L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

めくるめく変態の世界 アングラ逍遥紀

前から公言しているように澁澤龍彦先生に傾倒していただけに、もともとアングラな世界が好きなのですが
しかし若き日には書物の中でのことでしかなかったのですが、実際にアングラ界に足を踏みこんでみると
そこは極彩色のカレイドスコープのようなのごとき、無秩序に輝く変態世界が日夜くりひろげられていたことに
ようやく目の当たりにできたことで、日々新発見に目をみはるばかりです。


知られざるエログロ


きっと、みなさんがフィクションだけの話だろうと思っているようなことでも、
物理的に不可能でない限りは、ほぼすべて現実に存在しています。これは本当です。
両頬を鉄串(先を尖らせた自転車のスポーク)で貫通させてゆき、鉄串で3人連結することで
「だんご三兄弟」といったパフォーマーだってアングラ界は有名ですよね。
そんなのは序の口で、基本的にエロとグロはなんでもありなわけですよ。
まさに旧約聖書のソドムとゴモラの再来かと思うごとき退廃ぶり――
大袈裟ではなくて、まさにそんな感じなんですよね。

たとえば、よく18禁のエロ漫画とか同人誌とかありますが、そこで描かれているシチュエーションですが
みなさんのほとんどは分別のある大人でしょうから、しょせん架空のお話だと認識しているでしょう。
ところが、これが大まちがいなんですね!
現実にはエロ漫画程度のシチュエーションなんていうのは、物理的に不可能でない限り
もしあなたが本当にそれを望んで、ちょっと調べれば、いくらでも体験できますよ。
しかも大金は必要ありません。さすがに数千円は苦しいですが、1万円もあればだいたい可能です。
ですからビデ倫の規制があるアダルトビデオなんて現実と比較すると生ぬるいくらいです。
ただし多少、法に触れてしまう可能性もあるので、そのあたりのリスクは自己責任でお願いします。


あなたの隣人も変態さん?


かつてアングラは「アンダーグラウンド」の字義どおり、地下の存在、裏の存在であり
ごく普通の一般人にはおいそれとは門戸が開かれていなかった世界なわけですが
ネットの普及によって、興味をもってちょっとアンテナを高くすれば、
いくらでもアングラ世界を含むあらゆる情報が手に入ってくる時代となったことで
一般人と特殊な嗜好の人(以下、変態さん)との垣根が崩れ、入り混じってしまったんですね。
ですから、あなたと接している表の顔は良識ある人でも、裏の顔ではド変態さんかもしれませんよ。
実際に、私の知り合いや出会った人にも、あとで変態さんだと知って驚いたことがあります。
特に女の子の変態さんはかわいい子、美人が多いのには、きっと実際にみなさんが会ったら
本当に驚くこと間違いなしだと思っています。まさにエロ漫画と同レベルのルックスです。

ですが、これには理由がありまして、基本的に相手の男ありきでの変態プレーが多いので、
自然と容姿がよくないと相手にされないために美形ぞろいになるようです。
男のほうも同じ理由から特定の女性パートナーがいる人はイケメンぞろいですね。
なので変態行為でも、なぜか格好よく見えてしまう雰囲気があります。
「※ただしイケメンに限る」は少なくとも変態界ではまかり通っているようです。

フィクションが現実を越えなくてどうする!?


ここまで変なことを書き綴ってきましたが、べつに読者のみなさんを変態にすべく、
このエントリーを書いたわけではないのです。
私が言いたいのは、フィクションだとタカをくくるなってことを実感してもらいたいのです。
みなさんが知らないだけで、あらゆる分野において今や現実は常識的なフィクションを凌駕しています。
ただ私が心の師である澁澤先生の影響で、エログロ系に興味が強いので、それを例にだしたまでです。

もしも、あなたがごくごく平凡な人を自覚しているのなら、それに満足しないでください。
それこそ「井の中の蛙、大海を知らず」そのものなのです。
同じカエル相手に物語を語るにも、外の世界へと目を向け、できればそれに触れ、
それを一歩でもいい、半歩でもいい、越えたものを創作していただきたいのです。
しかも凡人にもわかる範囲かつ許容できる程度にまとめて。
「好奇心は猫を殺す」とは言いますが、作家に必要な最も大事な素養のひとつは「好奇心」です。
好奇心なくしては、あなたにしか書けない作品を書くことはできません。

あなたの好奇心の翼をたいせつにはばたかせてください。

Check
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/349-85fa80e7

HOME
広告: