L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

優先順位はつけていますか?

仕事でも勉強でも物事を片付けようと思ったら、ちゃんと順番を決めてやっていかないと
いくら時間があってもなかなか思うようにはきっちりと終わらないですよね。

部屋を片付けられない人というのは、片付けるために何をすればいいのかという
優先順位を決められずに、こっちに手をだしては途中で、あっちが気になってしまってと
どれもこれも中途半端に投げだしてしまって、にっちもさっちもいかないんですよね。

小説創作においても、この優先順をというものを決めて執筆していかないと
支離滅裂で終わってしまうならまだいいのですが、たいていは扱いきれなくなってしまって
途中で投げだしてしまうことになるのではないでしょうか?

みなさんは小説を書くときに優先順位について注意していますか?
たぶん、ほとんどの人は、あまり意識してこなかったのではと思っています。
恥ずかしながら私もちょっと前まではそれほど明確に意識したことはありませんでした。

プロットがしっかり決まっていれば、原稿はすらすら書けると思いがちなのですが
これがどうして、なかなか筆が進まないってことありませんか?
もし経験済みなら、その原因のひとつは優先順位にあるのです。

優先順位、優先順位とはいっても、なにに対して順位を決めなければならないかですよね。
これは作家ごとに作風としてちがってくるので一概には言えません。
基本的なことを挙げれば、

・プロットの進行に忠実か?

・主人公の魅力は引きだされているか?

・世界観は存分に描かれているか?

・伏線は効果的に配置しているか?

・各シーンの原稿量(枚数)は計画通りか?

・文章は読みやすいか?

などいろいろあって、しかもどれひとつとっても、それなりに大切な項目です。
しかしながら、あれもこれもと欲張ったところで作家の技量もありますし
〆切の時間的制約もありますので、すべてを満たすということは至難です。
ですから、そこに優先順位をつけて、自分はどこに力を入れるのかを決めておくべきなのです。
そして、そこを読者にアピールするように全体を構成してゆくことが
高評価を得るためのテクニックなんですね。

ぜひ、みなさんも自分の作品を書くときの優先順位を決めて、まずそれをクリアして
さらに余裕があれば、そのつぎ、そのつぎとクリアしてゆくような意識を持って
原稿を書いてみてください。秘訣はあくまで欲張りすぎず、自分の力を集中させることです!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/165-a164777d

HOME
広告: