L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿原稿に設定資料を添付してもいいですか?

【質問】
新人賞に投稿する際に原稿やあらすじ以外の設定資料を添付してもいいですか?
世界観を理解してもらうためにも、作品世界の地図を付けたいのですが。


【アドバイス】
規定によりますが、設定資料はなくてすむなら、それにこしたことはありません。
作品において地図などの設定資料がないとわかりにくいときは
まず最初に本文をわかりやすく書く工夫するようにしてください。
そのほうが確実に受賞に近づけます。

ただし募集要項に「設定資料添付の禁止」の規定がなければ
1、2枚程度の設定資料なら原稿と一緒に送ってもかまいません。
しかし、あるなしで作品の評価はまったくもって関係ないですし
選考員がどれだけ設定資料を見てくれるかもわかりませんが、
架空世界の地図や登場人物が多いときにキャラのリストなどを
添付しておけば作品を理解しやすくしてくれるでしょう。

あくまで小手先のテクニックですが、イラストにもかなりの自信があるなら
タイトルの書かれている表紙にちょっとしたイメージイラストを添えるというのも
文字だけの素っ気ない他の作品よりも目立つことは目立つので
他の作品よりもちょっとだけ力を入れて読んでみようかな程度の印象効果が狙えると思います。

ただ、これはセミプロ並の画力がある場合ですね。中途半端な絵なら、やめておいたほうが無難です。
また原稿に挿絵を何枚も入れるのは、やりすぎですし、有名絵師さんの画風に酷似したようなイラストは
イメージが固定されてしまって、かえって評価的に逆効果になるかもしれないので、やめておきましょう。
しょせん、作品の評価は人間が主観的に行うものなので嫌みにならない程度に
自分の作品を目立たせるというのもプレゼンとしての1つのテクニックだろうと思います。
しかし、こればかりに意識を集中させるのは間違いです。

言うまでもなく、あくまで作品の内容で勝負することがもっとも大切です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/164-0b81e38d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。