L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

キャラクターをプロデュースする7つの秘訣!

2011年最初のライトノベルオフ(1/22土)での講義テーマが決まりましたのでおしらせします!

何人かからキャラ設定について、もう一度やってほしいという要望があったので
今回はすこし趣向を凝らして、よりわかりやすく効果的なメソッドはないかと考えた結果
主人公キャラクターをプロデュースするようにして設定していったらどうだろうかとうことで
今回の講義テーマを決めさせてもらいました。

ただし「7つ」というのは見切り発車ですけどね。
構想はありますが、まだ数までは決まっていないので、あくまで語呂がいいからなだけです。
なので実際の講義では10かもしれないし、5かもしれません。そのあたりはご容赦ください。

今回の講義を特に受講してほしいのは、以下のような人たちです。
どうしても主人公のキャラが弱くなってしまう人や、どうストーリーに絡めていいのかよくわからない人
ということで全体的には9割くらいの人が相当しているかと思います。
ほんと、主人公キャラさえ成功できれば、ライトノベルは6割成功したようなものですから
なかなか思ったほど評価されない人というのは、キャラが弱いか活きてないと思ってまちがいありません。

講義ではAKB48の秋元康やハロプロのつんく♂みたいな敏腕プロデューサーにになりきって
アイドルやアーティストをプロデュースするような感覚を身につけてもらうことで
あなたの作品の主人を読者にアピールして惹きつけるための秘訣を解説してゆきます!
おそらく大多数の人が自分の創ったキャラを読者に対してプロデュースしていこうということを
考えたことがある人はいないと思いますが、そういう気持ちを持っていないと
どうしても意味力のないキャラや、あたりさわりのない平々凡々としたキャラになってしまうんですよね。
今までの自分のキャラ創りのどこがたりなかったのかを再点検してもらいたいと思います。

それと余談ですが、1月オフということでお年玉も用意させてもらいました。
去年はポメラをプレゼントしていたのですが、どうも所有率が高くなってきましたので
どうにか小説創作に関係するもので、いいプレゼントはないかと考えてたどりついたのが雑誌定期購読でした。
ドラゴンマガジンとCobaltの1年間雑誌定期購読をそれぞれ1名ずつ抽選でプレゼントさせてもらいます。
今年1年の運試しも兼ねて、ぜひプレゼントを当てて帰ってくださいね。
Check
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/330-07de2ca3

HOME
広告: