L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベだからといって文章を甘くみるなかれ

今週末の3連休最終日20日には、毎月恒例のライトノベルオフを開催します。
今回の講義テーマは『学校では教えてくれない小説文章作法』です。

9/20mon.9月ライトノベルオフ

今まで初心者オフ以外には文章技術について語ることはなかったのですが
今回は参加者の文章スキルをチェックすることも兼ねての講義+ワークショップとなっています。
自分では意外と自分の文章が良いのか悪いのかわかりにくいんじゃないでしょうかね。
テストみたいに、はっきりとした数値もでないですしね。

ここでいじわるなことを言いますが、たいてい自分で大丈夫と思っているほどダメな傾向が強いです。
日々、ダメかもと悩んで文章の改善を心がけている人は、それなりのレベルなことが多いんですね。

正直なところ、ライトノベル作品に求められる文章力は、他の文芸作品と比較すれば
それほど高いわけではないのは事実ではあります。
ですが、そうは言っても適当な日本語が通用する世界ではありません。
文章が下手だと言われる作家もたしかにいますが、それでも読者にしたら平均以上です。

なぜ文章がちゃんとした書けないかといえば、学校で教えてくれないからです。
たぶん小学校の低学年のうちから作文をたくさん書かされたとは思いますが
段落はじめの一字あけ、文章末の句点、会話文の「」の使い方なんてことは教えてくれても
自分の思いや考え方を文章にして伝えるにはどうすればいいかなんてことは
ほとんど教えてくれないのが実情なんじゃないでしょうか。

だいたい学校の先生は「思ったことを思ったとおりに書きなさい」とか抽象的な指導をするばかりで
実践的にどういう文章を書くべきかなんてことは、まったく教えてくれません。
それはなぜか? 理由は簡単です。学校の先生だってわかってないからですよ。
先生だって学生時代に教わってないんですから、教えられるはずもないのです。

「思ったことを思ったとおり」に文章にするなんて、言われてできるわけがないのです。
会話を文字化しても、ちゃんとした文章にならないように、思考もそのまま文字化しても
ちゃんとした文章にはならないということを知っておくべきです。
会話には会話なりの、文章には文章なりの技術というものがあって、それを駆使して
自分の漠然とした思考を最適のかたちに変換しなければ、相手には伝わらないのです。

デンパな人の文章って読んだことありますか?
たいてい日本語ではあるけど、意味不明で、どこかしら気持ち悪い印象を与える文章です。
でも、これって実は筆者の思考をそのまま文字化しているわけです。
デンパな人は相手のことを考えていないことが多いので、相手に伝えようなんて意識は乏しいから
思ったことを思ったままに文字にしてしまうので、思考のままに文章化してしまうんですね。

でも普通の人が文章を書くときには、相手によく伝わるように
論理的に思考を変換するため文法をよく整理して文章を構築しています。
会話の場合は、声の高低や大きさなどニュアンスを伴うし、その場で修正、補足ができるので
それほど論理的に考えて話さなくてもいいわけですが、それだって脳内で最適に変換しています。
だから、あまり頭のよくない人、会話下手な人の会話というのは「主語」が抜けます。
思い当たる節がありませんか? 「この人、なに言ってるんだ?」という場合は、たいてい主語がないのです。

思考というのは自分の中だけのものなので特に主語を指定しなくても、わかっていて当然なのです。
だから通常は頭の中では主語が存在しにくいのですが、会話や文章は自分ではない相手に理解してもらうため
主語をきっちり再定義してあげて、しっかり明示しないといけないわけです。

こういうわけで、思考を文章化するには、それなりの方法を知り、訓練しないといけません。
ところが現在の日本語教育では、方法は読書などで自分で体験的に勝手に修得しろという方針なので
どうしてたって巧くいくはずもないんですね。
昔は論語などの素読を通して学ばせていたし、欧米では古典や詩の暗誦を最重要視しているので
こうして素養を身につけることができるようになっています。

今回のオフでは、講義を受講すれば、たちまち劇的に文章力が向上するわけではありませんが
どこに注目して、どういうふうに訓練すれば効率的なのかということを
小説創作に特化させたかたちで話していこうと考えていますので、
文章に自信のない人、今まであまり考えたこともない人は、ぜひ参加してもらえればと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/215-219b3251

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。