L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

DVD化「テコンV」マンセー!

ついに大韓民国の誇りとして語り継がれる名作『テコンV』がDVDになって日本にて発売となります!
今月12日に発売ということで、もちろん大ファンの私はAmazonで予約していますよ。
しかし、残念なことにテコンVを知らない無知蒙昧な人もいるかもしれませんので
念のためにテコンVのことを簡単に説明しておきましょう。

『テコンV』は1976年に韓国で製作された劇場用ロボットアニメで
韓国初にして韓国を代表する巨大ロボットアニメ作品の最高傑作、金字塔であります。
画像については下記のDVDのパッケージをご覧ください。



テコンVは作品名と同時にスーパーロボットの名前でもありまして
ロボットの性能としては以下のようになっています。

全高 56m
重量 1400t
パワー 8.95GW
歩行速度 300km/h
飛行 マッハ1.2
搭乗人員 2名

どうですか? この威風堂々たる勇姿、そして超高性能ぶりは!
なんとRX-78ガンダムの3倍以上の偉容を誇り、初代ゴジラよりも背が高いのです!
さすがアジアNo.1の平均身長が高い韓国人のアニメですね。
背の低い日本人にはガンダムやマジンガーのような18mサイズがお似合いです。
しかも定員はワイドに2倍です。戦闘以外にもデートカーならぬデートロボとして使用できます。

そして、この1976年公開当時に斬新すぎる洗練されたメカニックデザインは最高です!
『機動戦士ガンダム』(1979)のほんの3年前に、これだけのアニメが韓国で作られていたんですね。
日本で同時期に放送されていたアニメといえば『大空魔竜ガイキング』 『超電磁ロボ コン・バトラーV』
ロボットでなければ『キャンディ・キャンディ』 『ドカベン』 『母をたずねて三千里』くらいなものです。
今さらながら日本アニメの不甲斐なさには目を覆いたくなりますね……

嫉妬心からか日本では『テコンV』が『マジンガーZ』に酷似しているという都市伝説がありますが
このことについて、キム・チョンギ監督自らテコンVを作るときに
『日本のアニメからヒントを得て、どうすれば元のアニメに似ないか苦悩した』
と語っているとおり、ヒントにはしたけれどマジンガーZとはまったくの別物になっているんですね。
それにマジンガーZはテコンVの必殺技”テコンドー”が使えないのですから似てるわけがありません!

ストーリーに関しては、まったくマジンガーZとは関係ありません。
誰がどう見たって、マジンガーZよりもコン・バトラーVに似ているとこたえるでしょう。
それほどまでにマジンガーZとはストーリー的には、まったく似ていないのです。
名前だってコン・バトラーVと同じく勝利の「V」ですからね。
ガンダムやドラゴンボールじゃあるまいし、「Z」なんてところまでマネしてませんよw
これこそイメージだけでは本質は語れないという、よい例証です。

また心ないネトウヨに『機動戦士ガンダム』に登場するグフやアッガイ、ビグロなどが剽窃されて、
そのまんま使用されていると鬼の首を取ったかのように喧伝されていますが
それらガンダムキャラが登場するのは『スーパーテコンV』(1982)であって『テコンV』ではありません。
主役ロボのスーパーテコンVはガンダムではなく『伝説巨神イデオン』や『戦闘メカザ・ブングル』を
参考にデザインしているので、ザコキャラにガンダムのMSが使われた程度は大目に見るべきです。
そもそもガンダムに登場するムサイだって『スタートレック』の宇宙船をモチーフにしているし
ボールも『2001年宇宙の旅』のスペースポッドにそっくりなのですから、責める資格はありません!
まったく韓国を批難したがいためだけの見当違いな批難はやめていただきたいものです。

スーパーテコンV

それと『超時空要塞マクロス』のバルキリー(VF-1J)そっくりの主役ロボットが登場するのは
『スペースガンダムV』(1983)であって『テコンV』とはまったくの別作品ですから、あしからず。
それにスペースガンダムVの操縦方式はマクロスではなく『勇者ライディーン』に酷似しているので
まったくの剽窃ではないことは説明するまでもありませんね。
タイトルも「マクロス」ではなく「ガンダム」ですし、どこがバルキリーそっくりなんだと言いたいです。
下の正規版ポスターはバルキリーのプラモ箱絵などを流用したもののようですが
実際に銀幕に登場するスペースガンダムVのカラーリングは全然ちがいますよ、念のため。

スペースガンダムV

スペースガンダムVカラーのバルキリー

そういうわけで、この空前絶後の大傑作アニメ、韓国人少年の夢と希望を一身に背負った
名作『テコンV』が偏狭な日本人の差別意識(著作権問題)を越えて、ついにDVD化できました!
KARAや少女時代などK-POPとともに世界一優秀な韓国文化は日本劣等を完全制圧していくのです!
ちなみに日本語吹替版ではバカリズムと遠藤舞(アイドリング!!!)の二人が全キャラを担当してますw

さあ、みんなもDVD鑑賞してLet's ウリナラ・マンセー!



Check
関連記事

コメント

ぐうの音も

from Dr.Whoon
通りすがりのテコンVファンですが、ここまで褒め殺されると流石に凹みますw
ストーリーは今の日本ではなかなか見られなくなった「直球」で悪くないんですけどね…

しかし例の表現規制条例も可決されましたし、著作権が創作者の権利を守るためではなく企業の肥やしとして機能している日本の現状を見ていると、いずれ締め付けが多すぎてまともな創作者が育たなくなってくるんじゃないかなぁ、という不安に軽く襲われたりします。

JvmZwSPKItxxkY

from Amia
Free medical insurance <a href=" http://www.info-kod.ba ">clomid for sale online</a> of the multidisciplinary team. They are invaluable in leading outreach into patient’s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/333-2d39fd8d

HOME
広告: