L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFが流行らないのにはワケがある

 今年の第29回日本SF大賞はNHKアニメ『電脳コイル』に決まりましたね。電脳コイルは先が読めない展開で非常に高いクオリティもともなって、すごく面白い作品だったので、未見の人はぜひ見てみてください。

 ところでSFが流行らなくなって久しいですよね。特にライトノベルの風当たりは強いです。そうはいっても『マクロスF』がヒットしたじゃないかという人もいるかもしれません。でも、あれはSFというより「ロボットもの」ですよね。ストーリーのなかにSF的なテーマが強かったわけでもなかったし、SF設定についても『超時空マクロス』シリーズなので80年代のアニメからの流用を越えるものではなかったわけです。あの作品の何がSFだったかというと「マクロス」という”ブランド”がSFだったんじゃないでしょうか?

 なんで、ここまでSFが凋落してしまったかというと早い話、作品がマニア化してしまって、ライトな一般人がついていけなくなったと思うんですよ。進化の方向性がシューティングゲームや格闘ゲームと同じだったんです。コアなファンの要望を受け容れすぎた結果ですね。完全にミスリーディングだったと思います。

 それというのも、SFは宇宙が舞台なだけのスペースオペラからアシモフみたいな本格SFまでと幅広いのが原因なんですね。いちどSFにハマると受け手も作り手も重力に引かれるように本格SFに流れていくんですよ。もともと入口はスペースオペラみたいな作品からだったのに、すぐそんなのはSFじゃないとか言いだして敬遠する傾向が強いんです。その点、ファンタジー作品って幅がとても狭いので、こういう極端に振れることはないんですよ。どちらがいいってわけじゃないですけどw

 SFを書きたいという人は、ほぼ100%コアなSFファンです。SFが好きだかからこそSFをやりたいわけなので自然にそうなっちゃう。しかたないことです。で、そういう人は、とかく設定にこだわりがちなんです。もう三度の飯よりSF設定が大好きなんですよ。だからストーリーやキャラクター以前に「最初に設定ありき」です。しかも複雑難解なやつが好きとくるから始末に負えなくなる。そのうえ設定を作ったり決めたりするのが楽しくてしかたないもんだから、あれもこれもと欲張って手を出したりもする。こんなわけなので、特に小説なんて独りで作るタイプの作品は、完全に趣味の世界に没入してしまって、およそ一般人の理解を越えたSFができあがるわけです。

 で、こういう趣味のSF作品のどこが悪いかというと、まあたいていの場合はストーリーが単調あるいは破綻している、キャラクターが凡庸あるいは魅力が皆無、作品を貫くテーマが不明瞭あるいは作者自身も知らないといったところですね。要するに全てがダメダメなんですよ。それというのもストーリーやキャラに振り向けるべき情熱の全てが”設定”に費やされているわけですからw これじゃあ、いくらいいSF設定でも駄作にしかならないですよね。

 とはいえ渾身の”設定”だけは素晴らしいのかというとそうでもないわけで……。たいていの場合、あれもこれもと趣味の設定を詰めこみすぎているので、全体としては得体の知れない鵺(ぬえ)のごときものになっているんですよね。だから作者以外にはまったく意味不明な荒涼たる設定砂漠が作品の中に延々と続くことになるわけです。これを読まされる読者には苦痛でしかなくなります。

 なので、SF作品以外でも同じことですが、特にライトノベルのようなエンタメ系SF作品を書くときに注意すべきことがあります。まずライトな初心者層にも理解できる噛みくだいた設定に限定すること。つぎに核となる設定を1つだけ用意すること。その2つをふまえたうえで作品全体の設定を一言(最大でも40字以内)で説明しきれるほどでなければ、読者はおろか作者自身さえまるでわかってない作品になるのがオチです。これらの注意点を守って、おもしろいSFを書いてくださいね。
関連記事

コメント

そうですよねぇ。

from 通りすがり
SFだって魅力あるキャラクターやハラハラさせてくれるドラマを描かなければ支持されないですよね。
つまりは人間模様をきちんと描かないとだめだめですよね。宇宙だの未来だのメカだのというのは二の次のはずなのにそこが第一義になってしまうから衰退すると。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/21-c4ea3d94

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。