L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

好きなものを書かなくて何を書く?

長らく投稿を続けたり、素人ながらライトノベルを読み尽くして妙に業界通になってしまうと
どうしても流行とかブームに踊らされてしまう人って多いんですよね。

しかも、たいていブームが最高潮のときか、そのちょっと手前のときに
「よし、これからは○○が流行るぞ!」とばかりに作品を執筆して投稿しようとしたりするわけですが
実際に新人賞の投稿作品となると選考の期間もあるし、受賞してから刊行するまでも時間がかかるので
作品を世にだすときには、もう流行もブームもとっくの昔に終焉していることでしょう。
もちろん選考委員も編集部もバカじゃないので、そんな作品が受賞することはぜったいないですけどね。

投稿作品を手がけるなら、どうしても譲れないものがあります!
それこそ自分の好きなものをおもいっきり描くことです。
心から自分が好きなもの、おもしろいとおもうものを作品にしてください。
これが、まちがいなくもっとも受賞への近道となります。

とはいえ、自分の好きなものを書くというのと、独りよがりに書くというのは別物です。
自分の好きなものを書いているけど、いっこうに評価されないという人は
ここらへんをとりちがえてしまっているんですね。落とし穴ってやつです。

では、自分の好きなものを書くときに、独りよがりにならないようにするにはどうすればいいでしょうか?

ここで私が正解を書いてしまうと「なあんだ、そんなこと知ってるよ」と言われてしまうのがオチですので
きょうは久しぶりに自分で考えてみる宿題としておきたいと思います。
ぜひ自分なりの答えを導きだしてください。
他社からてっとり早く聞いた知識なんて、右の耳から左の耳に抜けて頭にとどまりません。
自力で正解に辿りつけたそのときこそ、その知恵はあなたの血肉となってくれるはずですよ。
がんばって考えてみてくださいね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/180-988a6b92

HOME
広告: