L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

プロは作品を作るとき何を考えているのか?

今回は6月26日(土)のライトノベルオフの講義内容に沿ったことを書きたいと思います。

そしてタイトルは大仰ですが、はっきり言って、わたし日昌晶にもわかりませんw
なぜかというと、作品を考えたり、書くときに、いちいちどんなことを考えているかなんてことは
ほとんど意識しているわけではないので、「こうなんだ!」と言明できないんですね。

しかしながらプロと素人では、おそらく考えていることや、注意しているポイントが違うであろうことは
小説登竜門NEOに提出されたプロットを読んだり、それについて作者と話をしてみると
ここは抑えてほしいという大切なポイントがすっぽり欠けていたりとか
思いついたアイデアを作品に落とし込むときに、どうにもネタとして使えないものを強引に使ったり
またはおもしろそうなアイデアでも、ネタとしてしっかり基本を押さえきれずに消化できていないものなど
プロなら当たり前に処理していることが、抜けていたり、あやふやなことからわかるんですね。

では、それを個別にひとつひとつ指摘することはできるのですが、それでは非効率ですし
ケースバイケースなために、同じようなミスであっても、なかなか応用しきれないことが多いんですね。
そういうことなら、どうすればいいかなと考えてみたところ
じゃあ、実際にプロはどんなふうに作品を考えたり、作ってるのかということを
実際に実演してみてはどうだろうと思ってみたわけです。
なかなかその便利さが伝わらない便利グッズを実演販売するのと一緒ですね。

あの”穴あき包丁”のが穴の部分がいかに便利かを言葉で説明するよりも、
実際に野菜を切ってみることで、切ったキュウリが包丁に貼りつかないのを目の当たりにすれば、
その効果が目の当たりにできるのと同じように理解してもらえるのを期待しています。

今回のオフではアイデアから作品プロットを作ってゆく過程を実演することで
キャラの作るときやストーリーの組み立てるときに配慮すべきことを理解してもらうのが目的です。
実際に私もどんなプロットになるかは、講義当日その時になるまでわかりませんw
キーワードは参加者に応募してもらい多数決で決めます。
その同一キーワードを使って、即興で少年向けと少女向けの作品を考えるわけです。
ですから今回はなかなかおもしろい試みだなと自分でもたのしみにしています!

なによりもおもしろいのは初心者には初心者なりに理解できる範囲で学ぶべき点が見つかるし
中級者、上級者には、やはりそれぞれのレベルにあった深度で学ぶべき点が見つかるということです。
いつもの講義でも同じ説明をしても、やはり上達レベルによって、理解深度が違っているのは
参加者が日記に書いてくれるオフレポの「講義まとめ」なんかを読んでいるとよくわかります。
そして今回の講義では、それがより顕著になると考えています。

とはいえ、深く理解しなければいけないというわけではありません。
初心者には、まず小手先のテクニックではなくて基本を抑えてもらってもらうことが大切ですし
上級者には、よりよい作品にするためにライバルと差をつけるための細かいテクニックを学んでほしいのです。

それでは来週のオフではよろしくお願いします!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/127-9e02e46e

HOME
広告: