L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回 小説破綻にご注意を!

サトミ 「みんな、ひさしぶり~! よいこの○○ライトノベル教室の時間だよ~!」
ワガハイ「この番組もかなり不定期になったよね、おねえさん」
サトミ 「打ち切りにならないだけマシなんじゃないの? この業界も先ないから」
ワガハイ「マズいって! そこまでは言ってないよ」
サトミ 「だって話ふったのはワガハイだしぃ」
ワガハイ「あー、そうだ。時間もないことだし、今日のテーマいってみようか!」
サトミ 「そうやって都合わるくなると逃げるんだ~(ジト目)」
ワガハイ「逃げてないよ。戦略的転進である、キリッ!」
サトミ 「はいはい」
ワガハイ「流さないでよぉ」
サトミ 「時間ないから、さっさとやっちゃお」
ワガハイ「……なんかバカにされているような。まあ、やるけどね。今日のテーマは”破綻”であーる!」

サトミ 「ハタンって、あの国がハタンしたとか、銀行がハタンしたとかの?」
ワガハイ「まあ、そういう意味でも使うな」
サトミ 「へえ、ライトノベルもハタンしそうなんだ?」
ワガハイ「あ、いや……そういう意味深にとられかねないことじゃなくてさ」
サトミ 「だからライトノベルをハタンさせないよう、みんなで頑張っていこうということでしょ?」
ワガハイ「まちがってはないんだ。でもさ、誤解する人もいるからさ」
サトミ 「まあ、わかってるんですけどね。倒産とか破綻じゃないことくらい」

ワガハイ「知ってるんなら、そういうこと言わないでくれないかな」
サトミ 「だってワガハイの反応がおもしろいから。でも小説の破綻ってどういうこと?」
ワガハイ「よくぞ聞いてくれました。小説における破綻っていうのは物語に一貫性がないことをいうんだ」
サトミ 「一貫性がないって、つまり軸がブレブレってことね」
ワガハイ「そうそう。そうとも言えるね」
サトミ 「でも具体的にどういうのが破綻してるとか、わからないんだけど?」
ワガハイ「そうだね。ストーリー上の破綻というのは前後の脈絡がなくって、話が通じないことだけどさ、
     そこまでひどい作品っていうのは、それほどないんだよね。それより多いのはキャラの破綻かな」

サトミ 「キャラも破綻するの? もしかしてキ○ガイとか?」
ワガハイ「放送禁止用語はまずいって! そういうことじゃなくてキャラの方向性がブレてるってことだよ」
サトミ 「でも現実にリアルの人生がブレてる人っているよ。例えばワガハイの下の人のUNOさんとか」
ワガハイ「だから下の人なんていませんから! それと凹むからそういうことは言わないでよ……」
サトミ 「ごめんなさい。悲惨すぎる現実を突きつけすぎたね。さすがのおねえさんも反省したわ」
ワガハイ「そこまで言われると、かえって傷が深くなりそうな……」
サトミ 「まあまあ。で、キャラの破綻ってなんのことだっけ?」
ワガハイ「……ああ、そうだった。つまり、わかりやすい例だと物語の始めと終わりで
     キャラの性格が変わってたりすることだよ。特に成長したわけでもないのに」
サトミ 「そんなことってあるの?」
ワガハイ「これが投稿作品には多いんだって。作品の中で主人公の性格がさコロコロ変わるんだよ。
     最初、臆病だとか言ってた主人公が次のシーンには超好戦的な性格になって戦っちゃうとかね」
サトミ 「それって二重人格キャラとかじゃなくて?」
ワガハイ「ちがうちがう。原因はわかってるんだ。プロットで用意しているストーリー通りに進行したくて
     主人公の性格設定とは無関係に、そのシーンの展開上、都合のいい行動をさせちゃうんだね」
サトミ 「ああ、意志のない操り人形みたいに都合よく動かしちゃうわけか」
ワガハイ「そうそう。究極のご都合主義だね。で、これをやっちゃうと問答無用で新人賞は一次落ちだから」
サトミ 「うわっ、それだけで?」

ワガハイ「その小説なんてつまらないとかいう前に内容が理解できないから評価できないのさ」
サトミ 「言われてみれば、そうね」
ワガハイ「だからこそ最低限、登場人物の性格は終始一貫させようってことさ」
サトミ 「書いてる作者本人が、いちばん破綻してたりしたら、どうなるんだろ?」
ワガハイ「うわああっ!! だから、そういう発言はやめようよ!」

#07 novel school

<応用クイズ>
 破綻してしまったキャラには、ほぼ100%確実に(     )という問題を根本的にかかえている。

文:UNO=日昌晶 絵:みのり
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/223-e91bd753

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。