L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界観設定は厄介なのです

 なぜかというと設定を詳細に決めるのはキリがないのに紙面は有限だから。作品上に使われる世界観というのは、いわば「氷山の一角」。ほとんどが無駄設定、よくても裏設定。なかなか報われません。それが作品の世界観設定というものです。

 ライトノベルは架空設定でどうにでも辻褄を合わせられることが多いんですが、やはり歴史小説や時代小説なんかは膨大な資料や史料の裏づけによって緻密に構築されているだけに苦労も多くなります。教科書に出てくるような有名武将なんかは、わりと資料も豊富だから調べるのも容易ですが、たとえば江戸時代嘉永年間の江戸下町に住む庶民の着物の流行の柄だの料理、遊びといった日常的な風俗についてなんて、そもそも研究者も少ないし、専門書の発行部数も少ない。そのため歴史・時代作家の古書店巡りは仕事のなかで大きなウェイトを占めています。数十万円の稀少本を前にして、でもその場で買わないと二度と入手できないかもしれないと本棚の前で葛藤するわけですw かといって大枚はたいて買った資料が作品にどれだけ活かせるかといえば、よくて数行、ほとんどの読者が読み流してしまうようなものだったりします。無論なんら作品に活かされることもないままの本も多いわけです。ライトノベルであっても小説の資料本なんて百冊読んで、ずばり作品に使えるのは数冊あればよしと考えるのが賢明です。

 それなら要領よく作品の見えているところだけをおいしく使ってしまえばいいんじゃないかという意見もあるでしょう。でも、そうは問屋がおろさないんですね。そういうときに限って読者は目敏く感づくんですよね。テレビゲームでもCGのクオリティが高い分には感激してくれるわけでもなく「へぇ」程度の感想なのに、だからといってちょっとでも手を抜くやいなや「クソ画質! 死ね!」と叩かれるのと同じです。神は細部にこそ宿る(God is in the details)のとおり、こだわりの世界観設定には重厚さがあり、作品に深みや情緒を与えてくれる絶妙のスパイスとなりえます。だかこそ作家は高価な資料やを買い漁ったり、遠くへ取材に出かけてでも独自の世界観にこだわってきたんですね。

 とはいえ作品のジャンルや方向性によっては、たいして重厚な世界観設定を必要としないものもあります。演劇の舞台で映画のセット並みの舞台装置を求める人がいないのと同じです。観客が求めているのは、その部分ではないので、かえって邪魔になる場合もあります。でも逆にテレビドラマで舞台のカキワリみたいな絵に描いただけの背景なんて使ったりすれば、コントみたいで妙に安っぽく感じてしまう。低予算の昼ドラの墓参りシーンなんかで「ああ、この発砲スチロール製の墓石は軽そうだな」とか思ってしまうと、もう興ざめして集中力がとぎれてしまったことはありませんか? この場合、視聴者はドラマのセットにもある程度の質を求めているということです。

 さてさて注文の多い読者を満足させるためには、作家は世界観設定を考えるときに労力(時間)と質という背反する2つを両立させないといけないことはわかりました。また「時間ならいっぱいあるんだ。好きだから苦労もいとわないぜ!」という人がいたとしても、それはそれで難解で複雑な設定になりがちなので、読者の理解の範疇を超えてしまって、読者が置いてきぼりになってしまうという深刻な問題が出てきます。だからこそ世界観設定は厄介なんです。

 世界観設定で目指すべきは、まず読者にとって「わかりやすい」「テーマを理解させやすくする」「興味をそそらせる」ものならベストであって、つぎに作者にとっても「効率のいい」「コストパフォーマンスに優れた」ものであれば万々歳なわけです。具体的にどうすればいいかというと、作家さんごとにいろいろと独自のスキルがあると思います。

 そこで4月のオフでは「読者にとってのわかりやすさ」を最優先した、それでいて発想や設定も比較的簡単にできてしまう方法を紹介しますので、どうぞお楽しみに!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/28-3aee8e5d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。