L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

ラノベじゃない!『平和宇宙戦艦が世界を変える』

今回、みなさんに紹介する本は、つい先日6月14日に「日本トンデモ本大賞2010」を受賞した
杉山徹宗著『平和宇宙戦艦が世界を変える』(芙蓉書房出版)であります!

受賞の経緯など詳しい記事は、山本弘のSF秘密基地BLOGをご覧ください。

ええ、もちろん、この本はタイトル通りライトノベルではございません!
大真面目に書かれた学術的な専門書であります。
そもそも著者の杉山先生は、高学歴のエリート、慶應大学卒でありまして
陸上自衛隊幹部学校・海上自衛隊幹部学校指揮幕僚課程及び高級課程講師もしておられる専門家です!
専門は国際関係論、比較防衛学、外交史です。

そんな偉い先生の直筆デッサンによって、イメージされた平和宇宙戦艦がこちら(下図)
※昭和30年代の小学生男子児童のノートに描かれていたらくがきではございません。
平和宇宙戦艦

全長60m、満載重量170t、艦前部甲板にレーザー砲を装備しております。
これが海上から滑走しつつ、颯爽と宇宙へと飛び立つわけでありますよ!
もちろん日本の建造が前提でありまして、艦名は「大和」がふさわしいとのこと。
まあ、脳内では宇宙戦艦ヤマトのテーマを奏でつつ発進してゆくにちがいありませんね。

この最先端科学の粋を集めて建造されることになる宇宙戦艦ではありますが、しょせんは兵器です。
なぜに「平和」なのかというと、その使用方法が、いかにも日本的に特徴的なのです!
アメリカのように軍隊の示威や武力行使によって、世界を平和にしようというのではありません。
この平和宇宙戦艦は、あくまでも平和的に非殺傷兵器として運用されるのが大前提なのであります。

たとえば、東に武装組織がテロ攻撃を準備していれば、遙か上空の宇宙戦艦の放つレーザー光線が
テロリストの持つライフル銃の銃口を一挺残らず溶かして使用不能にするでしょう。
西に独裁国家に拉致された邦人がいれば、衛生軌道上の宇宙戦艦の放つレーザー光線が
その監禁するオリの鉄棒を溶かして、拉致被害者を容易に脱出させてしまうでしょう。
いかなるものも溶かしてしまう強力な威力を威力を持ちながらも
絶対に人を傷つけず、他国を侵略しない、そんな超絶命中精度を誇るレーザー砲に私はなりたいw

この宇宙戦艦さえ建造されたあかつきには、現在のありとあらゆる国際問題が解決され
真の世界平和を実現してしまうという、そんな明るい未来について提言された良書なのです。
決してふざけて書いたわけでも、ウケ狙いでも、ましてネタでもありません。

杉山先生は自衛隊幹部に教授しているわけですから、本当に宇宙戦艦が建造されるかもしれません。
いや、きっと、ここまで記されている以上は、宇宙自衛隊では実戦配備に向けて
すでに本格的な実験が行われているにちがいありません。日本の科学力は世界一ィィィィ!!

というわけで、世の中には凄い本があるということで、一読されるとよいかもしれませんね。
ちなみに日昌晶はまだ未読です。地元の図書館に蔵書されたら読んでみようかなw


関連記事

コメント

日米は平和宇宙戦艦を建造する時

from tak

新幹線男。

from 電車男。
寧ろ宇宙戦艦ゴモラ見たいな宇宙戦艦シューティングゲームの自機に見えるよ。
勿論中二病スペースオペラ作文ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/126-139c360f

HOME
広告: