L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

電子書籍「AiR」創刊に寄せて

ついに作家主導の電子書籍が出版されますね!

作家発信型の電子書籍「AiR」に横山裕一、永井豪ら共鳴

瀬名秀明、桜坂洋らを筆頭に作家、研究者、マンガ家、記者など各分野の書き手が集まり、
電子書籍の可能性を確かめようと企画されたオリジナル電子書籍「AiR(エア)」。
その先行配信版が本日6月17日にリリースされ、
マンガ家は横山裕一、永井豪、むらかわみちお、カレー沢薫の4名が参加している。



とのことなんですが、紙代や印刷代はゼロ、中間業者である出版社や卸も通さないので
5000部販売できれば、それなりの利益がでるシステムになっているようです。
作家以外の編集者などスタッフは3名ということで、かなり小規模ではじめられるんですね。

しかし渋いところを突いているなと思ったのは、漫画『デビルマン』の新解釈ノベライズ化とかですね。
詳しいコンテンツは記事を参照してもらうことにして、コンテンツ的に読者層を絞ってます。
デビルマンに反応してくるって、だいたい30代、40代の男性なんですよね。
その他のコンテンツでも読者ターゲットは中年男性向けのようです。
それも元ラノベファン、現役SFファンといった男性がターゲットになってます。

これって、いいところに目をつけたなと言うのは、この世代というのは「お金はあるけど時間がない」んですよ。
逆に学生などの若者なんかは「時間はあるけどお金がない」んですね。
このちがいはネットビジネスにおいて、かなり違ってくるんです。

つまり大人はお金に余裕があるから500円くらいなら、ぱっと払ってくれます。
正規品だから、うしろめたさもないし、なにより違法にアップされているサイトを探しまわったり
ファイル交換ソフトでちまちま時間をかけてダウンロードしてくるのって苦痛なんですね。
だから読みたいときに、すぐ読めるなら数百円くらい惜しくないと思うわけです。

ところが逆に学生は時間はありあまっているから、お金を少しでも節約したいとファイル交換ソフトで
何日間かかろうと無料で手にれるべく奮闘するし、それに生き甲斐を感じてしまって
自慢しまくったりとか、違法コンテンツをアップしまくって逮捕されたりする輩まででてくる。

どっちの読者層で勝負をかけようかと思ったら、断然、前者ですよね!
そう考えると、今後の電子書籍時代のライトノベルも読者ターゲットの年齢層があがるやもしれません。
学生を相手にすると、すぐコピーされまくって販売機会をロスしてしまいやすいですが
大人の読者なら、学生ほどには違法コピーに手はださないだろうし、
わざわざ逮捕される危険を冒して違法アップするような犯罪者はずっと少ないでしょうから。

私の考えでは、作品は極限まで無料に近づくはずなので、
この手の電子書籍ビジネスは過渡期なんじゃないかなと思うわけですが、
これからは出版社主導ではなく作家主導による出版が今後の主流となっていって
”電子書籍総同人誌化現象”となってゆくのもまた時代の流れのような気がします。

さて、あなたはここ数年で目まぐるしく変化してゆく出版事情について準備や心構えをしていますか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/124-ceaa8d7b

HOME
広告: