L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

あらすじの書き方、まとめ方

【質問】
どうやっても2000字の『あらすじ』が書けません。
他のサイトでも800字のあらすじの書き方は書いてあるのですが、2000字の書き方は書いてありません。
長編小説の内容をダイジェストで書こうとすると、どうしてもオーバーしてしまいます。
掌握小説を書く要領でというヒントがあったので、そのつもりでで書いてみたのですが巧くいきません。
ストーリーを全て書くようにとのことですが、どうしても切り捨てるエピソードがでてきてしまいますし、
世界観も必ずいれるべきかどうかさえ、よくわかりません。


【アドバイス】
あらすじの書き方については、オフやブログでも何度か触れていますが、
未だ同じ質問が繰り返されるのも、需要があり、困っている人が多いということで
改めて「あらすじの書き方」を解説してみたいと思います。

まずストーリーのすべてを満遍なく書こうとするなら、それは大きなまちがいです!
そもそも原稿用紙数百枚の内容を数枚に”圧縮”するなんてことは無理な話なんですね。
たとえできたとしても、はっきり言って、そんなあらすじを読んでもおもしろくありません。
そうです! あらすじだって読んでおもしろくなければいけません!
アホな小学生の読書感想文じゃないのですから、作品のあらすじをだらだらと
時系列を追って書くなんてことは、少なくとも大人のすることではありませんよね。

あらすじを書くときに最も必要とされることは、どこが作品のウリなのかを明確にすることです。
そして、このウリを中心として最も文字数を割くことで、いかに読者の興味を惹くかが勝負です。
とはいえ、ウリの部分だけを書いてもストーリーは理解できませんから
ウリの前後をつないでストーリーの概略がなんとか理解できる最低限を書く必要があります。

当然、ウリとなるエピソード以外のエピソードがあっても省略してしまいましょう。
どうせ少ない文字数で説明しようとしても伝わるものじゃないのですから書かないほうがいいのです。
もし文字数に余裕があるならエピソードについて書くよりもキャラの魅力などウリとなる部分に
文章を費やして書いていきましょう。

ここがわかっていない、あるいは曖昧な作者ほどあらすじが書けません。
さらに厳しいことを言えば、投稿作の8割以上はそもそもウリなんて存在していません。
作者が一生懸命に探そうとしても、見つかるわけがないのです。
なぜなら執筆時点……いや、プロット段階でしっかり「俺はココを読者に読んでもらいたい!」と
明確な意志の元に執筆していない限り、そんな偶然や自然発生でウリは発生しませんよ。
まあ、多くの人は後になって、なんとかでっちあげようとするんですよね。
でも、それは悪あがきです。選考委員はそんな付け焼き刃のでっちあげに騙されることありませんよ。

あらすじがすらすら書けてしまう人というのは、自分の作品のどこがおもしろいのかを熟知している人です。
逆にどうしてもあらすじがまとまらないという人は、結局は自作品なのにどこがおもしろいのかわからなくて
とにかくあれもこれも書かなきゃという強迫観念に駆られてしまっているわけです。

もしも、あなたが最初の1行を書く前に、自分の作品のどこがウリなのか決めていなかったとしたら
残念ですが、その作品は世に認められることは、まずないでしょう。
あらすじ執筆は作者自身が作品のウリを理解していたどうかをはかる試金石となるのです。

関連記事

コメント

from 履歴書の書き方の見本
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Re: タイトルなし

from UNO
今後もよろしくお願いします!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/171-73348391

HOME
広告: