L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サシミの法則を越えてゆけ

サシミの法則というのを知っていますか?

わりと有名な法則なので、知っている人も多いでしょう。
集団や組織における構成員の普遍的な比率を示すもので、3:4:3でサ・シ・ミなんですね。
どういうことかというと、全体を10とすれば、優秀な人は3、普通の人は4、優秀でない人が3
という具合に分かれてしまうという法則なんですね。
優秀な人とそうでない人のみを区別して、3:7の法則などという場合もあります。

おもしろいのは、この法則は人間に限らないんですね。
集団であれば昆虫のアリやハチでも同じ傾向があるらしく、真面目に働くアリは全体の3割だけで
残る7割のアリはサボりがちという実験結果もでているようです。
ちなみに働き者のアリを除外すると、サボっていたアリの3割が働くようになるそうで
社会というものが上位3割によって動くというのは、生物においては基本なのかもしれません。
全人類においても上位3割の人間が7割の富を独占しているなんて話もありますしね。
経験則でしかないのですが、このサシミの法則は当たっているわけです。

そういうわけですから漏れなくこれは小説の新人賞でも同じなんですね。
上位3割が評価対象となりうる作品、中位4割はどうにか小説の体をなしている作品、
下位3割はまだ小説以前のものというような感じで、これはライトノベルに限らず一般小説でも同じです。
だからこそ1次選考は、だいたいどこも1割くらいを通過させているわけです。
ちゃんと小説として書けている作品の3本に1本が受かるような感じですから
それほど難しいハードルではなかったりするので、ぜひ頑張ってほしいところですが
まずはちゃんとした小説を書けるかどうかが最難関のハードルだったりするし、
その基本ができていない人が大半で、しかも自覚がないことも多いのです。
何度、投稿しても1次を通過できないという人にチェックしてほしいのは
面白いかどうか関係なしに小説というスタイルの文章が書けているかどうか再点検してください。
おもしろいアイデア、すばらしい発想も「作品」になっていなければ評価対象外なのです!

11月はロベバトルという男性が少女向け短編を書くコンテストがあったわけですが
応募作は全11作品で、女性陣の評価では上位3作品はどれも平均7点台で接戦を繰り広げているのですが
4位以下は一気に下がって4点台になってしまうんですね。また下位3作品はさらにガクッと下がります。
1位が8点で2位が7点、3位が6点、4位が5点……と階段状にはなってないんですね。
たった11作品であってもサシミの法則どおり明暗がくっきりわかれる結果となっていました。

だいたい普通に少女向けの小説として書けていれば6点(10点満点)を付けてもらえるでしょうから
どうにか作品として鑑賞に堪えられるのは7点台の上位3作品のみであって
7割の作品は少女向け作品でないか、まだ小説になっていないレベルかということです。

それでは上位3割の人はいいけど、残る7割の人はどうすればいいのかということになりますよね。
そういう人には、以前にも書いたと思うのですが、グッピーの法則で乗り越えていただきたいです。
このグッピーの法則というのは、100匹のグッピーを大水槽で飼育すると
エサをうまく食べられるグループと食べられないグループにわかれるので、
エサをうまく食べられないグループを小水槽に移すと、やっぱり食べるのがうまいのとへたなのがでてくる。
そこでさらに2つのグループにわけて、大水槽ではうまく食べられなくて小水槽では食べられるAグループと
大水槽でうまく食べられたけど小水槽では食べられないBグループとを同じ水槽にいれてみると
最初の大水槽で勝っていたはずのBグループがAグループに負けてしまい、うまくエサを食べられない。
才能や素質を越えて、小さなことでも勝ち癖や成功体験を持ったグループのほうが強いという法則です。
つまり故事曰く「鶏口となるも牛後となるなかれ」そのままです。

ライトノベルオフのワークショップや日昌晶掌篇文学賞などでは、作品の優劣をつけています。
ちょっとした文章を40人、50人の中で評価されるというのは、たいしたことがないかもしれないし
1位をとっても、もえらえる図書券やギフト券もハシタ金でしかないわけですが
やっぱり成功体験というものを得ることは、その先の数千人が競い合う長編小説の新人賞を戦うのに
非常に大きな糧となると思うからこそ、やっているんですね。

ちょっとしたことでも評価されると自信がつくと思います。そして自信は実力を確実に高めてくれます。
いきなり数千人の中から選ばれるのは難しいですが、数十人の中から選ばれるくらいなら
心理的にも確率的にもハードルは低いでしょうから、ちっちゃいことで評価されてもしかたないとは思わず
小さいことだからこそ、しっかりと評価されて、どんどん自信をつけてほしいと思っています。

余談ですが本日からmixiチェックに対応させてもらいました。
ブログ記事があなたの参考になるようなら、ぜひチェックしてくださいね!

Check
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/289-be5c0a24

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。