L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルは麻薬

『ドラえもん』には、少年向け作品にとって重要な要素が1つを除いてすべて詰まっている。

これは漫画だけでなくライトノベルにも当てはまることは、上級者なら理解してくれるはずです。
で、ここでは敢えて言及することはしないでおきます。
もしもわからなければ、各自で考えてください。

今回は『ドラえもん』にたったひとつだけ欠けている要素について。
みなさんは、なんだと思いますか?

それは「バトル」です。
少年ジャンプあたりでは、これが主力作品には欠かせない要素となっていますが
『ドラえもん』には「友情」も「勝利」も「努力」もたまには描かれていますが
本当の意味での「バトル」というものは描かれていないんですね。
映画を除く読切漫画および、それを原作としたアニメにおいてですが。

作風に合うかどうかは別として、バトル要素は少年読者にはウケがいいんですね。
なにしろチビッコたちは、日々あらゆるものについてどっちが強いかということに興味津々なのです。
どっちがゲームが巧いとか、ちがう作品の主人公が戦ったらどっちが強いだのとか
そんなことばかり考えていて、あまりに真剣に議論して友達同士で喧嘩になることもw

そういうどっちが強いかという疑問への欲望がゲームでは『スパロボ』になってみたり
アメリカでもスパイダーマンやアイアンマンなどアメコミヒーローたちが一堂に会して
イデオロギーの対立から二手にわかれて構想するなんていうコミックまで人気を博したりと
バトルが好きなのは世界共通みたいなんですね。

ところが『ドラえもん』にはそれがまったくない。
しかし、それが長寿連載の秘訣であり、今も絶大な人気があり続ける理由なのかもしれません。
それはなぜかというと「バトル」というのは戦うわけですから、必ず決着がつかねばならず
決着がつけば勝敗、優劣が決定してしまうということです。
つまり主人公は必ず勝利するでしょうから、ストーリーが進行してゆくうえで
どんどん成長して強くなってしまうんですね。
そして強くなったら、弱い相手と戦っても面白くないので、さらに強い敵と戦い……
こうして強さのハイパーインフレなんてものが起きてしまい、主人公はバケモノみたいに強くなる。
ジャンプ連載作品ではよくあることですし、これもひとつの醍醐味なのですが
ひとつ困ったことが起きてくるのです。

強さに際限がないとはいえ、作者も強くなりすぎると扱いにくくなってしまいますし
かといって弱くするということもできず、やがてにっちもさっちもいかなくなり
とうとう最終最強の敵を倒した段階で大団円、連載終了とならざるをえないのです。
ですからバトルという手軽で効果的な要素を一度でも手を染めてしまうと、そのときはよくても
もう麻薬のように、どんどん摂取する量が増えていき、中毒のようにやめられないんですね。

しかし『ドラえもん』はバトル要素は使っていませんしから、
主人公であるのび太もドラえもんも、そのまわりの人も成長しないんですね。
それは徹底的で歳さえとりません。十年経っても高校生とか非バトル漫画には多いですよね。
反対にバトル漫画では時間の流れを遅くすることはできても成長を停滞させることはできません。
なぜなら成長こそがバトルに運命づけられているからです。

バトル要素を入れると読者ウケは非常にいいんですが終わりが運命づけられているんですね。
代わりに非バトルものはラブコメ作品に代表されますが、1エピソードごとにリセットが可能なのです。
連載作品であっても1つのエピソードが終わったら、前のエピソードでの出来事はチャラにして
成長しないまま物語をつくることができるので、ネタさえあれば半永久的に続けられるのです。
つまりバトル要素を使うかどうかは、一長一短なんですね。

さて、あなたの書いている作品はバトル要素をとりいれますか?
バトルを使うにしろ、使わないにしろ、そのメリット、デメリットを見極めていますか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/153-5c603e5c

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。