L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

でし夜はダメンズ好きなのです AKR48作家修業日記(12)

でし夜、パンツをかぶるの図
ネタが尽きた凡人以下、葛那でし夜こと、クズです。
※ハルヒたんが現れたからと言って期待はしちゃいけません。

前回、女性向けなのに、女性出てこないね、と指摘されたボク。
そもそも、男女の恋愛書けないと気付き絶望していた時、友人Lたまから、心優しい差し入れがありました。
「これで、あんたもラブマスターだよ」
書店で恋愛物買うのはクソ恥ずかしくて無理だったボクに、優しく手を述べてくれたLたま……。
彼女は天使じゃー(´;ω;`)
感極まり、震える手で紙袋を開けた。すると。

『俺の下であがけ』
『絶対服従命令』
『コイビト遊戯』

( ゚д゚)

全部BLじゃねーかッ■━⊂( ゚∀゚) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

ボクはね、男女の恋愛が書けなくて悩んでるんです!
何だってこんなボブゲなんて……ブツブツ
ボクは、憤慨してすぐに土下座しましたよ。

「『鬼畜眼鏡』も貸してください」orz

あれ?

………まぁ、趣味の話はわきに置いておいて。
やっぱり、ボブゲじゃ役には立たないと思うんです。
だから、4つのゲームを大切に胸に抱えつつ、男女物で役立つ作品をお願いします、と頭を下げたのでした。

翌日、彼女は三つのゲームを貸してくれました。

『大悪事』
『螺旋回廊』1、2
『咎犬の血』

( ゚д゚)

エロゲーから離れろよおおおおおおおおおおおお!!!!

ってか、何で、こんな、危ういのばっかりなんだよ?!
これで男女の恋愛の何が学べるんだよ??!
っつか、3つ目はやっぱりボブゲじゃねえかよおおおおおおおおお

…………はぁ、はぁ、はぁ…………結局、自力で探すことにしました。


ハイ。おめめが腐ってきたここらで、
さっそく、レポートに入ります( ノ゚Д゚)
今回の課題も引き続き、

!ミッション 3-3
魅力あるキャラクターを作れ!!!

オフ前日の深夜(23:30開始)だというのに、師匠のフルボッコは留まることを知らず……
「でし夜! このキャラクターいいね!!」
OKメールを夢にまで見たボク。現実は遠すぎて……涙が。

そういえば、今回のオフ会。
師匠がプロットをぶった切っていくって講義(?)だったのですが、
ワークショップの成績優秀者用にでし夜と照子がプレゼント選んだんですよー。
他人の財布でお買い物って何て楽しいんでしょう!
ついでですので、交流会の様子をちょこっと、紹介させて頂きます。

交流会……扉を開ければ、そこはカオスでした。

持ち合った小説やら漫画を読みあさってる人もいれば、師匠はゴミ拾いしてるし、
パニエパニエと叫ぶ怪しい集団や、プロットを読み合いフルスウィングでボコ殴りしあうMな方々、
自分の萌えをひたすら語る人、果てはソファでくつろぎつつ人生相談まで……様々です。
かく言うボクも、先週のオフ会で参加したのは3回目。照子たんも左に同じ。
実は、照子とでし夜はミクオフ常連様を差し置いて、
たった2回参加したところで弟子に応募したという強者だったりします。←自分で言う。
テライケメンが目の前でイチャイチャしてたり、してもらったり、してくれよおおと頼み込んだり、
お姉さんたちは美人だし、美しい男の娘もいるし、編集の方がいらっしゃる時もあって、
その道のお話が聞けたり等々……まさに天国。だと思います。
それもこれも、師匠のお人柄のおかげですね♪(^ω^)
だから、OK出してください。


…………ハイ! ごますり失敗、残念無念!
さくさくっとレポート入りますよ~(・∀・)

今回スカイプミーティングでは、
「ダメなヤツばっか」
「格好良くない」の連呼でした。

ううう 師匠は男の人だから分からないんだよぅ
女の子はダメンズが好きなんだよおおおおおおおおおおおおおお!!

と思ったんですが、ミクオフでお友達に尋ねた所、「完璧」が好きだとか、
『ジャイキリ』ならタッツミーがいいとか、ちらほら。
…………ダメンズって、マイナーな部類、なのか……??
確かに、遙時3では、朱雀チームが大人気だし(彼等が甘い台詞を吐けば吐くほど、
ボクの口からは砂が出たものでした; 彼等はギャグ要因だな、と思ったほどだったのですが)
段々と、自分がズレてんだな、と確信してゆく……

でもね。ダメだダメだダメだって言われて来ると快感になってきて、
むしろ、ダメンズしか出てこない作品書けばいーじゃん、と開き直ってみたのでした。
うん。これが、ボクの持ち味だぃ。
だって、ダメンズ好きなんだもーん(*´Д`)ハァハァ


てなことで、
【コンセプト、テーマ】
大切な道場を守るため、ダメンズのケツをひっ叩き、日本一の道場目指して奮闘するヒロインの話。

で、ヒーローを考えてみました☆

男・23歳
理屈屋で皮肉屋のヒロインの義兄。道場をつぐべく養子として引き取られたが、現在は銀行マン。
理尽くめで剣を振るう。自分の論理には絶対の自信があり、何故負けるのか理解出来ない。
治る病だったはずのヒロイン母が、父の西洋嫌いのせいで、適切な治療を受けられず亡くなったことが、
西洋嫌いを嫌悪し、日本的精神論を掲げる父に反発、論理的思考に拘るようになった発端。
ヒロイン母が亡くなってからは、剣道など古くさいと言って辞め、勉学に勤しみ就職。
ヒロインとも距離が離れていった。
剣筋は悪くないのだが、考えに没頭し、勝負を忘れるなどヘタレ戦士。
そもそもの論理がずれていることが多々ある。
養子として貰われて来たばかりの頃、家族とうまくいかず、家を飛び出した。
家に居場所を感じず、誰も探してくれないと思い込んでいた彼を、ヒロインが迎えに来た。
風邪を引いてまで、幼子が自分を一晩仲捜し回ってくれたことに感動した彼は、彼女の兄でいたいと思う。
けれど、ヒロイン母が亡くなった時、義父と決定的な喧嘩をして妹を置き去りに出てしまった。
父親の短慮にヒロインまで人生を狂わされるのは許せないと
道場に戻ってきた兄としての(妹贔屓な)正義を持つ。
けれど、素直な感情表現が苦手で、偉そうに話す癖があり、ヒロインや周りからは反発を喰らう。
特にヒロインと会話がうまくいかないと、自己嫌悪に陥る。
本当は、捨てるようにして置いてきてしまった妹がずっと心配だったが、後ろめたさで会えなかった。
妹が結婚させられる、と聞いて放っておけず、今回帰ってきた。
道場再建に手を貸しつつ、ヒロイン母の愛した「剣道」を絆に妹や父と和解してゆく。


師匠<『まる子』の丸尾くんですか?>

ムキーーーーーーーーーー!

ここで問題です。
では、どうすればこのキャラクターは丸尾にはならないのでしょうか??

答え:論理的で格好いいシーンを想定すること。

とにかく、どれだけ駄目でも馬鹿でも、クズでも、最終的に勝利を勝ち取るのがヒーローなのだそうです。
(私は景時(遙時3)や、シンジ君(エヴァ)みたいに逃げちゃうのが大好物ですが)
しかし、上の設定ではそれが分からない。
何故なら、ダメなところばっかり書いているから。


→と言う訳で、格好良い所を考えて見ました。

④男・23歳 脇構え オールラウンダー
理屈屋で皮肉屋のヒロインの義兄。道場をつぐべく養子として引き取られたが、現在は銀行マン兼次期ドン候補。
論理尽くめで剣を振るう。自分の論理には絶対の自信あり。
負けても、理由が分からず、髪をかきむしって怒り、ますますのめり込む。彼自身は調査は苦手で、
いつも見当違いの事をしている。そのため、黒サングラスのごつい部下が彼の手足となり、データを収集する。
データが集まらない間は、実力を発揮出来ないが、
彼の内で、全てが一本に繋がった時、どんな攻撃も先読みする最強戦士へと変貌する。
治る病だったはずのヒロイン母が、父の西洋嫌いのせいで、適切な治療を受けられず亡くなったことが
西洋嫌いを嫌悪し、日本的精神論を掲げる父に反発、論理的思考に拘るようになった発端。
父と反目してからは、組織の中で反旗を翻す機会を狙い、雌伏の時を過ごしてきた。
次期ドンと目されるヒロインとは対立する立場だが父親の短慮にヒロインまで人生を狂わされるのは許せないと
道場に戻ってきた兄としての(妹贔屓な)正義を持つ。
けれど、素直な感情表現が苦手で、偉そうに話す癖があり、ヒロインや周りからは反発を喰らう。
特にヒロインと会話がうまくいかないと、自己嫌悪に陥る。
捨てるようにして置いてきてしまった妹がずっと心配だったが、後ろめたさで会えなかった。
妹が結婚させられる、と聞いて放っておけず、今回協力することになる。
道場再建に手を貸しつつ、ヒロイン母の愛した「剣道」を絆に妹や父と和解してゆく。


師匠<「メポイントとダメポイントを一言に要約」して、それを「さらに3割増し極端にして」みて。

してみた。↓

キメポイント:データ戦略
ダメポイント:細かいデータに拘りすぎる。
↓三割増し極端
キメポイント:相手は、彼の言った通りの行動を必ず取ってしまう。(ジョジョ的に)
ダメポイント:彼のデータ収集は、個人的なものに走りやすくストーカーと間違われる。
また、データを収集する黒サングラスの部下が、彼にゾッコンで気持ち悪い。


方向性が間違っている気がしなくもない……師匠の反応を待つばかりである。
キャラクター造りの終わりは、まだ見えない(´Д⊂ヽ
照子もでし夜も迷子の子犬だお…………クーンクーン
関連記事

コメント

ファイト一発ツモドラドラ

from 大尉
めげずにリトライ!美しい限りであります。デビュー目指して粉骨砕身猪突猛進不眠不休を顧みず、爆走される姿に目頭が熱くなります。笑いすぎてではありません、念のため。

ところで読ませていただいて感じていたことがあります。
キャラ設定を読んでいると、キャラのイメージがすっとは入ってこないのです。中身の一つ一つはその都度イメージができたりもするのですが、最後まで読まないと全部が分からず、そのころには最初の方のイメージが変わっているという感じです。おそらく、脈絡がはっきりしていないのが原因ではないかと思われます。

スッと入ってくる必要性があるかどうかは置いといて、キャライメージがしやすい設定紹介はどうすべきか考えると、骨幹となる設定と、そこから発展する枝葉の設定とに分けて、一度図にして整理してみるといいのかもしれません。幹と枝を区別すると、説明の筋も、メリハリも付きやすく、書きながら大事なところと付随するところを書き分けられ、付け足しイメージではなく、全体とその一部分としてすっきりイメージできるのではないかと思います。

蛇足ですが、キメポイントとダメポイントは表裏一体にはしない方がいいと思います。どっちやねん!とイメージ理解に悪影響がありそうです。それでいえば、極端にした方は表裏一体ではないので、よさそうです。

余計なお世話ではありますが、日昌師匠への御恩とでし夜学生のご活躍を祈念しての凶行・・・もとい投稿ですのでご容赦いただければ幸いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/266-52ead4bc

HOME
広告: