L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暦(こよみ)1 架空異世界構築シリーズ

前回は異世界設定を考えるときのアイデアのネタとして祭礼をとりあげてみました。
今回はお祭りと同じく異世界もので、どう扱っていいものか悩んでしまうのに暦法、
つまりカレンダーがあります。これについて考えてみましょうか。

やっぱり異世界なのに現実世界と同じ太陽暦12ヶ月のカレンダーじゃ、ちょっと違和感ありますよね。
かといって適当に設定してみるにしても、どうしていいかわからないし、
変に懲りすぎるとわけがわからなくなってしまい、読者を混乱させてしまいます。
ということで今回はいったい暦はどうやって作られていて、
どんな種類があるのかということを小説に使えそうなネタを拾いながら説明していきます。

まず古代より1日ごとの移り変わりで目立ったのは月の満ち欠けでした。
地球の月の満ち欠け、専門用語でいう朔望月は、およそ29.5日でしたので、
これが1ヶ月の単位になっていったのは、すんなり理解しやすいですよね。
またこの朔望周期を4等分することで、7日(七曜)という1週間の単位も決まってきました。
ですから、もし異世界の月の満ち欠けがリアル世界の地球と異なるのであれば
それに合わせて自然と1週間の単位も変化するでしょうね。

こうして1週間と1月の単位が決まり、これが拡張して1年の長さが決まってきます。
現在でもイスラム暦では朔望月が29.5日であることから、
12ヶ月を30日ある月と29日ある月を交互に配置しています。
ところが、月の満ち欠けを基準とした太陰暦では1年が354日となってしまい、
私たちに馴染みのある太陽暦の365日より11日ほど短くなってしまっているんですね。
そうすると1年ごとに暦と季節が少しずつずれてきてしまいます。
イスラムの断食月であるラマダンが冬になったり夏になったりするのは、こうしたわけがあるのです。

中東地域のように四季の変化に乏しく、遊牧民が多い社会なら暦と季節がずれても、
そんなに困ることがないのですが、かつての日本や欧米のような農業主体で
ほとんどが農民だった社会では非常に不便ですよね。
たとえば種まきの時期や刈りいれの時期などの予定を立てるのに、
毎年毎年、日付がずれてゆくのではうまくないのです。そこで登場するのが閏月の挿入です。
太陽暦の今でも4年に1度の閏日や、さらに細かい閏秒なんてものが存在しますが、
農耕民族の太陰暦には、イスラムの暦のような純太陰暦に加えて
月の運行と太陽の運行を調整するのに3年に一度くらいの割合で閏月を挿入することで
1ヶ月まるまる増えて13ヶ月になる年ができるんですね。
たとえば4月と5月の間に閏月を置く場合は「閏4月」と呼びます。
閏月を何月と何月の間に配置するかは、その地域ごとにおいて算出する方法が異なるので、
気になる人は自分で調べてください。

ですから、あなたの設定した異世界において、月と太陽の運行が同期していれば閏月は発生しません。
もし年間で15日ほどずれていれば2年に一度は閏月が挿入されるでしょうし、
もし年間5日だけなら、6年に一度だけ閏月を設けるよりも
毎年、特定の月を5日間だけ長く設定しておくほうが便利でしょうね。

おもしろい暦ということでは、ローマ暦があります。
古代ローマではギリシアの太陰暦を参考にしながらも月の満ち欠けとは関係なく、
1年を10ヶ月(30日の月と31日の月)に分割しているんですね。
なので1年は304日となります。今でも英語の月名に当時の1年10ヶ月制の名残りがあって、
9月は「7番目」、10月は「8番目」、11月は「9番目」、12月は「10番目」という意味です。
ところが太陽暦換算だと1年が61日もたりなくなってしまいます。
そのためローマでは春(3月)から1年がはじまり、冬の12月末には暦が終了してしまうのです。
そして、それ以降は日付のない日が60日前後続くことになります。

なぜこんな暦なのかというと、冬は農閑期で正確な日付は必要なかったからとも言われています。
なんとも奇妙な暦法ですが、これなら暦と季節とのズレは生じないんですよね。
しかもどうやら61日間を正確にはかって暦が再びはじまるわけではなく、
権威者が春の訪れを見はからって、その年のマルティウス第1日目(3月1日)を宣言していたようです。
こんなちょっとアバウトな暦を持った異世界というのもおもしろいでしょうね。

つまり暦というのは、このように天体の運行に深く関わってきます。
月が2つある異世界なんてよくある設定ですが、たったそれだけで暦は変化するんですよ。
そういうところまで考えて、設定を考えていましたか?

次回は太陽暦と実在したユニークな暦法について解説してみます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/209-1191d06e

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。