L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

カーリルで図書館を最大限に有効活用

日本最大の図書館蔵書検索サイト「カーリル」を知っていますか?

知らないという人は、ぜひ活用してみてください。
作家になろうという者、やはり読書量は膨大になりますし、専門書も増えてきます。
しかし1冊ウン万円のノートPCより大きくて重たい書籍を何冊も購入するほど
資金も続かないでしょうし、書棚のスペースだってありません。
(もちろん、このブログ読者ならラノベばっかり読んでませんよね?)

そこで、まず活用することになるのが地元の図書館ということになるでしょう。
最近はネットで予約できるので、読みたい本を探すことなく確実に借りられるシステムが整っていて
本当に便利になったものです。人気作品になると予約件数が千件とか越えたりするのが玉に瑕ですがw

さて普通に地方自治体で用意している図書館サイトにアクセスするのもよいのですが
その前のステップとして、このカーリルを利用すれば、さらに便利に借りたい本を整理できます。
たとえば図書館サイトだと予約はできても、以前にどの本を読んだかまで履歴は残りませんよね。
あまりに長大な作品をちょっと途中で中断してしまうと何巻まで読んだかわからなくなることだってあります。
私の場合「三国志」と「水滸伝」がどこまで読んだのか思い出せず、まだそのまま放置中ですよ……

でもカーリルなら履歴管理はもちろん、登録した複数の図書館に蔵書があるのか検索してくれますし
何気に本の表紙を画像として閲覧できる機能はいいですよね。
書店で見た表紙のイメージが一致すれば、似たタイトルのまちがった本を予約するミスもなくなります。
特に同じ作品でもハードカバー版と文庫版をまちがえて予約しまいがちなんですよね、私は。

しかもログインには、yahoo、google、mixiのいずれかのアカウントが使えるので
面倒な登録はしなくても大丈夫。近くの利用したい図書館をいくつか選択するだけで利用できます。

とにかく図書館をよく利用するなら、もしくは利用していきたいならカーリルをぜひどうぞ。
最近はライトノベルや漫画の蔵書も格段に増えてますからね。
順番さえ待てるのであれば、最新作だって、たいてい借りられますよ。
さあ、気になったら下のリンクをクリックしてください。

カーリル|日本最大の図書館蔵書検索サイト
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/213-2e7bd74c

HOME
広告: