L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生の人間を研究してこそ架空のキャラに血肉が通う

あなたは、ホンモノの人間をキャラクター作りの参考に活かしていますか?

もしもライトノベルや漫画・アニメのキャラだけを参考にして、
自分の作品のキャラクターを作っているとしたら、それは大変危険なことです。
それはなぜでしょうか?

キャラクターというのは読者や受け手に理解されやすいかたちに単純化し加工された人物像だからです。
いわば魚を食べやすくした「かまぼこ」や「魚肉ソーセージ」みたいなモノなんですね。
たしかにかまぼこや魚肉ソーセージは魚肉加工品ですが、本当の魚とは大違いですよね。
魚は生き物だから生命機能を保つために骨もあれば内臓や血、ウロコやヒレもあります。
それが魚というものであり、けっしてかまぼこや魚肉ソーセージをさして魚とはだれも呼びません。

魚肉ソーセージというものは、食用に不要な部位は邪魔なのですべて取り除き、
肉質もすり身にして均質に、味も美味しく調味料を加え、さらに長期保存も可能にしています。
食品としての食べやすさは、生きている魚にかぶりつくより、ずっと美味しいですよね。

しかし魚肉ソーセージを原料に魚肉ソーセージは作れないのです。
魚肉ソーセージは新鮮な魚を原料として作ることしかできません。
むりやり魚肉ソーセージから魚肉ソーセージを作ろうと再びつぶして再加工しても
できあがりは味や風味は劣るでしょうし、そんなに保存もきかないでしょうね。

これはキャラ作りも同じです。
架空人物は作品に必要な部位のみをぬきだして加工しているわけで
血の通った人間とは大きく異なっていることを忘れないでください。
そう、架空の人物がいかにリアルに見えても、しょせんは作者の手による加工品です。
そこには作品に必要ない部位は省略されていて描かれていません。
魚肉ソーセージの風味をだしているのは、原料の魚の存在があってこそであり
ソーセージにならなかった骨や内臓、ウロコなどもあって、はじめて魚だったのです。
最初からなくてよかったものなど、ひとつもないのです。
人物設定でも、いかに作者が詳しく設定しようと作品に必要ないことは省略されています。
作者は絶対にキャラの髪の毛が何万本生えているのかも、人生の中で何回排便したかなんて
絶対に設定することはけっしてないでしょう。そんなこと作品には必要ないからです。
ですが、そういう作品には必要がない細かいところが無数にあってこそ
その人物の人格が形成されてきたわけです。

だから作品にとっては必要がなどうでもいい設定であっても関連がないわけではないのです。
ですが架空のキャラには、そういったものは、すでに取り除かれたあとのものですから
そういった人物設定の裏付けとなる機微を知るすべはもうありません。
よって架空のキャラから架空のキャラを作ろうとすると薄っぺらいキャラしか作れないのです。

あなたが濃い、深みのある、魅力的なキャラクターを創造しようとするのなら
生きているホンモノの人間をよく観察して、ぜひ参考にしてください。
そのために多くの人と接してください。コミュニケーションをとってください。
そうすることで、あなたの作ったキャラクターが生きているように活き活き魅了的に動いてくれますよ。

完成予想図として他の作品の架空キャラを参考にするのは構いませんが
中身の原料まで架空のキャラにしてしまうことだけはやめましょう。

魚肉ソーセージから魚肉ソーセージが作れないように、架空キャラから架空キャラは作れません。
関連記事

コメント

いいこと言ってる!

from 大尉
大変分かりやすく、本質を突いている指摘。これ、こっちの世界でも使わせていただきます!あざーす!

from UNO=日昌晶
コメントありがとうございます。
どうやって、そっちの世界で活用するのか、ちょっと想像できないですが、ぜひ活用してくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/259-b2803877

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。