L'Anovelién

UNO=日昌晶

Author:UNO=日昌晶
日昌晶(ひよしあきら)
小説家にして作家デビュー請負人、ストーリーコミュニケーションコンサルタント
原稿執筆や講演・講義、オタクビジネス・マーケティングのコンサルティングまで幅広く活躍中!
 unokyokai@gmail.com

SEARCH

CONTENTS
LATEST
LINK
BOOKS

RSS
COUNTER

ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪

小説の楽しい書き方講座ブログ 毎週開催の創作塾と連動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで言いきれ!

小説創作において最大の敵は迷いです。
自分の書いた作品は、もしかしておもしろくないかも、いや絶対につまらないんだ、とか
そういうふうにネガティブに考えてしまうことを経験しなかった人はいません。
そのことへ対策も、これまで何度か書いてきましたが、今回もその対策方法のひとつです。

どんな対策課というのが、タイトルどおり「最後まで言いきってしまう」ことです。
もう結局のところ、世の中たいていのことは言った者勝ちなんですよ。
では、具体的にどうすればいいのかというとですね、執筆に突入したら書き終わるまで
もう他人の意見には絶対に耳を貸さないことです。耳を塞いでしまいましょう。
某新興宗教ではありませんが、他人の意見やアドバイスは悪魔の言葉です。
かつて荒野にてサタンがイエスを誘惑したように、おためごかしに意見を言ってきます。
イエスはしっかりと返答できましたが、あなたは神の子ではないのですから
そうそう悪魔の言葉に迷わされないという保証はないのですから無視しましょう。
そして一刻も早く執筆を終えてください。

しかし、まったく人の意見を聞かなくてはいけないとは言いません。
執筆の前後には、できるだけ広く意見を求めるほうがよいでしょう。
プロットを考えるとき、そして完成した作品の感想を求めるとき、
そういうときは大いに意見を求めてください。
ただし、前にも書いたように素人には意見を求めず感想を求めてください。
素人の「おもしろい」とか「つまらない」という直感的な意見は、
作家や編集者などの玄人の感想に勝りますが、意見は当てになりません。
おもしろいと感じでも、どこがどうしておもしろいか的確に説明するだけのスキルがないからです。

だから作品を書いている途中は、この作品は「俺の作品は世界最高におもしろいんだ!」と言いきりましょう。
ひとりごとのように呟いてもいいし、周囲に人がいないなら叫んでもいいですね。
反省したり後悔するのは作品を書き終えてからにしましょう。

とにかく執筆中はセルフマインドコントロール状態を作りだしてしまうのです。
ちゃんとプロットをしっかり組んでいて、文章の基礎力があれば、問題なく作品を書くことができます。
もしも筆が走りすぎて突っ走ってしまったというのなら、それは書き終えてから勢いを削がないようにして
軌道修正をしてあげれば、たいていの場合は容易になんとかなります。
たいていの場合は、ごっそり不必要な文章やシーンを削るだけで解決できるものです。

Check
関連記事

コメント

毎日大いに参考にさせてもらってますm(_ _)m

from 創作に打ち込む高3(もうすぐ大学生)
>>作品を書いている途中は、この作品は「俺の作品は世界最高におもしろいんだ!」と言いきりましょう。
ひとりごとのように呟いてもいいし、周囲に人がいないなら叫んでもいいですね。
反省したり後悔するのは作品を書き終えてからにしましょう。

作ってる途中で唸っている自分がいて悩んでました(笑)
これはいいことを聞きました。ありがとうございます

物陰でこっそり参考にさせてもらってます

from 執筆でむにむにする人
>>だから作品を書いている途中は、この作品は「俺の作品は世界最高におもしろいんだ!」と言いきりましょう。
ひとりごとのように呟いてもいいし、周囲に人がいないなら叫んでもいいですね。
反省したり後悔するのは作品を書き終えてからにしましょう。

いつもサイト拝見させていただいてます。

さっそくこっそり100回叫んでみました。
なんだか気分が高揚してきますね。

自己暗示のようですが、インスピレーションがわいてきたので効果があるようです。
ただ恥ずかしいっすねこれ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lanovelien.blog121.fc2.com/tb.php/396-7bca7db1

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。