L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセットする照子 AKR48作家修業日記(21)

こんばんは、照子たんですひゃっほう!
前回の課題は散々でした。
師匠にもマイミクさんにも酷評されました。フルボッコだぜ^q^

そこで「万策尽きてギブアップするなら模範解答を教えます」と仰って下さる師匠。
一日くらい悩んだ末ギブアップ!

・そこで得た師匠の教え。

1) 他人には理解されにくい矜恃あるいは美学を持っていて、それを貫くために生き方が不器用
2) 何かひとつ他者の追随を許さない圧倒的な実力(能力)を有している
3) 過去の出来事に対して何らかのトラウマがある
4) トラウマにより性格が不真面目(自重癖や自暴自棄だったり、または故意におどける)

なるほどう!
という事で、今回はそれぞれを考えたキャラ作りを実行。
さあ、どうよ!? どうなのよー!?

これでも照子は頑張りました……(ノД`)モウライフポイントナイヨ

課題合格をキリスト様に祈る照子

①16才(固定設定) 職業:プログラム
ウイルス対策ソフト「nothing」のプログラムで、人格を有している。コンピューターを
ウイルスに感染していないかをチェックし、感染しているファイルからウイルスを除去す
る存在。
自分やウイルスなどは人型だが、それは彼に「そう見えるようにプログラムされている」
だけである。
「nothing」のバージョンは全部で8つで、彼は「zero」バージョン。パッケージには人気
イラストレイターが書いたイラストが描かれていて、「zero」は少年タイプ。それらをキ
ャラクター化したアニメがあり、その設定は人気作家が製作協力している。だがそれらは
あくまでも別物で、彼は彼自身の意識を持つ。
感情は少々希薄だが、ない訳ではない。
ウイルス駆除に使われる得物は銃器。
製作会社が力を入れている商品であって、バージョンアップも頻繁に行われている。主人
公は1回目のバージョンアップの際のソフトであり、いわば「二代目zero」
週に一度程度の割合で最新の状態に更新され、その度に記憶がリセットされてしまう。
【他人には理解されにくい矜持あるいは美学】
親元であるコンピューターを守る存在だが、親元からは膨大にインストールされているも
ののプログラムのひとつとしか認識されていない。だが、絶対なる「安全」を維持すべく
日々ウイルスと戦う。決して見返りがなくとも「そうであるように設定された存在」とし
て、常にそうであろうとする事が彼の誇りである。
【他者の追随を許さない圧倒的な実力(能力)】
ウイルスによる大規模サイバーテロ事件が起きた時に対策として開発された最新のウイル
ス対策ソフトのプログラムであり、ウイルス駆除の能力は絶大。
【過去のトラウマ】
頻繁に記憶がリセットされる為、常に「思い出がない」状態にほぼ近い。その為、思い出
と呼べるものを作らないようにしている。
彼がプログラムされているソフトの最初の持ち主はバージョンアップしたものに買い換え
て余所に売り、今の持ち主の手に渡っている。その「基本データ」はリセットされない。
日々更新される事も合わせて、「自分より優れた存在を求められている」と思い込む原因
になっている。
また、ウイルスを消して回る存在なので仲間と呼べるものがいなく、親元のコンピュータ
ーは見返りを与えない。
ファイルをダウンロードする時にもウイルス感染チェックする。今の持ち主がアニメ版
「nothing」のデータを頻繁にダウンロードするので、孤独である彼は「7人の仲間と
信頼関係を築くzero」の映像に、強い羨望を持っている。
【トラウマによる性格】
「最新鋭ソフトのプログラム」である自分の存在に誇りを持っているが、一方で常に自分
より優れた能力を求められる存在である事に葛藤もしている。どちらにしろ優れた能力を
求められている事には変わりないので、ウイルス駆除という与えられた使命を完遂させる。
その為にウイルスに対する攻撃は過剰で残酷。

②ファンタジー 19才 職業:ならずもの

スラム街もどきの無法地帯で暮らす青年。
「突然変異」である「能力者」であり、有している能力は絶大だが、それに振り回される
場合もある。
能力に目を付けられ利用される事を嫌う。
【他人には理解されにくい矜持あるいは美学】
他人に利用されるのは嫌うが、「自分がそうしてもいい」と思った事は「自分で決めた事
であって利用されているとは言わない」という信念の元、相手の望み通りの行動を取る事
も。
【他者の追随を許さない圧倒的な実力(能力)】
「必ず勝つ」という能力を持つ。
運命の因果率をねじ曲げる力で、どんな相手やシチュエーションだとしても勝利する事が
確定している。
ただし「何を勝ちとするか」は自分では決められない。時に敗北よりも酷い結果になる事
も(発動条件は常時なので尚更)
【過去のトラウマ】
親に売り物にされ、金持ちに愛玩用として買われる。そこでの苦痛の日々に耐え兼ねて屋
敷中の人間を殺して回り、今の生活拠点に逃げ込む。その際に能力に目覚める。
【トラウマによる性格】
人間の「他人への愛情」を信じられない。簡単に金に負けたり、自分の欲の為に利用する
間柄だとしか思えない。
また、人を殺す事に罪悪感を感じない。そしてそれ故に自分や仲間が殺される事も特別酷
い事だとは思っていない。

③現代風 15才 職業:高校生

「偏差値」がすべての世界。しかしその偏差値は多伎にわたり、主人公の暮らす(架空の)
日本は「美醜偏差値」が絶対とされている。それは「外貌の美しさ」を数字にしたもの。
勉学よりもスポーツよりも何よりも、美しさが一番の美徳とされている。
主人公は偏差値わずか27。だが「勉学偏差値(こちらの世界での一般的な偏差値)」は
81とかなり高い。
その「勉学偏差値」を使って難関校を受験し、合格。
難関校のために、学校には美醜偏差値の高い美男美女がほとんど。
【他人には理解されにくい矜持あるいは美学】
「賢さ=自分の長所」であるが、特別な優越感(周りを馬鹿だと思う感情)は抱いていな
い。逆に優れている人物が劣っている人物を馬鹿にする事を嫌う(理由は後述)
「馬鹿にされる事は、そこから笑いを取れるポイント」という考えを持つ(理由は後述)
。その為に「どんどん馬鹿にすればいい」と思っている。
【他者の追随を許さない圧倒的な実力(能力)】
賢さ。「勉学のセンス」「計算力」「記憶力」「応用力」「理解力」「閃き」などはかな
りのもので、頭の回転も速い。
また、罵詈雑言を笑いに持っていく力。
【過去のトラウマ】
自分の外見。物心ついた頃から劣等扱いされ、自分は駄目な人間なのだと思い込む。好き
な女の子には口も聞いてもらえず、友達にも馬鹿にされる日々が続く。
「いらないでしょう? そのツラ見たくないでしょう?」と鏡を度々盗まれたり、「顔面
凶器」という仇名をつけられ「危険物の不当所持!」と罵られた事も。
小学生時代は少しでも「美醜偏差値」をあげようと努力するも、ほとんどが無駄な努力に
なる。
【トラウマによる性格】
小学生時代には完全に自信を喪失してしまい、根暗で自虐的な性格に。
中学時代に「自分の欠点を埋めるのではなく短所を埋めよう」と思い、勉学に励む。また
「外見という努力だけではあまり変えられないものは仕方ないので、努力次第で変えられ
るものをどうにかしよう」とも思うようになった。
そのひとつとして「勉強」の他に「性格」も変えようと思い、馬鹿にされるという事を逆
手に取って、いじられキャラとして人気者になろうとする。その努力は徐々に実り、周り
に「面白い奴」「明るい奴」と評価されるように。元々の自虐癖は変わらないが、ジョー
クの延長線のような、ポジティブな自虐の仕方をする。

④現代風ファンタジー 18才 職業:組織員

母親が精霊により成した子供が強制的に加えられている組織「ガブリエル」の一員。しか
し組織の全貌は知らされていない。常に与えられた任務をこなすのみ。
組織の人物は必ず能力を持っている。
主人公は本来、任務は放棄したい。だが「人質(後述)」のために、任務を遂行する。
【他人には理解されにくい矜持あるいは美学】
組織員は何かを「神への捧げ者」として奪われており、人質のようなものとなっている。
主人公は「死」を人質に取られ、永遠に死ねない存在。しかし「神へ認められた存在は捧
げたものを再び授かる」とも言われている。主人公はそれを目指し、「死ぬ為に生きている」
【他者の追随を許さない圧倒的な実力(能力)】
「死者を操る」能力。発動条件は「詩を歌う」
死んだ存在を自由に操り、痛みも感情も抱かない捨て駒として扱う。「死者」の定義は広
く、人間以外も操れる。動物はもちろん、物体や現象、他者の能力と様々。
また、自分は「人質」として「死」を取られているため、死なない。
【過去のトラウマ】
任務中に死んだ親友を操らなければならない事態を経験していて、死者の冒涜にも思える
自分の能力を忌んでいる。
そして「死なない存在」であるために過激な任務を与えられる事が多々あり、自分以外の
人間が全員死亡する事もよくある。その度に過去と同じく仲間を操るために、任務と人質
は苦痛。自分自身の力で攻撃する手段はない為、その事に苛立っている。体術・武器術の
訓練も怠らないが、難易度の高い任務で直面する敵には到底敵わない。
【トラウマによる性格】
任務をこなす事を嫌がり、周りから「やる気のない人物」と思わていれる。しかし実際は
武術の鍛錬を怠らず、能力の活用法も日々研究する努力家。「神から捧げ物を返してもら
う」にはどうしたらいいのかを調べ、参考文献を漁っている。
死者を冒涜する自分の能力は嫌っていて、自分が死ねないのはその能力を持って生まれた
罰だと考えている。
任務中に仲間が死なないよう、死ぬ事のない自分が最前線で戦うのが望ましいが、間接的
な能力と特殊能力なしには敵わない相手という条件のせいで実行できない。それでもおと
りや盾代わりくらいにはなるだろうと、自分を捨て駒にする。
その事と死者を操る事、自分が死ぬ事を望むために、周りからは「死を軽視している」と
誤解されがち。
だが本当は誰よりも死について思慮深く、生きる事の素晴らしさを知っている。そして「
死があるから生は素晴らしい」と思っている。


<日昌晶師匠からのアドバイス>
う~ん、困り果ててしまいました。模範解答まで教えたので、あとは男性読者が食いついてきそうな
ガジェット的設定をつけ加えつつ、オリジナリティをだしてもらえれば、
だれでもできるようにお膳立てしたつもりが、どこにも男性読者が食いつきそうなキーワードが見あたらず
どちらかとうと少年向けではなくて少女向けっぽい感じになってしまっています。
さらに発想自体も平々凡々としたどこかで見たことのあるような設定ばかり……

これは私の判断ミスで、弟子の指導方針を誤ってしまったことは申し訳ないのですが
どうやら現時点での照子には男性目線で物を考えることが、まるでできなかったようです。
まさか、ここまでとは思ってなかったのですが、男の子がどんなものが好きで、なにに興味を持っているのか
そういった感性がまったくなかったわけで、ストーリーとかキャラクター以前の問題でした。
何をしていいのかわかってないから、どういう方向性にもっていっていいかもわからず
アイデアもなんとなく無難そうなものをと考えてしまうのでしょう。

本人に少女向け作品への転向も考えてみたらと提案したのですが、あくまで少年向きでやりたいとのことなので
次回からは全てリセットして、まずは男性読者の目線で物事を考えられるような基礎訓練からはじめます。
小説とかアイデアとかはひとまず置いておいて、まずは男性的な趣味を持ってもらって
さらに男性グループの中に身を置いてみて、男性的なセンスを身につけてもらいます。
読者層の傾向を考えると、トレーディングカードゲームとか今ならモンハンとかですかね。
ブログ読者の方で、オタク傾向の趣味で、かつ男性ばかりで女性が少ないものでおすすめがあれば
ぜひ教えてください。よろしくお願いします。


Check
関連記事

コメント

from SS
はじめまして。
いつも参考にさせて頂いてます。男子で高校生で作家志望のSSと申します。
男子が好むもの、ということなのでいくつか挙げてみますね。
情報源は友達の観察です。

まず、オタクそれ以外問わずなら、女子、バイク、軽音楽(特にギター)、けんか(クローズみたいな)や格闘技(特に空手)ですね。

ラノベ読者のような生徒は理系的、科学的なものにも興味を持つように思います。禁書目録の科学サイドのみたいな。
僕の通う学校では、オタクは理系、それも工学部志望に集中しています。
ガンダムなんかのロボットものも男子特有ではないでしょうか。 あとは銃器、刀ですね。皆武器大好きです。

流行っているものとしてはモンハンやポケモン、あと男子は何故か異常にトランプをします。大富豪とか。昼休みに。

趣味なんかについてはこんな感じですか。
創作的にみると、「自分のできないことを作品内で代わりに行ってくれる」ような要素が受けています。超能力、魔法、バトル、人間的な成長、それに美少女との交流など。
僕の周りで一番流行ったのは禁書目録でした。やっぱりって感じがしますね。

少し長くなりましたが、普通の男子高校生の視点としてはこんな感じでしょうか。
お役にたてば幸いです。
それでは、失礼します。

from
TRPGのコンベンションに参加してみては?
男性が寄ってたかって物語を作っていく場ですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/308-eee8b04a

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。