L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテラノベ第3法則「美少女と出会え」

無謀にもラノベを読んで、モテようという新企画ですが、これで3回目となります。

とはいえ前回までは基本的なことばかりで、肩すかしを食らってしまった人も多いのではないでしょうか?
一応ラノベ読者全てにモテモテになってもらおうという企画なので初歩的なところからはじめたのですが
今回からは、この企画ならではの法則を紹介していこうではないですか!
ということで、今回の法則がこれです。

美少女と出会え


やはりラノベ主人公たる者、その周囲には至るところ美少女ヒロインだらけではないですか。
つまり美少女ばかりに囲まれている環境であれば、美少女にモテモテになる確率も高まるのです。
女子読者の場合は「美少女」を「イケメン」に読み替えてくださいね。

容姿にコンプレックスを持っている男子ほど、付きあいたい相手には容姿を求めるのは当然!
これは自然の摂理です。まったく恥じることはありません。
背が低い男子ほど背の高い女子が好きだったりしますよね。
同じように背の低い女子ほど高身長の男子が好きだったりと、世の中、相手には無いものねだりなのです。

ということで、このブログを読んでしまうような基本的にモテない諸君であれば
当然ながらヌボーっと突っ立てるだけで周囲の異性からコクられたりしないのでしょう。
特に男子でブサイクから平均的容姿の場合、待ちの姿勢でいると、あっという間に中年男性です。
アラサーになってから後悔するくらいなら、若いうちにいろいろ試してみましょう。

しかしながら諸君の反発も予想できます。
「美少女と出会えっていっても、どこで出会えばいいんだよ!」という声が聞こえてきそうです。
ですが、それはただの甘えでしかありません。
私はなにも「美少女を彼女にしろ」とか「美少女を口説き落とせ」などとは言ってません。
ただ「出会え」としか言っていないわけです。それが不可能なことでしょうか?

美少女がどこにいるのか?


ぶらり町を歩いていても、毎日の通勤通学の途中でも、美少女や美女とすれ違う機会はあるはずです。
もっといえば、学校や職場、行きつけの店なんかにも何人かきれいな人がいませんか?

「いや、俺の認める美女なんてそうそういないんだ」とか「美少女は少女時代のスヨンちゃんだけだ」
みたいな寝言を言ってるようなら、もう10冊ほどラノベを読みかえしてみましょう。
ラノベの主人公は付きあう付きあわないに関係なく、たいていの女の子に好意をもちますよね。
つまりラノベ男子の「美少女」「美人」の基準はタイプに関係なく間口が広いのです。
モテないくせに女の好みだけはうるさい男がモテると思いますか?

ここで断言しておきますが、いくらこのラノベモテの法則を実践して成功しても
そうそう「アイドルや女優クラスのきれいな人」と付きあえる可能性は、ほぼゼロです。
もし、そういう希少性の高い女性しか愛せないのならモテる努力よりも金を儲ける努力をしてください。
年収で億を超えてくれば、売れないアイドルやタマゴ、雑誌の読者モデルくらいなら食べ放題だと
あのホリエモンさんも言っていたので、そのほうが確実ですよ。
このブログでは「そこそこかわいい子」と身分相応に付きあえる法則を伝授しているので、あしからず。

では、具体的に美少女と出会う最も簡単な方法の紹介です。
美少女と出会うには、できるだけ多くの人と会うことです。
そもそも美少女なんてのは一定の確率で存在しているものです。
つまりより多くの人と会えば、その中の何人かは美少女です。まちがってませんよね?
もうこれで美少女と知り合いになれます。以上です。
これで諸君はもう美少女と出会いたい放題になれましたよ。


おすすめ出会い場


しかしながら、それではちょっと不親切なのでもう少し説明しておきましょう。
昨今は昔とちがって、ネット上でいくらでもコミュニティに参加できることができます。
ですから交友を拡げようと思えば、そういったコミュニティに参加すればいいのです。
俗にいうオフ会とかなら毎日のようにどこかでやっていますよね。
便利な世の中になったものです。昔なら学校や職場、ご近所しかなかったわけですから。

ただし同性しかいないところは効率が悪いので避けたほうが無難でしょうね。
最近ではモンハンオフとか頻繁にやってるし、女性も結構いるみたいですよ。
私がおすすめなのはボランティア系サークルですかね。
基本的に女性が半数かそれ以上を占めますし、基本的に人の役に立ちたいとか
そういう真面目な考えで、しかもやさしい人たちが集まってきますので、
ノリがチャラすぎてついていけないとかいうことはないでしょう。
ただしデメリットとしてカルト系新興宗教が実質的に運営している場合も多々あるので
定期的にやっている活動なら事前にググってみることをお勧めします。

ということで、みなさんもできるだけ美少女(イケメン)と出会ってモテる確率を高めてください。
ある一定の年齢(経験)を経ると女性は男性の外見や容貌には寛容になってきます。
顔や体格にコンプレックスがあったとしても、チャンスはいくらでもありますよ!

アクロバンチ合体
合体したアクロバンチ(SM女王様っぽいマスクがチャームポイント)
ドリルは男の浪漫!(原作でドリルオプションがあったかは不明)

Check
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/335-eb281a1a

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。