L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月オフ終了

本日、今月もライトノベルオフが無事に終了しました。
今回の参加者はのべ65人くらいでした。いつもよりもたくさんの人に参加してもらえました!

今回の講義は珍しくワークショップなしで、ずっと話しっぱなしという感じでしたが
実際に参加者に選んでもらった「キーワード」をベースに物語創作を実演するという形式でした。

見事、選ばれたキーワードは「きのう世界が滅亡した」とうことで
まずは少女向けに異世界ファンタジーものを、ついで少年向けに現代学園ものを考えてみたわけです。
もちろん日昌晶は創作のプロセスを見てもらうためにノープランです。

その場で即興で物語を考えてゆくのですが、実際に見てもらいたかったのは
できあがった物語そのものではなくて、なにをポイントにどう考えているのか
どう設定やエピソードを拡げてゆくのかといった過程なりプロセスなんですね。

キャラ設定や世界観、エピソードを考える順序というのは個々人で異なるわけですが
ポイントごとになにを考えるべきかは共通ですし、実際に考えてゆくと
あちこちに飛んだり、相互にリンクしたりと各設定を横断してゆきますし
そうでなければおもしろくならないので、発想の拡がりというものを感じてえたらなと。

あとは設定の理由付けについて、おざなりの人が多いので、
今日の実演のように「やさしい」という性格を設定するならば
「どうして」「どんなふうに」にやさしいのかということを考えて
それをいろいろな設定にリンクさせることで物語に深みが増してきます。

ほかにもキャラ配置のバランスや対象読者層の好みへの留意など
いろいろと注意する点も見てもらえたと思いますので
ぜひ今後の執筆の糧になってもらえればなと思います!

本日はオフに参加していただきまして、本当にどうもありがとうございました!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/133-b68648ea

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。