L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

読者はなにを望んでいるのか?

今日、なんとなくマクドナルドに行ってみたんですが、
高校生らしきグループがPSPでゲームをしているのを見かけました。
一時期に較べると落ち着いた感もありますが、まだまだ多いですよね。

でも昨日書いたことのつながりもあって、思うのです。
彼らは本当にゲームがしたいのかと?
ゲームが嫌いなわけではないでしょうが、そんなに熱中するものなのかと?
だって経験上、中高生男子の頭の中なんてエロエロで、ほとんど女の子のことしか考えてませんよ。
たぶん「ゲーム」をとるか「デート」をとるかと選択を迫られたら
よほど女性不信とかそういうトラウマがないかぎり「デート」をとるでしょう。
そんなもんですよね。

一周して彼女ができて落ち着いちゃって、またゲームに回帰するっていうケースもありますけど
中高生でそこまで達観しちゃう人って、そうそういないだろうし、
そもそも中高生でゲームにハマるようなタイプの男子は、そんなにモテないんですよね。
そういうタイプもモテだすのは大学以降だと思うわけです。

そういうわけですからゲームとかって、あくまで代替の趣味だと思うのです。
漫画とか小説とかも同じように代替的な趣味を担っている面も多いはずです。特にライトノベルは。
だからこそ代替ツールには、現実では叶えられない夢や願望をしっかりとすくいとって
カタルシスを感じさせてあげないといけないわけです。

そして人間の欲望というのは、だいたい3つ――「女」と「金」と「名誉」となります。
(女性や同性愛者の場合は「女」が「男」になったり、両方だったりしますが)
だからライトノベルでも大人向けのエンタメ小説でもそうなのですが
この3つを読者に満たすように描かれているわけです。
特に3つの中で最初に欲求が出てくる「恋愛」はほぼ必須ですよね。
他にも成功者として「名誉」や「富」を手に入れるサクセスストーリーだったり
「金」や「権威」では動かない、あるいは背を向ける高潔な主人公を登場させることで
逆説的に「金」や「名誉」そのものの力を克己することで欲望を満たせたりするケースも多いですよね。

もっと細かいことを書けばいろいろあるのですが、もっとも単純化すれば
やはり「女」「金」「名誉」の3つに帰結してゆくと思うわけです。
そういうふうにシンプルに考えていった場合、あなたの作品はこれら人間の根源的な欲求に訴求して
カタルシスを感じさせるような構成となっているのか、もういちど考えてみてください。
シーンごとのおもしろさではなく、物語を通して読者の感じるおもしろさというのは、
良くも悪くもこれら人間の抱き続ける果てなき欲求から湧きでてくることになるのですから。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/156-9a546ec8

HOME
広告: