L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

なぜ駄作かを知れ!<あと2日>

オフまで残り2日にして、おかげさまで昼の講義の部は満員御礼、キャンセル待ちとなっています。
これもみなさんのおかげと、いつもながらに感謝しています!

そして本日の内容はというと、駄作について考えてみようということです。
みなさんもラノベに限らずマンガ、アニメなどを含めれば
駄作に出遭ったのは、もう1作や2作ではないですよね。

しかし、どうしてあなたにとって、その作品が駄作なのかをよく考えてみたことはありますか?
そして、どうすれば駄作にならずにすんだであろうか検討してみたことはありますか?
以前、このブログでも駄作から学ぼうという内容のポストを書いたのですが
もしまだ一度もないという人がいたら、ぜひやってみてください。

最近、読んだあるいは観た作品で最も駄作だった作品のダメなところを
ひとつひとつ箇条書きで”駄作の理由”として紙に書きだしてみましょう。
そして自分の作品にもこの”駄作の理由”をひとつひとつ丁寧に照らしあわせてみてください。

よほどのことがないかぎり必ずや1つや2つは合致してしまっている項目が見つかるはずです。
もしも”駄作の理由”が発見されたら、そのまま見過ごすことなく改善策を考えてみましょう。
このとき1つの案だけではなく、複数の案を考えるのがコツです。
1つだけだと結局、リライトしても駄作のままということもままあるので比較検討してください!

こうして駄作から学ぶことで、自分の欠点が客観的にわかるようになります。
「人の振り見て我が振り直せ」は作品創作でも有効なのです。

ちなみに、あなたにとって最近のワーストな駄作はなんでしたか? そしてその理由は?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/131-daceeea8

HOME
広告: