゃってるタイプの作者ですね。
こういうアイデアを盛りこもうとか、こんなふうにしたらストーリーが拡がりそうとか
そういうことを考えて、ドキドキわくわくしちゃうわけですが、正直、これはいただけません。
たしかに小説家にとって、あれこれ設定を考えるのは、とても楽しいんです。

それはわかります。でも設定を考えるときに、ドキドキわくわくしたからといって、
作品を読むときにもドキドキわくわくするかというと、これは別問題なんですね。
読者は別に作品を作る過程の楽しさなんて知らないし、知ろうとも思っていないので
作者が感じたようなおもしろさを感じてはくれないんですね。

だからこそ、作者は読者が作品を読んだときにドキドキわくわくしてもらうように
作品を書いていかなければいけません。もしも他人に見せるつもりで書いた作品ならば!

では、どうすれば読者はドキドキわくわくしてくれるでしょうか?
読者が作品を読んだとき、(   )になりきって、(     )を(  )してくれるかにより
ドキドキわくわくしてくれるかどうか決まってくるのです。

さて、(  )の中にどんな言葉が入るか考えてみてください。
答えを書いてしまうのは簡単なのですが、それでは結局、考えることを放棄してしまい
ただ読み流してしまって、まったく身にならないので、あえて答えはここに書きません。
実はライトノベルオフでも何度か説明していたりすることなんですが、
オフに参加したことのある人もない人も各自で自分なりの答えを見つけてくださいね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/121-279997b2

HOME
広告: